So-net無料ブログ作成

クリスマス・プレゼント・コンサート [アート・カルチャー]

早々と2人分のチケットを確保しておいたものの
その後事情があって、行けるかどうか分からなかった
今宵のコンサート・・・。
毎年楽しみにしていたのになかなか実現できなかった
水戸芸術館での「クリスマス・プレゼント・コンサート」
無理して何とか潜り込むことができました。
IMG_5459.jpg
水戸市出身で日本を代表する作曲家・池辺晋一郎さんの
企画と軽妙なトーク(というかダジャレ連発)による司会で
大いに楽しめた2時間半のプレミアムな時間。
聖夜を祝うハレルヤを、地元「あひる会合唱団」の混声合唱と
エレクトーンを主軸に、プロのソリストとトランペッターが
加わり、とても荘厳で感動的な演奏に浸ることができました。
バンドネオンのソロや、心に染み入るメゾ・ソプラノの
豊かな歌声、トランペットのソロ演奏も。
途中、豪華プレゼントの抽選会もありましたが・・・残念。
素晴らしい演奏もさることながら
池辺さんの”畳み掛けるような生ダジャレ”を
10発近くも聞けたのは貴重な体験だったかも。(笑)
IMG_5447.jpg
休憩時間に外へ出てみると
噴水のライトアップがなんとも幻想的。
IMG_5454.jpg
IMG_5452.jpg
開場前と終演後にはエントランスホールで
パイプオルガンなどによるクリスマスメドレーの
演奏サービスもあり、とてもお得なコンサートでした。
IMG_5458.jpg
無理して参加してよかった。
来年も引き続き参加したいもの。
このまま何事もなく越年できると幸いなのですが・・。

nice!(1)  コメント(0) 

蛇にブルガリ [展覧会・ギャラリー]

ちょうど一週間前、六本木ヒルズ53階の森美術館を見た後
大東京を一望できる展望回廊『東京シティビュー」を巡っている
高級宝飾品ブランド「BVLGARI(ブルガリ)」の展示会場が?
高級ブランドとはまるで無縁な我々ですが
入場無料なので恐る恐る入ってみることに。

IMG_5171.jpg
スーツバッチリの男性社員や多数のガードマンが
そこかしこで目を光らせている緊張感漂う会場内には
いわくありげな作品が並んでおりましたが
なんと〜それらの全てが私の苦手な
『蛇』をモチーフとしたものばかり?
例えばこの女性の舌は、もしかして蛇の舌?!
芥川賞作家・金原ひとみのデビュー作「蛇にピアス」にも
舌に二股の切れ目を入れる「蛇の舌」(スプリット・タン)の
記述が出てきますが、なんだかこわ〜〜い!!
IMG_5175.jpg

こちらの極彩色の立体作品は
以前、森美術館で見たことのある
女性アーティスト「ニキ・ド・サンファル」の作品。
この程度だと、蛇も可愛い感じがしますが・・。IMG_5181.jpg

まるで日本神話に登場するヤマタノオロチ??

IMG_5183.jpg

蛇を装飾に用いたヘビーな椅子も?

IMG_5185.jpg

こちらは別の作家の布製の蛇ですが
何匹もが幾重にも絡み合った光景はかなり不気味。IMG_5188.jpg

一方ではユーモラスな大作絵画も。

IMG_5189.jpg
会場の最後にはスポンサーであるブルガリ社の
超高級そうなバッグや宝飾品などが
ゴージャスなショーケースに鎮座しておりました。

IMG_5193.jpg
よく見るとそれらには蛇の鎌首が!!
世のセレブなご婦人方はこんな不気味なデザインに
憧れるものなのでしょうか?

