So-net無料ブログ作成
検索選択
アート・カルチャー ブログトップ
前の10件 | 次の10件

'17/1月の然々教室は大盛況! [アート・カルチャー]

今年最初の然々教室には、初参加のお一人を含む
13名もの皆さんが駆けつけて下さいました。

当然ながらジャンボテーブルには収まりきれず
窓際の席まで進出して大盛況でした〜!!!

IMG_9911.jpg

今日のお題は〜新春は自由課題で描き初め!

ご自宅から絵になるお宝を持参して
自由に描いて頂きました。
今回は特別に全員の作品をご紹介します。

1)トップバッターのTeさんは
渋い花器と椿で纏められましたが〜さすが!
IMG_9914.jpg

2)Kyさんは、ゴージャスなガラスの鳩(多分?)と
可愛いニワトリ親子との共演。
透明感あるモチーフをうまく表現されました。
IMG_9915.jpg

3)若手のIさんはフクロウと不思議な木の実?
このままだと暗〜い絵になってしまうので
思い切り派手な彩りで描いて頂いたら
うまくいっちゃった! ( ◠‿◠ )
IMG_9916.jpg

4)Kaさんは、2頭のセレブなお犬様を
ほのぼのタッチでバランスよく描かれました。
ポストカードにしたら欲しがられそう!
IMG_9918.jpg

5)紙芝居作家のSさんは
雑誌のモノクロ写真を、牧歌的な紙芝居風に。
年の「SONO仲間展」までにどうなるのか楽しみ〜!
IMG_9921.jpg

6)Toさんは前回のリベンジということで〜パンに挑戦!
とても美味しそうに仕上がりましたよ。(*^o^*)
IMG_9922.jpg

7)Oさんは、南フランスで入手した民族衣装の人形を
大判のスケッチブックにしっかり描いてくれました。
IMG_9923.jpg

8)野菜が大好きなMさんは
珍しい小ぶりの野菜を並べて優しいタッチで。
IMG_9924.jpg

9)KYさんは白色だけの小物を持参。
実物にこだわらず、自由な色彩で描かれました。
IMG_9925.jpg

10)アスリートのMaさんが持参されたのは
「ニューヨーク マラソン」に出場した時の思い出の品。
完走賞の金色のメダル(右)と、現地で購入したという
コーヒーカップ(鉢植えに使用中)を並べて。
IMG_9927.jpg

11)ムードメーカーのKTさんは
モチーフを持参するのを忘れちゃったそうなので
こちらのオモチャを描いて頂きました。
IMG_9930.jpg

12)Taさんには持参したサボテン鉢の脇役に
  おもちゃを並べたら、とても楽しい感じに。(*^_^*)
IMG_9931.jpg

13)本日初参加のNさんは、何とプロのカメラマン!
「前々から然々教室で絵を習いたかったので
実現できて嬉しい」と涙の出るようなコメントも。

初めてとは思えない上々の出来栄えでした!
IMG_9929.jpg

新年早々新しいお仲間を迎えて
コーヒータイムがよりいっそう盛り上がりました。
IMG_9932.jpg

来月の教室は2/10(金)に開催。
テーマは「カントリードールに挑戦!」です。

昨年の「SONO仲間展」に参加された
人形作家・内藤洋子さん創作の
カントリードルが主役ですが
ご自宅の各種人形の持ち込みも大歓迎です。


傾向と大作?? [アート・カルチャー]

いよいよ2016年も残りあと数時間となりました。

ところで早くも来年のビッグニュースが!
大作絵画中心のビエンナーレ「双風展(そうふうてん)」が
ノン・ブラックの選抜会員12名により9月に
県立天心記念五浦美術館で行われることに決まりました〜!
(@_@)
そんなわけで双風展に向けての”傾向と対策”は
今年7月のノン・ブラック展に出品(下図左側)した
「平成保茶利系婦女子風俗圖」(F100号x4枚連結)
ただいま制作中の新作を繋いで
縦1.6mx横10.4mという超大作を出品しようと
日々悪戦苦闘して企んでいるところ。
σ(^_^;)
半分の”女子バンド”(右側)は完成間近なんですが
残り半分は・・? 

