So-net無料ブログ作成
検索選択
好奇心・謎解き ブログトップ
前の10件 | -

今更〜「月極」って? [好奇心・謎解き]

街中に点在する「月極」や「月極駐車場」の看板が

いつも気になってなりません。


これって「げっきょく」って読むの? それとも「つきぎめ」?

この際、はっきりさせておこうと

森田健作?じゃなかった〜ネット検索してみました。


やはりねえ〜?!

私と同じ疑問を持つ”能天気なお方”がおられるようで

月極」の読み方は「つきぎめ」が正解とか。

「1ヶ月単位で契約を決める」という意味を考えれば

読み方も覚えやすいのでは〜と書かれておりましたが

でも、どおして「月決」ではダメなの?


ところが、さらに検索を進めると”アンサイクロペディア”には

日本を代表する駐車場業界大手企業

「月極(げっきょく)グループ」がフランチャイズ方式で

展開するのが「月極(げっきょく)駐車場」だって!

なにせ創業者のお名前が「月極(げっきょく)」さんだから。


そんなわけで、ますます分からなくなってしまいました。

残り少ない脳ミソの無駄使いしちゃったけど

まあ、どちらでもええんじゃないの〜σ(^_^;)



単なる妄想?? [好奇心・謎解き]

こんな立派な大根をいただきましたが〜?
IMG_0316.jpg

なんか〜ヘン??   (^_^;)
IMG_0316 (1).jpg

ちなみに、重さは3.3kgもありました。  (´⊙ω⊙`)


美智子さま追っかけ歴43年! [好奇心・謎解き]

先日、チャコが懇意にしている女性から
「15日夕方のBS-TBSで放映されるよ!」との連絡が。

2時間もの皇室番組に二人で見入っていると
出た〜〜!
一眼レフで両陛下を撮影する主婦・伊東久子さんが
どアップで映し出されました〜!!

IMG_9995.jpg

美智子さまが各地にお出ましの際には
早朝から一眼レフ持参で家を出て追っかけるのが日課に。

これほどまでに”美智子さま命”に駆り立てるのは
「美智子さまは憧れを越えて、生きがいを越えて
今は生きがい以上の存在」と伊東さん。

長い追っかけ歴を通して、美智子さまとも親しくなり
声をかけられたりポーズをとって頂けることも。

IMG_0009.jpg

那珂市の自宅にまでTVカメラが入りました。
彼女の部屋は膨大な数の美智子さま関連の写真や
ファイルで溢れかえっていました。

IMG_0041.jpg

その中で彼女が一番大切にしているものは
若い頃、美智子さまと一緒に撮ってもらった写真とか。
IMG_0020.jpg

とても気さくな方で我が家にもよく遊びに来られ
写真を見せて頂いたり話を伺ったりしますが
展覧会などは一切やらないので
地元にこんな方がおられるなんて
知る人ぞ知る・・・ですよね?

伊東久子さんは我々夫婦にとって自慢のお友だち!
こんな凄い方からパワーを頂いております。




大洗曲松の路地裏社寺巡り [好奇心・謎解き]

「曲松のれん街」の途中から狭い路地に入ると
突き当たりの小高い丘の上に
西福寺の本堂が見えてきます。
IMG_9579.jpg
IMG_9580.jpg

広い境内には堂々たる構えの本堂のほか
多数の関連施設が立ち並び
右手には北関東三十六不動尊霊場
第二十八番札所となっている「開運不動尊」も。
IMG_9581.jpg

お堂の右手斜面の山道に架かる朱塗り鳥居を
くぐっていくと
IMG_9584.jpg

周囲を小さな池に囲まれた可愛い弁天堂が。
IMG_9585.jpg

さらに山道を登り詰めていくと質素な「金比羅神社」が。
付近はかなりの高台で
海が一望できる眺めのよい場所です。
IMG_9586.jpg

金比羅神社から急な石段を降りると
元の狭い生活道路に通じています。
IMG_9587.jpg

大きな建物の裏手を通ると、なぜか酒粕の匂いが??
なんと〜そこは「月の井酒造」の裏手にあたるのでした。

IMG_9589.jpg

途中、犬飼稲荷神社という珍しい名前の神社が
あったので、赤い幟に誘われて立ち寄ってみると。
IMG_9588.jpg

社殿の前に何やら張り紙が??
「突如、御本尊様が不明となったので
心当たりの人?は返して欲しい」
という切迫した内容でした。
IMG_9591.jpg

管理の行き届かない社祠から御本尊が盗まれたり
石像が破壊されたりという事件はよく聞きますが
まさかこんな近くでも起こっていたなんてねえ。
氏子の皆様にはホントお気の毒です。