IMG_5194.jpg
宝飾品に興味のない私には理解できませんでしたが
さすがにチャコ様は知っていたようでした。
後で調べてみたら以下の記述が。
「誘惑・再生・変容のシンボルである蛇は
何世紀にもわたって神話や伝説に登場し
人々を不思議な力で魅了してきた。
ブルガリはそんな魅力的な魔力を持つ蛇を
美しいゴールドや宝石で表現。
数々のブレスレットやウオッチを生み出している」云々
そういえば日本でも古来より、白蛇は神様のお使いとか
蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運に恵まれる
などの言い伝えがありますよね。
干支にも「巳年」があるし〜妙に納得。

nice!(0)  コメント(2) 

’17年12月第4週の然々教室 [アート・カルチャー]

今年最後となる教室には6名の皆さんが参加。

テーマは大人気の?「ランチメニューをおいしそうに」。
手作り弁当からドーナッツまで様々なランチを持参して
絵になるように目の前に並べ楽しく&真剣に。

IMG_5425.jpg

IMG_5427.jpg

IMG_5428.jpg

こちらは先月入会されたばかりの最年少Yさん。
持参したドーナッツだけではモノ足りないので
手前にオレンジとイチゴを追加して描いて頂きました。

IMG_5429.jpg

IMG_5436.jpg

Sさんもカラフルなドーナッツなどで
乙女チック(ホント?)に仕上げてくれました。


IMG_5437.jpg

Oさんは贅沢サンド?やスイーツなどをうまく並べて
とても美味しそう!上々の出来栄えですよ。
入会当初よりも色の濁りが少なくなったので良かった。

IMG_E5434.jpg

Aさんは大きめのベーグルを主役に配置。
途中でいくつかアドバイスさせて頂きましたが
うまい具合に仕上がりましたね。

IMG_5435.jpg

体調回復中というIさんは、気合を入れてチキンを持参。
まだ着色の途中ですが
良い感じで進んでいて出来上がりが楽しみ。
チキンと仕上げてね〜ナンチャッテ!(笑)
ちなみに私はチキンが苦手なものですみません。

IMG_5439.jpg

和物大好きなSさんは、高価な「曲げわっぱ」の
弁当箱にカラフルな手作り料理を入れて持参。
実物よりあっさりとした色付けにしたので
とても良い感じに仕上がりましたよ。

IMG_5438.jpg

なんか〜皆さん上手に描いてくれちゃったので
とても嬉しい気分です。
コーヒータイムには、イチゴで作った可愛いサンタさんが
載ったスイーツが登場し、みなさん大喜びでした。

IMG_5440.jpg

そんなわけで
2017年最後の教室はめでたく終了しました。
来月は1/12(金)と1/26(金)に開催。
テーマは「新春は自由課題で描き初め!」ということで
各自、描きたいものをご持参ください。

nice!(0)  コメント(0) 

「ひたちなか・ま作品展」ついにオープン! [展覧会・ギャラリー]


昨日からコミュニティギャラリーで「ひたちなか・ま作品展」
華々しく(多分?)オープンしました!
日夜、「市民交流センター」を運営している
なぜか芸達者な?スタッフ8名が集結。
年末年始の慌ただしい時期を多くの皆さんに楽しんでいただこうと
知恵を絞って企画した展覧会です。
入り口の真っ赤な看板は、昨年に引き続き
困った時のお助けマンこと・木村敏雄さんにお願いしましたが
とてもホッコリしますよね。

IMG_E5392.jpg

IMG_5405.jpg

「写真コーナー」には高島洋平さん含む3名が出展。
中でも特に目を惹くのが
木村さんの大型モノクロ写真〜「畝(うねり)」
こんな非日常的風景がひたちなか市内にあったとは?!

IMG_5396.jpg

そして、横須賀慶子さんの作品「友達になろう[黒ハート]」も

美女と愛犬の”ほのぼのショット”がとても素敵です!IMG_5395.jpg

市民交流センターで開催された「篆刻教室」のコーナー。
講師・飯塚暁雲先生と受講生13名の中には
五十嵐ノブ夫さん、佐藤貞夫さんも参加しています。

IMG_5419.jpg

こちらにも横須賀さんによるアートな書道が!

