So-net無料ブログ作成
好奇心・謎解き ブログトップ
前の10件 | -

「よう・そろー」って〜なに?? [好奇心・謎解き]

十王町の「うきうき」で野菜をゲットした後は
R6を北上して北茨城市の大津漁港地区にある
市漁業歴史資料館「よう・そろー」へ。

H19年にオープンしたばかりの頃行ったことがありましたが
その後大震災の大津波で被災したため閉館に。
H25年のリニューアルオープン以来
実に10数年ぶりに再訪しました。
(入場料;一般300円、65歳以上200円)
IMG_8022.jpg

「よう・そろー」の目玉はこちら〜!!
5年に一度開催される奇祭「常陸大津の御船祭り」
実際に使用される(た)祭事船の実物で
全長15m、重さ5トンもあるそうです
IMG_7985.jpg
神輿、神官、お囃子連などを載せた神船が
約300人もの曳き手によって陸上を走るというもので
その際に船の両側に大勢の男達がぶら下がって船を左右に揺らし
その間に綱を引いて走らせるという勇壮な祭りです。
こちらの展示コーナーでは
船が左右に揺さぶられるシーンが再現されます。
県内にこんな珍しい祭りがあるのをご存知でしたか?
IMG_7990.jpg
IMG_7994.jpg

このほか、先の大震災で甚大な被害を被った際の動画や
天皇皇后両陛下がお見舞いのためにご訪問された様子なども。
IMG_7987.jpg

また「大津浜異人上陸劇場」の紙芝居では
ペリーの浦賀来航より前に
大津浜にアメリカの捕鯨船が寄港し
船員が水や食料を求めて上陸した際の
地元民の驚きぶりや水戸藩、幕府役人たちの対応を
分かりやすく紹介したもので
歴史大好きな私にはとても参考になりました。
IMG_8004.jpg

北茨城市出身で「米米クラブ」のリーダー石井竜也さんが
描いた油彩画も展示されていました。
IMG_8010.jpg

2階は地元の名物「あんこう」の全てを楽しく紹介。
ご存知「あんこうの吊るし切り」の模型から〜。
IMG_8014.jpg

どぶ汁の調理法を動画で紹介するコーナーでは
立ち止まったらいきなり実物大の映像がスタートし
誰がやっているのかなと思ったら・・・・
IMG_8015.jpg

あわわ〜モデルは谷村新司さん?
じゃなかった、某民宿の名物オーナーさんでした。
IMG_8019.jpg
IMG_8020.jpg

リニューアルオープン後は以前より内容が充実し
北茨城市の歴史やグルメなどを楽しく知ることができました。

来年は「常陸大津の御船祭り」の開催年となり
5月2〜3日に催され、ここで展示中の祭事船が
祭の主役として使われるそうです。

nice!(0)  コメント(2) 

東京ミッドタウン日比谷へ [好奇心・謎解き]

3月29日にオープンしたばかりの複合商業施設
「東京ミッドタウン日比谷」へ早速行ってきましたが
「東京ミッドタウン」は六本木だけの専売特許?
じゃなかったんですね。

地下鉄・日比谷線の日比谷駅と繋がっているので
アクセスはとても楽チン。

地上35階、地下4階で、高さは192mも。
このうち地下1階〜地上7階の商業施設エリアには
全60店のテナントが入っているそうな。

銀座、皇居、丸の内に隣接する日比谷には
帝国ホテルや大劇場、日比谷公園などがあり
一般庶民とはやや縁遠い静かな地域でしたが
重厚な高層ビルができてからは周囲の景色が一変!

