So-net無料ブログ作成
料理・食材・グルメ ブログトップ
前の10件 | -

食い道楽の街・道頓堀を徘徊 [料理・食材・グルメ]

この週末は、孫くんの小学校入学祝いのため大阪へ。
ついでに、大阪ならではの観光地・道頓堀を徘徊してきました。


地下鉄・御堂筋線を利用して「なんば駅」で下車すると
食い道楽の店のド派手な看板が林立するトンデモない光景が!!
IMG_7019.jpg

これぞ〜コテコテ文化の大阪ならではの”インスタ映え”!
外国人観光客たちはあっけにとられた様子で
通りに飛び出さんばかりの立体看板を見上げては
バシバシ撮りまくっていました。
IMG_7015.jpg
IMG_7024 (1).jpg
IMG_7033.jpg
IMG_7025 (1).jpg
IMG_7056.jpg

途中、元気の良い美人お姉さんの甘い誘惑?と
ノー天気な表情の「くいだおれ人形」につられて
この店の怪しげな地下階に降りて行くと・・・?
IMG_7050.jpg

そこは「ワンコイン(500円)寄席」の会場。
20人ほどの客の前で、5組の若手芸人たちが
計30分間のお笑いトークを披露するのですが
平日には客が一人だけのこともあるそうな。(涙)
あらら〜客引きのお姉さんもお笑い芸人だったとは?
IMG_7048.jpg

戎(えびす)橋の上からは
”一粒300m”のCMで有名なグリコの大看板が!
IMG_7060.jpg

この看板をバックに、大人も子供もポーズをとりながら
満面の笑顔で記念撮影をしておりました。
IMG_7062.jpg
IMG_7061.jpg

そんなわけで今回の徘徊では
「たこ焼き」「餃子」「お好み焼き」の
”三大こなもんメニュー”を制覇できました。
IMG_7040.jpg
IMG_7055.jpg
IMG_7076.jpg

戎橋を渡るとその先は「心斎橋筋」。
でも洗練され過ぎちゃって、私的には道頓堀の方が好みかも。
それにしても道頓堀ストリートが
こんなにも外国人ウケする楽しい街だったとは驚きでした!
IMG_7064.jpg

次回の「京都編」もお楽しみに。

nice!(1)  コメント(2) 

ボトルキープの思い出 [料理・食材・グルメ]

先日頂戴した、大分の麦焼酎「頑固人」にタグが付いていたので
これ幸いと名前を書いて「スナック・チャコ」?にボトルキープ。

現役時代は行きつけのスナックにボトルキープして
同僚たちと一緒に楽しくカラオケなどやったもの。
しばらく行かないとボトルが空っぽになっていたことも。
今では懐かしい思い出になってしまいました。
IMG_E6859.jpg

今宵はチャコママが気合を入れて作ってくれた
大好物の「旬の山菜と魚介の天ぷら&蕎麦セット」が登場!
早速、新しいボトルを空けての楽しい家呑みとなりました。
IMG_E6858.jpg

ところで、このボトルは何日持つのやら??

nice!(0)  コメント(0) 

フキノトウの天ぷら [料理・食材・グルメ]

チャコが知人からこの時期ならではの
可愛らしいフキノトウをどっさり頂いてきました。
IMG_6563.jpg

フキノトウと言えば、もちろん天ぷら!

なので、先日、十王町の「鵜喜鵜喜」で買ってきた
タラノメや菜の花、新玉ねぎに
那珂湊おさかな市場で見つけた生イカなどをお供に
旬の天ぷら尽くし〜!
IMG_6565.jpg

大人にしか分からないフキノトウのほろ苦い味に
春の到来を感じました。

nice!(1)  コメント(0) 

「海浜公園ブレンドコーヒー」が超美味しい! [料理・食材・グルメ]

「交流センターまつり」での筋肉痛が治ってきたので

お天気も良いことだし、ちょっくら海浜公園へ。


公園のシンボル「みはらしの丘」はコキアが撤去され

単なる土の山?と化していますが

それでも登りたくなる人がおられるんですね。

IMG_4958.jpg

冬枯れの今の時期でも健気に咲いているのがイソギク。

園内のそこかしこで黄色く咲き誇っています。

IMG_4966.jpg

グリーン工房近くでは赤い実を発見しましたが

どうしても名前が思い出せませぬ?