IMG_5397.jpg

IMG_5406.jpg

海浜公園はじめ様々な場所で引っ張りだこで
連日超多忙な寺木久美子さんにも、無理にお願いして
トールペイント作品を出展して頂きました。

IMG_5403.jpg

多芸多才な横須賀さんは、さらに折り紙作品も。
今展では写真・書道・折り紙の3部門で大活躍です。IMG_5410.jpg

「金魚モビール」と言えば〜ご存知・鶴田幸夫さん。
体育系の鍛え上げた筋肉質体型の男性にもかかわらず
どういうわけか繊細で器用な指遣いは、もはや職人芸!
このギャップに魅了される女性ファンも多いとか?
クリスマスと正月を美しく細やかに演出していただきました。

IMG_5399.jpg

IMG_E5409.jpg

一方、軟弱者の私はといえば、大胆にも壁一面を占拠して
バードウオッチングならぬ「イケメン ウオッチング」を出展。
壁画調に仕上げた縦1.6m、長さ5.2mの油彩画で
”モノクロシリーズ”最後の作品です。室内の極度の乾燥のため
キャンバスの両端が反ってきたのが気がかり・・・。

IMG_E5400.jpg

最後のコーナーには
今年、市民交流センターで開催の”5大イベント”を
大画面によるスライドショーで手軽にお楽しみいただけます。
私が一眼レフで撮りまくった膨大な画像を、木村さんが
コンパクトに編集してハードと共に立ち上げてくれました。

IMG_E5414.jpg


本展は来年1月8日(月)まで2年越しでの開催です!
(会期中の12/26(火)と、12/29(金)から1/3(水)は休館)
みなさまぜひお立ち寄りくださいね。


nice!(1)  コメント(0) 

不思議な絵画のトリック? [展覧会・ギャラリー]

週末に東京に出掛けたのは、こちらの展覧会が見たかったから。

IMG_E5371.jpg

前々から、レアンドロ・エルリッヒという

アルゼンチン人アーティストが手がけた

こちらのパンフに採用されている”建物の壁に忍者のように

張り付いている人々”〜の不思議な現代アート作品が

気になって仕方がなかったのです。

ところが今回うまい具合に世界初の大規模個展が

六本木の森美術館で開催されることに。

彼の作品の特徴は

「視覚的な錯覚や音の効果を用い、鑑賞者の常識に

揺さぶりをかけるような体験をもたらす」そうな。

全46点全ての作品が撮影OKで、そのうちいくつかは

実際に作品の中に入って?アートな体験が可能でした。


ワクワク気分で会場内へ足を踏み入れると

いきなり暗闇に遭遇〜!

何やら数隻のボートが水面に浮かんでいる?

と思いきや、水などどこにもありません。

日本初公開となる「反射する港」は、ボートの揺れを

コンピュータで計算し制作した立体作品だとか。

私たちは「ボートは水に浮いているものだ」という

思い込みを持つためそのように見えてしまった。

私たちがいかに固定観念を持って物事を見ているか

ということに気づかされる」とありましたが・・・?

IMG_5083.jpg


「雲」という作品では

フランス、ドイツ、イギリス、日本といった

国や島の形をした雲がガラスに封じ込められている。

これにも深い哲学的意味が込められているそうですが。

IMG_5087.jpg


本展のために制作された体験型作品「教室」

荒廃した教室に鑑賞者が亡霊のように浮かぶ?

IMG_5093.jpg

入場者は様々なトリックが仕掛けられた

数々の立体作品を巡っては

興味深そうに体験を楽しんでおりました。

IMG_5098.jpg

「失われた庭」では

中庭の窓の向こうにもう一人の自分の姿が?

IMG_5103.jpg


「試着室」も体験型作品。

鏡があるはずのそこには幾つもの同じ試着室が続いている。

この鏡の迷宮から、あなたは現実の世界に戻れるか?

IMG_5107.jpg


鏡と椅子が整然と並んだ「美容院」では

鏡の向こうに別の現実が広がっておりました。

IMG_5113.jpg


最後に辿り着いたのは彼の代表作で「建物」という

大掛かりな体験型作品。長い間憧れていた不思議な作品の

トリックにやっと触れることができました。

作品だと思っていたのは実は

巨大な平面鏡に映し出された虚像だったのです。

建物のファザード(外壁)を床面に

それを映しだす大型の鏡を約45度の傾きで配置することで

観客はあたかも建物にへばりついたり

落ちそうになりそうな姿を鏡の中で実現することが!

しかもそれは無限の組み合わせが可能となります。

IMG_5115.jpg

これは面白い〜!

まるで実際の建物の壁に、大勢の現代忍者たち?が

真に迫った表情でぶら下がっているように見えますよね。

IMG_E5117.jpg

大勢の入場者は、映画セットのような舞台の上で寝転んだり

腹ばいになったりして気ままにポーズを取ることで

鏡に映った”作品”を完成させ

それをスマホに撮ったりして楽しんでおりました。

こうして、世界に一つだけの作品が多数出現しました。

IMG_E5119.jpg

虚像or実像〜いったいどちらが主役なの??