都会のお上りさんたち?が巨大なビルを見上げて
スマホ撮影に浸っておりました。
IMG_7843.jpg

内部は吹き抜け構造となっており
高級感にあふれ何とも言えない品格があります。
IMG_7846.jpg

各フロアにはゆったりとした休憩スペースが設けられ
大開口窓からの眺めが何とも素晴らしいこと!
IMG_7847.jpg
IMG_7851.jpg

ゴージャスな回廊を巡れば
オシャレなショッピングが楽しめそう。
IMG_7864.jpg

先日、テレビ東京の「ガイアの夜明け」で特集した
注目の施設「ヒビヤ セントラル マーケット」
が見たくて3階へ行きました。

そこは老舗書店・有隣堂が運営する
本屋、居酒屋、カフェ、理容室、めがね屋、ブティック
などからなる複合店舗施設。
レトロな街に迷い込んだような不思議なエリアです。
IMG_7865.jpg
IMG_7857.jpg
IMG_7860.jpg
IMG_7862.jpg

そこには「一角」という居酒屋が営業中!
掘りごたつ形式の和風な席で、昼間から居酒屋気分を
満喫できる人気スポットとなっています。
IMG_E7856.jpg

4〜5階にはTOHOシネマズも入っているそうですが
私的には遊び心溢れた魅力的なショップのある
3階フロアがとても気に入りました。
IMG_7869.jpg

日比谷の文化を尊重するため商業フロアの共通部分は
「劇場空間都市」を意識してデザインされ
少し高めの年齢層をターゲットにしているそうで
落ち着いた大人の雰囲気が期待できそう。

急ぎ足で回りましたが、今度は時間をたっぷりとって
大人の休日を楽しみたいもの。

本ブログ御愛読のシティー派な大人にもぜひおススメです。

nice!(0)  コメント(4) 

「GINZA SIX 」内「蔦屋書店」を偵察 [好奇心・謎解き]

昨年4月に
銀座6丁目にオープンしたばかりの複合商業施設
GINZA SIX」にちょっとだけ立ち寄ってきました。

地上13階のうち7〜12階がオフィスフロアで
その他の階にはファッション、ライフスタイル
フード、レストランなど多数の高級店が入っています。

驚くことに地下3階には「観世能楽堂」も!?

IMG_7886.jpg

6階は全フロアーを「蔦屋書店」が占有しており
前から気になっておりましたが〜うわさ通り凄い!!

IMG_7870.jpg

フロアー中央には大掛かりなアートスペースも!!
残念ながらあまり時間がなかったので
さら〜っと見るだけ。(涙)

行きつけの代官山・蔦屋より近くて楽しそうなので
次回はしっかり体感したいもの。

IMG_7871.jpg

店を出ると真向かいには巨大な「ユニクロ」が
大きく立ちはだかっていたのでびっくり!
さらにその近くには「GU」も〜!

世界の高級ブランド旗艦店が立ち並ぶ中で
「ユニクロ」「GU」とはねえ?
なんだか不思議な気がしました。

IMG_7873.jpg

近頃は美術館の多い六本木ばかり出かけていましたが
新旧入り乱れる銀座通りを散策するのも楽しい。

nice!(1)  コメント(4) 

大洗水辺プラザと古民家カフェ [好奇心・謎解き]

4月12日付のブログで
5月のスケッチ場所を「大洗水辺プラザ」に決定!
との記事をアップしたところ
愛読者で大洗町在住の”ポテト姫”さまより
「すぐ近くに古民家カフェ『キャラメル・ママ』があるよ」
とのコメントを頂戴しました。

うまい具合に今日は好天の土曜日なので
下見がてら訪ねてみることにしましたが
何分にも世間は大型連休中!
しかも天下御免の「こどもの日」とあって
片側1車線の海門橋に向かう道路は大渋滞!