IMG_4969.jpg

ぐる〜っとひと回りした後はいつものように

「記念の森レストハウス」で一休み。

IMG_4975.jpg

栗タルト(@480)とホットコーヒー(@450)を注文し

なにげなくコーヒーを口にしたら、あまりに美味しいのでびっくり!

これまではカフェラテ一辺倒でホットコーヒーは初体験でした。


男性スタッフがドリップして淹れてくれるのですが

メニューをよく見ると「ひたち海浜公園ブレンド」とのこと。

今やコンビニでも挽き立てコーヒーを100円で飲める

時代ですが、こちらは今までに私が出合ったことのない

フルーティーな味と香りの不思議なコーヒー”でした。

IMG_4978.jpg

得した気分で外に出てからもう一度看板に注目!

IMG_4980.jpg

確かに「海浜公園ブレンド」のところには

”丁寧にドリップしたこの一杯を”

”フルーティーな香りとボディー感”とあり

まさしくその通り〜看板に偽りなしでした。

IMG_4981.jpg

海浜公園を徘徊する楽しみが、またひとつ増えたかも。



nice!(0)  コメント(2) 

かきフライが食べたい〜!! [料理・食材・グルメ]

チャコのリクエストで、ご無沙汰気味の大洗町「カキ小屋」へ。


IMG_4904.jpg

ウイークデイだし、空模様も悪いので
さすがの人気店もガラ空き!
おかげで、カキフライ定食や串焼きをゆっくり &
思う存分堪能できましたが、ご飯は無理でした。

IMG_4907.jpg

IMG_4908.jpg

せっかくなので「リゾートアウトレット大洗」へ立ち寄ると

あらら〜「まいわい市場」が別の建屋に移転するなど

しばらく来ないうちにかなり様変わりしちゃって??

IMG_4914.jpg

それもそのはず

大震災の影響で空き店舗だらけとなった同商業施設を

立て直すため、このほど共同経営2社が経営を引き継いで

「大洗シーサイドステーション(仮)」として

プレオープンしたばかり。

来年春にはグランドオープンするそうで楽しみです。

IMG_4917.jpg

2階フロアには大人気の「大洗ガルパンギャラリー」が営業中!

IMG_4918.jpg

店内には、ガルパン関連商品を漁る”ガルパンおたく男子”の姿も。

IMG_4919.jpg

IMG_4922.jpg

IMG_4925.jpg

近くの魚屋さんには巨大なアンコウが

ギョロリと目を剥いた不気味な姿で鎮座!

いよいよ冬の風物詩・アンコウ鍋の出番ですよね。

でも値札を見たら1万円以上もするのでビックリでした。

IMG_4911.jpg


今日からついに師走入り。

寒さ厳しきおり皆様におかれましてはご自愛のほどを。



nice!(1)  コメント(2) 

'17ヤマボウシのジャム作り [料理・食材・グルメ]

ヤマボウシの実が赤く熟してきたので

チャコが2年ぶりにジャムを作りたいとのこと。

(昨年は剪定の影響で不作でした)


でもその前に

ヤマボウシの実でジャムが作れるってご存知でしたか?