とてもユニークで楽しい体験型作品でした。

IMG_E5120.jpg

虚と実の境を彷徨いながら

53階の森美術館を出て展望回廊を巡ると

目の前の手の届きそうな位置に

リアルな(多分?)東京タワーが見えました。

IMG_5169.jpg

虚構の世界から現実の世界へと戻れたかも?

nice!(1)  コメント(2) 

恵比寿ガーデンプレイスのバカラップル? [祭り・イベント]

山手線「恵比寿駅」では、シンボルの恵比寿様が笑顔でお出迎え。

ここはサッポロビール社が製造した「エビスビール」発祥の地で

駅名もそれにちなんで命名されたそうな。

IMG_E5367.jpg

動く歩道を乗り継いで「恵比寿ガーデンプレイス」に到着すると

ここにも大きなツリーがそびえておりましたが

IMG_E5335.jpg

多くの人がレッドカーペットの続くイベント広場中央へと

吸い込まれるように進んでいきます。

IMG_E5336.jpg

広場中央に据えられていたものは、大きな金属の箱。

その中に何やらシャンデリアみたいなものが

吊り下げられているような??

IMG_E5344.jpg

説明パネルを読んだら〜なんと、これは

世界最大級の「バカラ」のシャンデリアだったのです!!

フランスから恵比寿に届いたこのシャンデリアは

高さ5mx直径3mでライトの総数250灯とか。

さぞかし目玉が飛び出しそうなくらい高価なんでしょうね。

その後、調べてみたら何と〜約6億3000万円も!!

このイベントが1999年から続いていたとは?

IMG_5338.jpg

IMG_E5343.jpg

日没になれば大人の街・恵比寿ガーデンプレイスにふさわしい

バカラのシャンデリアが華麗に輝くことでしょう!

IMG_E5339.jpg

でも、日没まで待ちきれないバカラップル?は

“花より団子”ということで

お得な「エビスビール記念館」へ迷わず直行!

IMG_E5348.jpg

IMG_E5351.jpg

まずは館内のテイスティングサロンで

エビスコインと両替え。(1エビス=400円)

イケメンスタッフが注いでくれる生ビール4種類を

おつまみセット付き5エビス(2000円)で

相方と気分よく飲み比べしたのでありました。

IMG_E5353.jpg

もう、エビスビール最高〜!!!

恵比寿に来たら、世界のバカラより恵比寿の生ビールに限る?


nice!(1)  コメント(2) 

東京のクリスマスイルミネーション [祭り・イベント]

せっかくなので、この時期ならではの

美しいイルミネーションを幾つかご紹介します。


東京駅丸の内南口そば、日本郵政が運営する商業施設

「KITTE」内の三角形吹き抜け広場には、今年も

本物の巨大なモミノキのツリーが設置されて大人気!

IMG_E5204.jpg

ショータイムには美しい光と音楽の演出が行われ

夢の世界へと誘ってくれます

ビル全体が巨大な吹き抜け構造になっているので

各階のテラスから自由に見ることができます。

IMG_5241.jpg

IMG_5242.jpg


一方、こちらは「丸の内中通り」の並木イルミネーション。

それ程派手なものではありませんが

両側には高級ブランドの専門店が立ち並び

ここは外国か?と錯覚するほどのセレブな通りです。

IMG_E5207.jpg

IMG_5212.jpg

通りに面した丸ビル1階内にも華やかな演出が!

”スマホ女子”が嬉しそうに撮影に没頭しておりました。

IMG_E5209.jpg


よく訪れるレンガ造りの「三菱一号館」中庭にも

変わり種のオブジェが設置されておりました。

IMG_5223.jpg

都合よくやってきたチワワたちとのコラボが実現!

IMG_E5227.jpg


そしてこちらは六本木ヒルズ内に設けられた見事なツリー!