なので知恵を絞って急遽進路を変更し
近くの「湊公園」頂上の無料駐車場に車を置いて
そこから徒歩で海門橋を渡ることにしました。
IMG_7586.jpg

歩行者・自転車専用橋に設置された
「キラキラドリームベル」を鳴らす子どもたちの
うれしそうな表情!
川下からモーターボートが白波を立ててやってきます。
海門橋を徒歩で渡るなんて滅多にないので
新鮮気分でとても楽しかったです。
IMG_7582.jpg

なかなか進まない車列を横目に、心地よい潮風を浴びながら
効率良く大洗側に着くことができました。

「水辺プラザ」公園からすぐ近くの町道沿いに
2階建ての大きなお屋敷があり
小ぶりな”カフェ”の看板が出ていました。
うわぁ〜「キャラメル・ママ」はここだったんだ!
(詳細はネットで検索してね)

到着したのはちょうど営業開始時刻の11時!
優しそうなご主人が門を開けて笑顔で迎えてくれました。
IMG_7587.jpg

築100年という立派なお屋敷は
元は那珂湊の船主さんの別荘だったそうで
2年前から週末限定のカフェとして営業しています。
●金〜日曜日の11~18時営業。ランチなし
●手作りケーキとコーヒー、ケーキの販売
IMG_7589.jpg

我々が知らなかっただけで
すでに、さまざまな雑誌でも紹介されておりました。
IMG_7597.jpg

美しい日本庭園を愛でながら
美味しいケーキと本格コーヒーで
リッチなひと時を過ごすことができました。
IMG_7590.jpg
IMG_7598.jpg
IMG_7601.jpg

「キャラメル・ママ」を出た後、再び「水辺プラザ」の
遊歩道を利用して那珂川河口方面に向かうことに。
IMG_7609.jpg
IMG_7610.jpg
IMG_7611.jpg

やがて目の前に、アクアワールド大洗が!!
ここから海岸沿いの木道を進むと
IMG_7616.jpg

沖合ではサーフィン、浜辺では水遊びの家族連れが
一足先に初夏気分をエンジョイしておりました。
IMG_7618.jpg
IMG_7619.jpg

こどもの日ということで、アクアワールドは
子どもの入場無料で大盛況〜!!
我々も無料休憩所を利用してランチしたり
お金を掛けずにGWを楽しんできました。
IMG_7620.jpg

それにしても海門橋のすぐ近くに
私好みの”癒し系古民家カフェ”があったとは!?
ポテト姫さまご紹介ありがとうございました!

nice!(1)  コメント(10) 

アウトドア用品専門店オープン! [好奇心・謎解き]

今日は肌寒い上に、いきなり雹が降ったり
青空になったかと思えば雨が降ったりと
凄く不安定なお天気でしたよね。

気分転換にファッションクルーズを徘徊していたら
大駐車場の向こう側にいつの間にやら
2階建ての大きな店「mont-bell」(モン・ベル)が
オープンしていたので試しに入ってみました。
IMG_E7574.jpg

ここはアウトドア用品の大型専門店のようで
入り口には巨大な熊の模型がお出迎え!
家族連れには格好の撮影スポットとなっておりました。
IMG_E7572.jpg

広い売場は木の香漂うオシャレなレイアウトで
2階の売場から見下ろすとこんな感じ。
キャンプ、登山、自転車、ウオーキングなどなど
さまざまなアイテムの中には
本格的なゴムボート(カヤック?)がど〜んと並んでいて
スポーツ苦手な私でも見ているだけでわくわく気分に。
年配の方たちも楽しそうに巡っておられました。
IMG_E7569.jpg

建物の周りにはカヤック(カヌー?)体験用の池まで
設けられているというこだわりぶりでした。
(遠方にはジョイフル本田の園芸用品売場が)
IMG_E7573.jpg

この辺りには以前、植木屋さんが入っていましたが
いつの間にかリフレッシュされていたんですねえ。
ジョイフル本田もそうですが
マンネリ化せぬよう新鮮さを失わぬようにと
常に企業努力している様子が伺えます。

私も飽きられぬよう変わらねば。(汗)

nice!(0)  コメント(0) 

勝田駅前がロックの聖地に? [好奇心・謎解き]