そんなわけで、神の使いであるおキツネ様の
表情もどこか元気のないご様子でした。(涙)
IMG_9592.jpg

小さなエリアをちょこっと徘徊しただけで
いろんな場面に遭遇しました。
知的徘徊はボケ防止にも役立ちますよ〜きっと!




ガルパン徘徊〜大洗神社へ [好奇心・謎解き]

ガルパンの足跡を辿って
ついに聖地中の聖地である大洗磯前神社へ。

やや薄暗くなってきたのですが
ここにも若い男女や男性グループなどが
けっこう来ておりました。
IMG_9657.jpg

拝殿脇にジャンボ絵馬が2枚立ってるけど?
IMG_9655.jpg

一つは年末恒例の干支の絵馬。
酉年にちなんで、一対のニワトリが
日の出の太陽と荒波を背景にして
大きく鮮やかに描かれております。
IMG_9646.jpg

その左手にはやはり
メンバー総出演の「ガルパン・ジャンボ絵馬」が!
ガルパンの勢いは商店街のみならず
聖地・大洗神社にまで進出しちゃったのですねえ。
IMG_9647.jpg

吊り下げられた膨大な数の絵馬を見て回ると
イラストや漫画系の絵馬が増えてきましたが
左手のブルーのは「ガルパン絵馬」でした。
IMG_9652.jpg

さらによく見ていくと、なんと〜そこには
「大洗の虚舟(うつろぶね)の謎が解明されますように」
どんぶり型の「虚舟」が描かれた絵馬があるでは?!
IMG_9651.jpg

どうやら虚舟が漂着したのは
鹿島灘の波崎海岸だけでなく
ここ大洗海岸という説もあるんですねえ。

パワースポットとして全国的に有名な神磯には
「西暦856年に2柱の神様(大己貴命、少彦命)が
降臨され、大洗神社と酒列神社(ひたちなか市)に分けて
お祀りした」ということで、詳細な内容が古文書に
記載されているほどですから。

先日、愛読者で大洗町在住の「ポテト姫」様から
大洗神社の近くに『茶釜神社』というのが実際にあり
「うつろ舟」と何か関連があるのでは? 」
というコメントを頂いたのを思い出しましたが
虚舟」の形が「」に似ているからかなあ?

早速、境内にある「茶釜稲荷神社に立ち寄ってみることに。
IMG_9625.jpg

社の近くには「大甕磯神社」と刻まれた石碑が?
もしかして日立市の大甕神社と何か関係があるのかなあ?
」と「(かめ)」はよく似た形だしねえ。
虚舟=釜=甕〜という図式に?
IMG_9629.jpg

風化して判読しにくいのですが、こちらの石碑には
左から「大甕磯神社」「茶釜稲荷神社」「櫛形山神社」
の文字が刻まれており、本家?の茶釜稲荷神社に
他の2社が合祀されているようでした。

由来がまるでわからず、もはや調査はこれまで。
IMG_9634.jpg

大洗神社の鳥居から望む太平洋。
漂着した虚舟と大洗神社の御神体
まるで時代が違うけど、類似のSF的事件なのかなあ?
なんだか不思議な気分になりました。
IMG_9658.jpg

ガルパンを追いかけていたつもりが
いつの間にか「虚舟伝説」にすり替わっておりました。
知的徘徊?楽しかったですよ。


大洗ガルパン聖地徘徊 [好奇心・謎解き]

急に大洗町に行きたくなって、久しぶりに
昭和の香りムンムンの「曲がり松のれん街」界隈
徘徊してきました。

広い海岸通りから「大洗文化センター」の方に右折し
その先の消防署と町役場のある道路を直進すると
「曲がり松のれん街」のスタート地点に出て
親切にもこんなに楽しい案内大看板が!