うまくいけば、私好みのポッチャリ娘たちが
キャンバスに大輪の花を咲かせてくれるはず。
(*^_^*)
計画倒れにならなければ良いんですけど
横幅10mの超大作〜実現できるかなあ?

まあ〜最後は時間が解決してくれることでしょう。

IMG_9822.jpg

私にとっては殆ど病気もせず良いこと続き
好きなことが存分にできた素晴らしい一年でした。

IMG_9789.jpg

本年の記事はこれが最終となります。

"他人に優しく、自分に甘く"をモットーに
来年もマメに?能天気な記事をお届けしますので
どうか懲りずにご愛読のほどよろしくお願い致します。


華麗なるクリぼっち? [アート・カルチャー]

近頃は、”ひとりぼっちのクリスマス・イブ”のことを
クリぼっち」と言うそうな。

そんなら目下、独身貴族中の私も〜クリぼっち
でも、そうは問屋が卸しませぬ!

行きつけの?水戸芸術館が、気の毒なクリぼっちのための
超豪華な救済企画?をぶち上げてくれました。
題して「パイプオルガン・プロムナード・コンサート
クリスマス・スペシャル」という無料の演奏会なんです。

定期開催している「プロムナードコンサート」は
月2回、週末の日中に20〜30分程度
東京芸大の学生さんが出張演奏?してくれるのですが
今日はイブという特別な日なので夕方6時からの開演に。

しかも女性のプロ・オルガニストにソプラノ歌手も
加わるという超豪華版なんです。(@_@)
特別な日なので、普通なら何千円もとられるのに
こんなお得な企画〜絶対に見逃せませんよね。

開演までまだ時間があるのでその前に
今月17日から現代美術ギャラリーで始まったばかりの
こちらの↓企画展を見て回ることに。
IMG_6636.jpg

地球上の秘境や古代遺跡、危険なエリアなどを
命がけで撮影したという貴重な写真が
趣向を凝らして展示してありました。
IMG_6605.jpg
IMG_6610.jpg
IMG_6611.jpg

最後の「石川直樹の部屋」には彼が実際に使っている
撮影機材や野営装備、さらには現地人との交流で入手した品々も。
これらを見る限り、彼は写真家というよりも殆ど冒険家?!
IMG_6614.jpg

定刻が近ずくと、会場のエントランスホールは凄いことに。
用意された座席は埋め尽くされ、2階の立ち見席までギッシリ!
しかもパイプオルガンが神々しく輝いているでは!?
これぞ、神ってる?
IMG_6621.jpg

曲目はイブにふさわしく
賛美歌とクリスマスソングを中心に
美人ソプラノ歌手との華麗な共演や
ガーシュウインの「ラプソデイ・イン・ブルー」の
パイプオルガンによる効果抜群の演奏も!

ソプラノ歌手の肉声がオルガンに引けを取らず
広い会場にビンビン響き渡って大感動〜!!

約1時間にわたる素晴らしい演奏を存分に堪能しました。
IMG_9758.jpg

こんなか細い方(後ろ姿)が
会場を震わせるほどの声量の持ち主なんですが
人間見かけだけじゃ分かりませんよね。
IMG_6638.jpg

外に出てみれば、辺りはとっぷり暮れて
IMG_6624.jpg

目の前には美しくライトアップされたタワーが!
ひぇ〜! タワーも神ってるぅ〜!(◎_◎)
IMG_6626.jpg

IMG_6634.jpg

独身貴族にふさわしい〜とても贅沢で財布にも優しい
クリスマス・イブとなりました。


プロムナードコンサート [アート・カルチャー]

今日は水戸芸術館で開催の、パイプオルガンによる
プロムナードコンサート」が聴きたくて出かけました。

毎月定期的に、週末に2回ほどやっており
無料で自由に参加できるのですが
なかなかタイミングが合わなくて〜ホント久しぶりのこと。

IMG_9486.jpg

本日の演奏者は、東京芸大4年の内田光音さん。
名前からして女性かなと思っていたら
スリムで大人しそうな感じの青年でした。

曲目は、ロイプケのソナタ??
ロイプケ?〜全く聞いたことのない作曲家だけど・・。

定刻となり、頭上の演奏台に登場した内田さん
マイクで作曲者と曲目の解説をしてくれたのですが
残念ながらよく聞き取れませぬ。

IMG_9487.jpg

ところが演奏が始まると
大人しそうな青年のイメージが豹変!!
体全体を使って熱く雄々しく演奏しているでは?!