とは言っても赤い実は手の届きにくい枝に成ってるので

これを採るのはけっこう面倒なんです。

IMG_3288.jpg

ハシゴを架けての高所作業の結果

とりあえず今日はこれだけ採れましたが

こうしてみると何とも美しいもの。

IMG_3259.jpg

水洗いして重量を測ったら約700グラムでした。

以下、ネットで見つけた方法で作業を進めていきます。

IMG_3296.jpg

まずは、実の重量の2/3相当量のグラニュー糖でまぶし

10分程度放置します。

IMG_3298.jpg

熱しながら実を潰していくと、徐々に汁が出てきます。

皮は真っ赤でも、中味は褐色っぽいです。

IMG_3299.jpg

裏漉しするためにザルに移します。

IMG_3306.jpg

木ベラを使ってよく漉していくと・・・

IMG_3309.jpg

下のボウルにどろっとした液体が溜まってきて

これがジャムの原料になるわけです。

IMG_3312.jpg

再び鍋に戻して加熱しながらレモン汁を加えると

色が黄色味を帯びて凝固してきました。

IMG_3314.jpg

煮沸消毒した空き瓶に入れて粗熱を取れば完成!

冷凍保存しておけば、しばらくは利用できます。


700グラムのヤマボウシの実から採れたジャムは

わずかこれだけですが、決して市場に出回ることのない

SONO家オリジナルの貴重な一品です。

IMG_3317.jpg


まだまだ青い実が枝にどっさり付いているので

次も”高所作業レスキュー”のリクエストがありそうかな?



nice!(1)  コメント(4) 

伝統の味〜地元の黒澤醤油店へ [料理・食材・グルメ]

近いのにいつも素通りばかり。でも以前からすごく気になっていた

市内馬渡旧道の「黒澤醤油店」に初めて立ち寄りました。

明治38年に醤油醸造を始め、現在も昔と変わらない製法で醸造。

同店の各種醤油は市内のスーパーにも置いてあり

チャコ・シェフお気に入りの醤油製造元なんです。

IMG_2455.jpg

屋敷に入ると左側に、蔵を利用したらしい趣のある直売店が。

IMG_2452.jpg

さほど広くない店内には、多種多様な醤油製品がずらり〜!!

近年は、醤油プリンや醤油麹シフォンケーキ

醤油ソフトクリームなど”醤油スイーツ系部門”にも進出中。

特に、ここに来た人だけしか味わえない醤油ソフトクリーム

若者から大人気だそうです。

IMG_2441.jpg

早速この日も、若いカップルが醤油ソフトクリームをゲット。

庭のベンチで写真を撮りっこしながら仲良く味わっていました。

IMG_2447.jpg

チャコが知人へのお中元として選んだのは

なんと〜「冷やし甘酒」(1本900ml入り972円)でした!

砂糖は一切加えず、麹の糖化作用で生まれた

自然な甘味のノンアルコールドリンク。

こんなものまで醤油屋さんで手がけていたとは知らなかった。

IMG_2448.jpg

家で飲んでみたら、とても贅沢なお味で超美味しい!!

冷やして飲めるので夏場には最適ですよね。

IMG_2503.jpg

ナビ代わりに地図をおまけしておきますので。

IMG_2501.jpg

若いカップルに圧倒されて手が出せなかったけど

今度は醤油ソフトクリームを味わってみようかな。

イケメン社長にお会いしたかったけどあいにく不在でした。


自遊人が作るナンチャッテ料理? [料理・食材・グルメ]

4日間ほど「独身貴族風?生活」を楽しんでました〜!


何が楽しいかと言えば、必要に迫られて作る料理かなあ?

どうせやるなら〜絵に描きたくなるような料理を〜とばかり

冷蔵庫に入っている食材だけで極力火は使わず

見た目リッチな野菜中心簡単メニューに

乏しい能力をフル動員して挑戦してみました。


初日はこちら!

残り物のうどんを利用したカラフルな「サラダうどん」。

麺つゆの代わりに玉ねぎドレッシングをかけたら

とても爽やかなお味でクセになりそう!

IMG_2097.jpg

夜メニューはプチ居酒屋風ですが

賞味期限ぎりぎりに付き登場した厚揚げが

どこかミスマッチで侘しい感じも??

IMG_2104.jpg

次は、焼き立てパンと大盛りサラダで

「SONO流モーニングセット」を。

サラダにはいつものタマネギドレッシングと共に

隠し味として”こだわりの飲む酢”を一振りすると

あらら〜とてもまろやかなお味になりました。

IMG_2105.jpg

こちらは「納豆パンと小鉢サラダのセット」。

とにかく私の楽チン料理には、まるでコバンザメのように

野菜サラダが付いてくるのが特徴なんです。

IMG_2116.jpg

キャベツ炒めにも挑戦したら、とても美味しくて感動!