コンパクトな町並みなのに那珂湊と同様
歴史と楽しさがぎっしり詰まった私好みのエリアです。
IMG_9596.jpg

土曜日にもかかわらず人通りが少ないようですが
右手には「月の井酒造」が存在感を誇っています。
IMG_9597.jpg

10年前にここでスケッチしたことがあるので
とても愛着を覚えます。
今は寒仕込みのシーズンかな?
お願いすれば酒造工房が見学できるかも。
IMG_0039.jpg

通りにはいろんな業種の店が軒を連ねておりますが
店頭には必ず等身大のミニスカ・ガルパン娘が
立っているので、これを見て回るのも楽しそう。
IMG_9601.jpg

レトロな商店街が、今風のガルパン娘のおかげで
すっかり息を吹き返してきた感じでよかった!

まさに「ありがとうガルパン!」ですねえ。
IMG_9607.jpg
IMG_9604.jpg
IMG_9605.jpg
IMG_9608.jpg

中でも
ガルパン・オタクにとって最大の聖地がこちらの
割烹旅館「肴屋(さかなや)本店」らしいです。

ガルパンのアニメには実際の大洗町内の風景も
たくさん登場してきます。
町内を駆け巡る戦車がこの店に突っ込むシーンがあり
虚構と現実が混在する不思議な物語。
ガルパン・オタクにとってはたまらない魅力かも。

あらら〜右手の等身大パネルはこちらの若旦那では?!
以前、仕事で何度か若旦那にはお会いしましたが
まさか、こんなに人気者になろうとはねえ。
IMG_9610.jpg
IMG_9611.jpg

美人女将のいる「甘太郎」も健在でした!
IMG_9612.jpg

大洗を代表するスイーツ”みつだんご”の店がこちら。
店内には聖地徘徊中の若い男性グループの姿も。

「味の店 たかはし」の店頭にはガルパンと共に
こちらの看板娘(名前わすれちゃった?)の
等身大パネル(左)がしっかりと立っているでは!!
商売繁盛でよかったね。
IMG_9614.jpg

「村井酒店」の超個性的な店構え。
2階に看板代わりに飾ってあるヨットは
実際にオーナーが所有していたものだとか。
お金持ちなんですねえ。

ここにもオーナーの等身大パネルが。
IMG_9616.jpg

通りには、何組もの若い男性グループが
興味深げに聖地徘徊しておりましたが
不思議と女性グループは見当たりませぬ。
IMG_9617.jpg

「大洗リゾートアウトレット」にやってきました。
2階バルコニーからは
停泊中の大型フェリーがよく見えます。
IMG_9621.jpg

レストラン街もガルパン人気にあやかって
若者たちで賑わっていました。
IMG_9622.jpg
IMG_9623.jpg

こうなったら聖地中の聖地
大洗神社にも行ってみないと。(続く)



「うつろぶね」番外編 [好奇心・謎解き]

好奇心全開で楽しんだ「県北芸術祭」も
昨日で終了してしまいました。
もう一度「虚舟ミニミュージアム」に行きたい
と思っていたのですが、叶わず残念。

ところがその後、ツタヤで立ち読みしていたら
こちらの”不思議満載な雑誌”を発見!

IMG_9140.jpg

な・なんと〜「うつろぶね」の記事が
4ページにわたって詳細に載っていたので
思わずゲットしてしまいました。

IMG_9141.jpg
IMG_9142.jpg

これが最も有名な絵図で
舟の外観や寸法、舟に書かれていた
奇妙な文字、乗っていた異国女性の服装や髪型
など、詳しい解説が添えられておりました。
IMG_9143.jpg


そればかりか
現在、六本木の森美術館で開催中の「宇宙と芸術展」でも
「うつろぶね」のコーナーが設けられ
さらには、ミステリー雑誌「ムー」とのコラボで
各種「うつろぶねグッズ」を商品化して販売中という
まさかの展開にビックリでした!