夕方、市民交流センターに向かったら
win-winビル(左手)とホテル・テラスインの間の公共広場に
真っ赤な文字のROCKオブジェが設置されていました。
今年で19回目を迎えるROCK IN JAPAN FESTIVAL
ずっと協力してきたひたちなか市に対して
主催会社が感謝の気持ちを込めて寄贈したもので
昨日、本間市長列席のもと除幕式が行われたそうです。
IMG_7335.jpg

縦横2.7mとやや小ぶりですが、その存在感は抜群〜!
帰宅途中の高校生や市民が足を止めて見入っていました。

すぐ手前の石畳にも何やらモニュメントが??

IMG_7336.jpg

各開催年の開催日や主な出演者、総動員数などを記録した
メモリアルプレートが18枚埋め込まれていたんです。

ちなみに昨年(第18回)のプレートはこちら。
4日間にわたって開催され、総動員数はなんと274,000人にも!
ひたちなか市の人口(約16万人)よりはるかに多いんです。
総勢200人のアーティストの中には
桑田佳祐、ゆず、ももクロなど超売れっ子アーティストも
多数出演しておりました。
IMG_7338 (1).jpg

一方、第1回目の2000年は
2日間だけの開催で総動員数は60,490人
アーティストは奥田民生ら〜わずか16人。
しかも台風による悪天候のため途中で中止という
散々なスタート。なんとも隔世の感がありますねえ。
IMG_7337 (1).jpg

ひたち海浜公園への玄関口・勝田駅の利用者が
必ず目にする新しいオブジェが「ROCKの聖地」の名所として
人気を博することは確実ですねえ!

IMG_7339.jpg

みなさん、コミュニティギャラリーにお越しのついでに
ぜひご覧になって下さい。
絶対”インスタ映え”しますよ〜!

nice!(0)  コメント(0) 

忍者列車?と遭遇 [好奇心・謎解き]

京都駅から新大阪駅へ行くので
JR京都線を利用しようとホームに並んでいたら
反対側のホームになにやら不思議な列車が停車中。

いつもの好奇心が湧き上がり近ずいてみると
な・なんと〜黒づくめの車体には
忍者たちが躍動感溢れる構図で描かれているでは!?
そこには「SHINOBI-TRAIN(忍)」の文字が!!
IMG_E6958.jpg

気になるので調べてみたら・・
日本だけでなく世界的にも知名度の高い忍者の里・甲賀市と
伊賀市を結ぶ「JR草津線」の利用促進事業の一環として
「しのびとれいん」を企画、2月25日にデビューしたばかり。
でも1列車のみのためいつでも見られるわけではなく
忍者列車だけにしばらくは「お忍び状態」が続くかも?
な〜んてダジャレのオマケも。
IMG_6959.jpg

こんな気まぐれ運行列車に出合えたなんて、ラッキーでした!
当然ながら、こちらの列車も外国人で超満員かもね。

nice!(0)  コメント(0) 

これから読むぞ〜「ロスト・シンボル」 [好奇心・謎解き]

昨日、たまたま立ち寄った書店で出遭った
宗教ミステリー作家「ダン・ブラウン」の文庫本
「ロスト・シンボル」上・中・下3冊を
2000円でまとめ買いしちゃいました〜!

これまでにも「ダ・ビンチ・コード」や「天使と悪魔」を購入。
映画まで見たという大の”ダン・ブラウン愛読者”なんです。

キリスト教、フリーメイソン、ソロモン家の秘密、伝説のピラミッド
人類最大の至宝などなど、謎だらけの事件に巻き込まれた
主人公で宗教象徴学者・ロバート・ラングドンが
命がけで秘密に迫っていくその先にはいったい何が?

謎解きものが大好きな私には、まさに”猫にマタタビ”〜!!
明日からの油彩画大作の制作に支障が出なければいいけど?
IMG_6707.jpg

そうしたら一番目立つコーナーでは
最新作「オリジン」上・下をハードカバーで発売中!