IMG_2135.jpg

でも次第に面倒になり、こんな感じであえなく終了。

いかにも少食オヤジ的メニューで

最後まで肉魚類が登場しませんでした。

IMG_2136.jpg

見た目最優先のナンチャッテ料理は

結局のところ、スケッチなしで終わっちゃった!

以前はこんなのを描いたんだけどねえ。(*^_^*)

IMG_0001.jpg

次の独身チャンス?には、パスタなど作ってみたいかも。



「ジョイマルシェ」オープン! [料理・食材・グルメ]

お天気なので、久々にガーデニングでもと
ジョイフル本田の「ガーデンセンター」へ
花の苗を探しに出かけました。
IMG_1363.jpg

ガーデニングの季節が到来!
いろんな花苗が並んでいて目移りしそう。
IMG_1362.jpg

ぶらぶらと品定めしていたら
観葉植物が並んでいた屋内施設がいつの間にか
農産物直売所「ジョイマルシェ」に大変身!?

でも、園芸品売り場に食材店とはねえ。

IMG_1360.jpg

中に入ってみると、まるで「道の駅」状態!!
こだわりの食材がずらり〜と並んでいて
見て回るだけでも楽しそう〜!!

地元契約農家から直接仕入れた
新鮮野菜や果実を始め
主に県内産の納豆や干し芋、干物、米、パン、
ジャム、ドレッシング、こだわり調味料など
様々な加工食品が
おしゃれな売り場に勢ぞろいしていました。
IMG_1358.jpg

店内の一角にはカフェ風の飲食スペースも設けられ
ガーデンセンター立ち寄りのついでに寛ぐことも。
IMG_1359.jpg

気になるので調べてみたら
ジョイマルシエ」の出店は、瑞穂(東京)、幸手(埼玉)に
続き3店目(何れも「ジョイフル本田」内)とか。

まあ一度、暇つぶしに立ち寄られては?

北茨城まで食?探しに [料理・食材・グルメ]

あいにくのお天気なので、急遽予定を変えて
北茨城まで食材調達のドライブに。

途中、十王町の直売所「鵜喜鵜喜(うきうき)」に
立ち寄り、安くて新鮮な野菜をどっさり購入

北茨城では、磯原町「としまや月浜の湯」直営の料亭
「魚ぐん探ちき」で、遅めのランチを摂ることに。

うまいこと空いていたので
手入れの行き届いた庭を眺めながら
座敷席でゆっくりと寛ぐことができました。
IMG_1123.jpg

着物姿の若い女性スタッフが運んできた
「刺身定食ランチ」(1500円)は
芸術的な盛り付けで、見た目も美しい〜!!
料理って、”食べられるアート”なんですねえ。
IMG_1124.jpg

デザートには「葛切りとコーヒー」が登場し
リッチな気分に浸れました。

”雨情の里”お膝元の素晴らしい料亭で
これだけのランチを気軽に楽しめるなんて
もうクセになりそう!(平日のみ;1500円〜)
IMG_1125.jpg

ついでに魚の干物が欲しくなり
大津町の大型海産物店・松野屋本店へ。

IMG_1129.jpg

この店には姿形の美しい干物が豊富に並んでおり
以前、日立市で淡彩画教室をやっていた頃は
”モチーフ用の干物”をよく調達しに来たもの。
IMG_1128.jpg

中でもエボダイは、つぶらな瞳?というか
表情がとても可愛いくて私好み。
エボダイの干物.jpg

カレイは色付けが楽しめたし・・・。
マコガレイの干物.jpg

本日ゲットしたイシモチも
食べ終わるまでに描いておかないと。
IMG_1132.jpg

ところで、晩御飯は期待できるかな?



前の10件 | - 料理・食材・グルメ ブログトップ