20分ほどの演奏でしたが
水戸芸術館自慢の巨大パイプオルガンの醍醐味を
存分に味わうことができました。

演奏後、何事もなかったような表情で
飄々と客席に姿を現した演奏者は
元のイメージ通りの大人しそうな青年だったので
その落差に改めてビックリでした。

IMG_9489.jpg

せっかくなので「現代美術ギャラリー」に入ろうとしたら
次回展(12/17 から開催)の準備中とかで残念。

IMG_9488.jpg

今の期間だけ、夜になると
美しくライトアップされるタワーを見上げて
名残惜しく帰ることに。
IMG_9490.jpg

【おまけ】
気になるので「ロイプケ」をネット検索してみました。

ユリウス・ロイプケ(1834-1858)はドイツの作曲家で
ピアニスト、オルガニスト。父はオルガン製作者。
ピアノの巨匠・リストに師事するも
その2年後にわずか24歳で結核のため死去。
短い生涯ではあったが
時折演奏会で取りあげられる「ピアノソナタ」や
彼の代表作であり
19世紀オルガン作品の最高傑作の一つとされる
詩篇94番によるオルガンソナタ」(本日の演奏曲目)
などの作品を残している。

帰宅後、私もナンチャッテ絵描きに変身?して
新作のキャンバスと熱く格闘しましたが・・。(笑)


2016年12月の然々教室 [アート・カルチャー]

今日は11名のお仲間が参加して、今年最後の然々教室を行いました。

テーマは「ランチメニューを美味しく描こう!」ということで
パンやドーナツ、手作り弁当を持参されたり
店内で「ワンプレートランチ」を注文された方も。

美味しそうな匂いが漂う中
年の瀬の慌ただしさからしばし解放されて
たっぷりとお絵描きを楽しんでいただきました。

IMG_9462.jpg

二人の方が注文したワンプレートランチを
テーブルの向かい側から描かせてもらった
ちゃっかりさんも?
ともかく和気あいあいでした〜!!

IMG_9470.jpg

ワンプレートランチの注文主?Kaさんの作品です。
IMG_9479.jpg

同じものを向かい側から描いたのはKyさん。
ベテランの味が出ていますねえ。
IMG_9474.jpg

こちらは、注文主?Sさんの作品。
IMG_9478.jpg

同じものを向かい側から描いたのはTeさん。
さすが〜手慣れたものですねえ。
IMG_9475.jpg

Toさんはパンに挑戦!
とても美味しそうに描けました。
色付けを多少抑え気味にするともっと良くなりますよ。
IMG_9481.jpg

Taさんもパンに挑戦。
香ばしさが伝わってきそうです!
IMG_9480.jpg

Ideさんは、クロワッサンなどの菓子パンをリアルに
描きあげてくれましたが、着色を幾分抑え気味にしたり
塗り残しを作るとオシャレな感じになりますよ。
IMG_9473.jpg

Sさんは手作り弁当を持参して描いてくれました。
あとは色付けでアクセントを付ければOK!
IMG_9482.jpg

Iwaさんは乙女チックなドーナツに挑戦!
とても良い感じに仕上がりましたね。
モチーフの選定も良かったかも。
IMG_9472.jpg

レストランの店内で本物のランチの絵を描くという
出来そうでなかなか出来ない貴重な体験をして頂いて
本年のカリキュラムは無事に終了できました。
***
来年初の教室は1月13日(金)に行います。
テーマは「新春は自由課題で描き初め!」ということで
各自、描きたいものをご持参ください。





11月の然々教室 [アート・カルチャー]