”われわれはどこから来たのか” ”われわれはどこへ行くのか”
“知的興奮度MAXのノンストップ・エンターテインメント”
柔な好奇心を鷲掴みされそうなキャッチコピーが悩ましい限り。

でも一冊1800円もするので、文庫本になってからにしようかな?
いずれ映画化されそうなので、その後にしようかな?などと思案中。
まあ〜楽しみは後にとっておくことにしましょう。
IMG_6709.jpg
IMG_6708.jpg


話は変わって
本日夕方からコミュニティギャラリーで
「第23回ノン・ブラック小品展」の搬入があります。
IMG_E6667.jpg
初めての会場でどんな雰囲気になるのやら?
田邊幸子さん、井手栄里子さん、岩川みゆきさんの
SONO仲間メンバーも出品しますよ。
お楽しみに〜!

nice!(1)  コメント(4) 

SONOうち〜お世話になるかも? [好奇心・謎解き]

こちらは、こないだ日曜日のイベント時に
駐車場を利用させてもらった大洗神社の大鳥居。

鳥居をくぐってすぐ左手の急坂を登ると
神社境内への近道なんですが
IMG_1029.jpg

途中の道路沿いには
真っ赤な”ぼけ”がちょうど見頃を迎えておりました。
IMG_1032 (1).jpg

イベント会場まで、古い民家の並ぶ狭い路地を
てくてく歩いて行くと
途中には「千手観音堂」の看板が!
よく見ると、ぼけ封じ」にご利益があるそうな。
IMG_0969.jpg

ぼけの花 vs ぼけ封じ。
似て非なる”ぼけ”との遭遇でした。
ヤバクなる前に、迷わずお世話にならないとね・・・。

nice!(2)  コメント(0) 

スコップとシャベルの謎 [好奇心・謎解き]

昨日の雪はすぐに溶けてしまったので幸いでしたが
先月23日の大雪では、ホント酷い目にあいました。

翌日は朝からご近所の皆さんが盛大に雪かきをしてるので
私も滅多に出番のない穴掘り用のスコップを物置から取り出して
しばしお付き合いしてたら・・・
一時間も経たないうちに腕が痛くなっちゃった!!

なのに、か弱きはずの奥様たちは、疲れを知らない子供のように
とても楽しそうに作業しておられるでは??

よく見ると疲れ具合の違いはスコップの形状と材質にありました。
うちのは先の尖った重い鉄製でしたが、雪かき女子隊?のは
先端が平らでカラフルなプラスチック製、いかにもラクチンそう。

気を取り直してホームセンターに出かけてみると
一角には即席の「雪かき道具コーナー」が設けられ
何組かのお客さんが長靴やスコップなどに群がっているでは!?

雪かき用スコップの特徴は先端が平らで
プラスチック製(大小2種類)と、アルミ、鉄の4種類が
あって迷いましたが、雪が凍った時にはプラスチックでは
すぐダメになってしまいそうだし、かといって鉄では重すぎる。
なので我が家では、やや値段の高いアルミ製に決定!!
IMG_5799.jpg

でも買ってはみたものの、その後はほとんど出番がありません。
次に使うのは何年後になるかなあ?それまでは、物置の肥やし?

ところで、スコップとシャベルの違いはご存知ですよね?
私的には園芸用の小さいものがスコップで、土木用の大きいのが
シャベルだと信じて疑わなかったのですが、これも関東と関西では全く異なるそうな?

さらにこの辺では(北関東?)、シャベルのことを「サブロー」って
言うのをご存知でしたか? イチローじゃなくてサブローなんです。
気になってネットで調べたら・・・
「シャベル」が「シャブロ」になり、さらに「サブロー」に変化した
という説が紹介されておりましたが、ホントかなあ?

こんな身近な道具にも、これだけの謎があったとはねえ?

nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | - 好奇心・謎解き ブログトップ