さすがにヒルズだけあって、意表を突く超豪華な演出でした。

IMG_E5197.jpg


東京巡りはさらに続きます。


nice!(1)  コメント(0) 

朝の築地本願寺で [歴史・レトロ・旅行]

金・土曜日の二日間、師走の東京を巡ってきました。

2日目の今日は朝早いうちにホテルをテェックアウトし

地下鉄日比谷線を利用して築地駅で下車。


私好みの古代インド様式の仏教寺院「築地本願寺」は

さすがに土曜日の早い時間帯とあって参拝客はまばらでした。

IMG_5266.jpg

IMG_5268.jpg

IMG_5269.jpg

浄土真宗本願寺派に属するこの寺院の特徴は

自由に本堂に入れて撮影も自由というおおらかさかも。

重要文化財の本堂は威圧されるほど巨大で

中央の金色に輝く本尊・阿弥陀如来立像を前にすると

信仰心の乏しい私でも不思議なくらい

敬虔な気分に浸ることができました。

IMG_5272.jpg

IMG_5278.jpg

IMG_5286.jpg

IMG_5285.jpg

石造りの聖空間を心ゆくまで巡った後は

先月オープンしたばかりのお寺カフェ「Tsumugi」で

こだわりの朝食「18点の朝ごはん」を食することに。

寺院が一望できる全面ガラス張りの特等席に案内されて

”築地のお寺の朝ごはん”を初体験!

IMG_5264.jpg

小鉢に美しく盛られた16種類の選び抜かれたおかずと

お粥、味噌汁からなる朝ごはんを、心ゆくまで堪能。

インスタ映えも、なかなかなものでしたよ。

IMG_E5265.jpg

この後は、豊洲への移転問題で何かと話題の絶えない

隣の「築地場外市場」へ向かいましたが

ランチタイムに近いためか

いくつもある寿司屋はどこも長蛇の列!!

予想以上の人混みに翻弄されてしまいました。


まさに聖と俗が隣合わせ。これだから東京巡りは楽しい!


nice!(1)  コメント(0) 

FMぱるるん初出演! [アート・カルチャー]

午前中、市民活動課職員と共に水戸市酒門町の「FMぱるるん」へ。

ここで現地集合組のお仲間と合流してピンク色のビルに入ります。

IMG_E5043.jpg

IMG_5044.jpg

1階は郵便局、放送スタジオは2階にあります。

打ち合わせ室の一角にはCDがずらり〜!!

番組内で使用する音源なんでしょうね。

IMG_5046.jpg

こちらがスタジオとなっており

本日担当して下さるパーソナリティーは片岡知子さん。

あらら?どこかで見た方だと思ったら

何度か市民交流センターでお目にかかっておりました。

スタジオに入る前に、軽く内容の打ち合わせ。

他の3名の皆さんも興味津々の様子でした。

IMG_5048.jpg

正午のカウントダウンの後

パーソナリティとの対話形式で進められた

わずか10分間の「SONO仲間アートの会」紹介番組でしたが

リスナーの耳にはどんな感じで受け入れられたのでしょうね?

IMG_5053.jpg

なにはともあれ貴重な経験となりました。

nice!(2)  コメント(4) 

ヤッシーさんが〜茨城朝日一面に! [アート・カルチャー]

今朝の「茨城朝日」一面に、ヤッシーさんが載ってるよ!〜っと

愛読者のQさん(高橋久美子さん)からメールが?


なんと〜先の「高橋久美子〜ご縁のコンサート」に友情出演された

ボディーパッカッショニストのヤッシーこと矢代貴司さんが

紙面に登場されていたのです。

こちらはコンサート時の貴重な”お宝画像”です↓

IMG_8146.jpg

IMG_8201.jpg

IMG_8209.jpg


私の知っているヤッシーさんは芸人?かと思いきや

実は凄い教育者だったなんて〜お仲間なのに知らなかった。

この落差が素晴らしい〜!

詳しくはこちらの記事を拡大してご覧のほどを。IMG_5037.jpg


さらにさらに、この記事を取材されたのが、お仲間の

フリーライター米村優子さん(愛称;ロザンナ)

だったので、またまた驚き!

ちなみにこの記事は彼女から送っていただいたもの。

「ご縁のコンサート」じゃないけれど、長いこと人間をやってると

色んなご縁で皆さんと繋がってくるものですね。

感謝!感謝! (*^_^*)


nice!(0)  コメント(4)