「SONO仲間[黒ハート]アート展」終了から
まだ4日しか経ってないというのに、本日
11名のお仲間が参加して「然々教室」を行いました。

「やさしい淡彩画講座」受講生で
SONO展にも出品されたIさんが本日入会!
IMG_9011.jpg

今日のテーマは一足先に
「クリスマス小物と正月縁起物」です。

人気者のK・たみちゃん!
IMG_9015.jpg

先月入会されたばかりのTさん。
いい感じですねえ?!
IMG_9016.jpg

プチ正月バージョン?は〜Kさん
IMG_9021.jpg

Mさん(左)も、正月縁起物に挑戦!
IMG_9022.jpg

Oさんは、来年の干支の「酉」を。
IMG_9020.jpg

北欧土産の可愛いサンタさんを描いたのはKaさん。
IMG_9023.jpg

Sさんは難しそうなメリーゴーランドを持参。
頑張って、こんな感じに描き上げました。
IMG_9024.jpg

本日入会したばかりのIさん〜上手過ぎます!
IMG_9025.jpg

こちらも今日で2回目のサウスポーIdeさん。
なかなかやりますねえ。
IMG_9026.jpg

紙芝居の原画を出品されたSさんは
持参したジャンボ柚子と縁起物を並べて
素晴らしい描写力です!!
IMG_9027.jpg

先月入会したばかりのTaさん。
ほっこりサンタさんを主役にして
カラフルに描いて頂けました。
IMG_9029.jpg

コーヒータイムでは、全員の自己紹介や
「SONO仲間アート展」などの話題で和気あいあい。
大いに話が弾みました。
IMG_9031.jpg


次回は12月9日(金)の開催。
早いもので今年最後の教室となります。

テーマは「ランチメニューをおいしそうに」。
本物よりおいしく描いてくださいね!
モチーフ?は各自ご用意のほどを。

10月の然々教室 [アート・カルチャー]

今日は穏やかな秋晴れのもと、11名の皆さんが参加。
うちお二人は新メンバーさんでした。

IMG_8672.jpg

今回は目前に迫った「SONO仲間[黒ハート]アート展2016」
に向けて、一人一人の出品作品決めを行うことに。
IMG_8659.jpg

目標は一人当り2~4点程度なのですが
Mさんは上手な作品ばかりで迷いました。
中でも反射炉を真正面から見上げた作品は秀逸!!
やはり、継続は力なり〜ですね。( ◠‿◠ )
IMG_8661.jpg

出品が決まった作品に筆を加えるTさん。
自宅でも熱心に描かれておられるそうです。
IMG_8663.jpg

選定作業の終わった皆さんには
自由課題に取り組んでいただきました。
IMG_8668.jpg

一方、初参加のTaさんとToさんには
一足先にクリスマス人形を並べて
練習していただきましたが・・・
IMG_8665.jpg

こちらは、Toさんが描かれたもの。
わお〜デッサンが素晴らしい! (*^o^*)
IMG_8669.jpg

こちらはTaさんが描かれた作品!
お二人とも凄く上手なので、お仲間もびっくり!
この先がとても楽しみです。(*^o^*)
IMG_8670.jpg

コーヒータイムには
さらにお二人が駆けつけられ
SONO仲間展の説明や自己紹介などを挟みながら
楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
IMG_8673.jpg

【予 告】
いよいよ今月26日から
然々教室の受講生を中心に
18名の”SONO仲間”が一年間の成果を
こちらの展覧会で発表します。
ぜひお楽しみに〜!

IMG_8675.jpg

次回の教室は一週間前倒しで
11月4日の開催となりますので
お間違いなきようお願いします。

テーマは「クリスマス小物と正月縁起物」。
モチーフはこちらで用意しますが
ご自宅にあるものでも結構です。




「上野の杜」の世界遺産 [アート・カルチャー]

上野駅公園口改札を抜けると
否が応でも目に入るのが国立西洋美術館

これまで何度か入館はしましたが
建物自体はさほど印象深くは感じませんでした。
IMG_8181.jpg

ところが今年7月17日、この建物に一大事が!!
スイス出身の著名建築家ル・コルビュジエが手がけた
世界7カ国にまたがる17作品の一つとして
世界遺産」に登録されちゃったりして。

正式名称は
「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」
だって。

ル・コルビュジエ
なんとも発音しにくい名前だこと。
せっかくなので「世界遺産」の栄誉を授かった建物を
しっかりと拝んでみることに。


IMG_8296.jpg

う〜ん、やはり凡人の私にはどう贔屓目に見ても
面白みのないショボい建物としか思えません。(涙)