まさに、”意思あるところに道あり”とかで
本当に不思議なつながりがあるもの。
これも能天気人生の醍醐味なんでしょうかねえ。

魅力度ランキングワースト記録更新中の本県にも
世界的レベルの知的財産?があったんだ。

会期は1月9日まで。
自称・ミステリーハンター?としては
なんとか見に行かないとね。


マンホール蓋の拓本? [好奇心・謎解き]

現在、コミュニティギャラリーでは
篆刻の愛好家による「楽篆会(らくてんかい)作品展」を開催中!
古文などから選んだ文字を彫った趣ある印影が
多数展示されています。
IMG_9003.jpg

合わせて、石碑などに刻まれた文字を
和紙に写し取る「拓本」の作品も展示されておりますが
その中に、マンホールの蓋も拓本として
登場しておりました〜!!!
IMG_9001.jpg

こちらは水戸市の汚水用マンホール蓋で
市内を流れる那珂川とシンボルの梅の木が
多数描かれています。
IMG_9007.jpg

勝田市と合併する前の「旧那珂湊市」のものは
会海上から昇る朝日と、那珂川に架かる海門橋
漁船、市の花・ハマギク、イカリをイメージした
市章が描かれた立派な図柄。
IMG_9008.jpg

こちらは合併後の「ひたちなか市」のもの。
図柄が一新され
市の鳥「うぐいす」と、市の花「ハマギク」
市の木「イチョウ」、新しい市章も。
IMG_9006.jpg

ふと外を見ると、あらら〜?
「サザコーヒー」の前に、何やら似たような
カラフルのマンホール蓋があるでは?
IMG_8999.jpg

わおぅ〜!作品の元となった
ひたちなか市の実物のマンホール蓋が
しっかりと役目を果たしておりました。
IMG_8998.jpg

身近にあるのに気がつかなかったなんて?
面白い発見でした〜!



ダ・ビンチ・コード [好奇心・謎解き]

昨日は、「SONO仲間アート展」3日目を
お仲間2人と共に当番。

暑くて冷房をかけた前日とはまるで様変わりの
急激な寒さと雨降りとなり
暖房を入れてお客様をお待ちしておりましたが
前日より少なめ(49名)の入りでした。

そして昨夜は何気なくテレビをつけたら
10年前に観たトム・ハンクス主演の
懐かしい謎解き映画「ダ・ビンチ・コード」
放映していたので嬉しくなって
最後までしっかり見入ってしまいました。

ダン・ブラウン(米国)著の長編小説を
映画化したもので、謎解き大好き人間の私は
文庫本まで読破して大いにはまったもの。

IMG_8980.jpg

「ダ・ビンチ・コード」に次いで
第2作「天使と悪魔」が映画化され
胸を弾ませて映画館に行きましたが
謎解きが凝り過ぎて消化不良気味だったかも。

でも、今夜も引き続き「天使と悪魔」を放映するので
理解を深めるべく、絶対に見逃せませぬ。

そして長い沈黙を破り
シリーズ第3作目となる「インフェルノ」が
昨日(10/28)から日米同時公開されました!!

前回、TOHOシネマズに行った際にチラシを見つけ
ついに心待ちしていたその日が〜!!

IMG_8981.jpg

インフェルノとは”地獄”を意味するそうな。
トム・ハンクス扮する”天才教授 ラングドン”が挑む
重大な謎とは〜いったい??

SONO仲間展が片付いたら、さっそく観に行こうかな!

IMG_8982.jpg

今日は素晴らしいお天気になったので
SONO仲間展の4日目に
大勢のお客様が来てくれることを期待しつつ・・。


ヒッチコックもびっくり?! [好奇心・謎解き]

昨日の夕方、「SONO仲間アート展」搬入のため
市民交流センターと元町駐車場の間を行き来していたら
突如、天空から膨大な数の小鳥たちが
鳴き声をあげながら一斉に飛来してきて
元町駐車場前の電柱と電線にずらりと勢ぞろい〜!!
IMG_8887.jpg

数年前の夏にも、無数のムクドリが夕方になると
連日のように飛来してきたのを目撃しましたが
今回のはそれより小型でスズメみたいな小鳥。

この場所には小鳥たちを惹きつける(狂わせる?)
特別な磁場でもあるのでしょうか?
まるでオカルト雑誌「ムー」好みの超常現象?
IMG_8888.jpg

こちらは元町駐車場側から見た光景ですが
午後8時頃ここを通った時には
あらら〜全く姿がありませんでした。(*☻-☻*)
IMG_8889.jpg

昨夕の搬入には10名のお仲間が
作品を持参して集まってくれました。
ところが予想以上に手こずって完成度は7割程度。
無駄に疲れてしまいました。σ(^_^;)

なので休館日の今日はゆっくり骨休めすることに。

明日は気を取り直して頑張ります!
なお、オープンは正午からとなります。



前の10件 | - 好奇心・謎解き ブログトップ