それよりも、前庭に置かれている
彫刻家・ロダンの作品の方に関心が向いてしまいます。
IMG_8299.jpg

「地獄の門」「カレーの市民」「考える人」など
教科書に載っているような錚々たる作品ばかり。

無料、しかも至近距離で拝めるロダンの作品の方に
興味が湧いてしまうのは・・知的レベルの違いかな?
IMG_8300.jpg

そんなわけで、今回も西洋美術館をスルーして
私的聖地?東京国立博物館へと
足が向いてしまいました。
IMG_8291.jpg

高さ5mを超える大迫力の秘仏「十一面観音」には
心底から感動してしまいました。
こんな巨大木造仏像が、滋賀県の隠れ里に
平安時代からひっそりと存在していたとは!
IMG_8294.jpg

これにて2016/9月の「週末東京アート三昧」は一件落着。
この後は普段の生活に戻りまする。(*^_^*)


9月の然々教室 [アート・カルチャー]

恒例の”秋の野外スケッチ会”は
好天に恵まれて那珂湊漁港で開催。
9名の皆さんが参加されました。

船を描くのは今回が初めてなので
皆さん少しキンチョウ気味だったかも?

日差しは強烈でしたが
魚市場のカマボコ屋根が遮ってくれるし
海風が通り抜けるので気持ちよかった〜!

IMG_8019.jpg
IMG_8016.jpg

気がつけば背後には
大勢の高校生たちがワンサカ〜でした!
IMG_8022.jpg

かなりハードルの高そうな課題に
苦戦しながらも頑張って取り組んだ結果
このように仕上がりました!
IMG_8023.jpg

IMG_8024.jpg

IMG_8025.jpg

IMG_8029.jpg

IMG_8026.jpg


せっかくなので、私も描いてみました。
IMG_8036.jpg

IMG_8017.jpg

仕上げはこちら〜金、土、日のみ限定営業の
那珂湊漁協加工直売所 魚食楽(さくら)。

女性部員手作りの加工食品(お惣菜)に大喜び!
店番のオバチャンたちも
予期せぬ売り上げに大喜びでした。(*^_^*)

IMG_8030.jpg

午後3時、無事に然々に戻り
豪華なスイーツでコーヒータイム。
10月の「SONO仲間アート展」に向けて
熱く語り合いました。
IMG_8034.jpg


・次回は10/14(金)に開催します。

特にテーマは設けておりませんが
10/26(水)〜31(月)に開催の
SONO仲間アート展」に出展予定作品の
ブラッシュアップを中心に
取り組んで頂ければと思います。


シン・ゴジラ [アート・カルチャー]

昨日の真夏日晴天から一転!
小雨模様の24℃という涼しさになっちゃいました。

でも、こんな日だからこそ
話題の邦画「シン・ゴジラ」を観に行かなくちゃ〜と
チャコを誘ってTOHOシネマズへ。

11時15分開始ということでしたが
夏休み最後の週末とあってか広いロビーは人だらけ!

IMG_7860.jpg

ゴジラなんて子どもじみたハリボテかと思いきや
焼けただれたようなゴツゴツした皮膚で
内部からは血のような赤い光が漏れだしており
まるで古事記版「ヤマタノオロチ」のような不気味さ。

突如、東京湾から上陸した巨大不明生物「ゴジラ」!
対応する政府中枢の右往左往ぶりや
時節柄?女性国防大臣を擁する自衛隊の頼もしさ。

国の存亡を賭けた虚構と現実が交錯するストーリ展開に
最後まで真剣に見入ってしまいました。

ミサイル攻撃でも全く歯が立たない怪物の正体は〜?
最後の手段は米軍による首都・東京での原子爆弾投下?
そんな無茶なことさせてなるものかと
精鋭チームが必死に考え抜いた奇策とは?

354182_001.jpg

会議を何度開いても、誰も責任を取りたくないから
ゴジラに限らず、様々な外国の圧力を目の前にしても
何も決められない〜というこの国の情けない政治体制。

そんな中、国を守るため精鋭チームを率いて奔走する
主演で内閣官房副長官役の長谷川博巳さんが
めっちゃ〜格好良すぎました!!

そんなわけで、雨の日は映画館へどうぞ。


前の10件 | 次の10件 アート・カルチャー ブログトップ