So-net無料ブログ作成
検索選択
歴史・レトロ・旅行 ブログトップ
前の10件 | -

陶芸の里・益子を散策 [歴史・レトロ・旅行]

お出かけ日和なので、何年ぶりかで益子町へ。

笠間まで北関東自動車道を利用して約1時間で到着。

まずは150年前から製陶業を営み

益子で最大規模を誇るつかもと」に立ち寄ってみました。

IMG_2031.jpg

塚本家が所有する古民家で、3年前から蕎麦処を

営業しているというので早速入ってみることに。

IMG_2013.jpg

太い柱をふんだんに使った黒光りする格調高い大空間!

これまではイベント会場として利用していたそうで

土間にはグランドピアノが鎮座しておりました。

IMG_2017.jpg

注文したのは、限定15食「天もり蕎麦膳」(1500円)。

益子産の地粉にこだわった本格手打ち蕎麦を

「つかもと」の器と共に味わう至福のひととき。

IMG_2016.jpg

ついで、敷地内にある「つかもと美術記念館」へ。

ここは近年まで塚本家の母屋だった重厚な日本家屋で

彫刻家・棟方志功が、この家で制作した肉筆の巨大屏風を始め

貴重なお宝がずっしりと陳列してありました。

IMG_2030.jpg

外観は平家風なのに内部は一部、屋根裏部屋となっており

そこには塚本家代々の様々な生活用品が

大切に保管されておりました。

IMG_2023.jpg

せっかくなので、併設のレトロな雰囲気の「茶房」に入ることに。

益子焼で人間国宝の故・島岡達三氏制作のコーヒー椀で

挽きたてコーヒーをいただけるなんて、まさに贅沢夢気分!

IMG_2025.jpg

IMG_2024.jpg

その後、共販センターや陶器通りを散策して

たっぷり目の保養をしたのでありました。

IMG_2051.jpg

IMG_2044.jpg

IMG_2052.jpg

わずか3時間ちょっとの滞在でしたが

とても中身の濃いリッチな時間となりました。



龍ヶ崎市方面へ [歴史・レトロ・旅行]

今日は小雨模様の中
市民交流センターの休館日を利用して
「NPO法人未来ネットひたちなか・ま」の関係者20名で
「龍ヶ崎市民活動センター」へ研修に出かけました。

わたしゃ〜長いこと茨城県に住んでいながら
まだ龍ヶ崎には行ったことがないんですよ。

途中、阿見町にある「予科練平和記念館」を見学。
IMG_0725.jpg

「七つボタンの予科練」に憧れて
高倍率の厳しい選抜試験に見事合格し
日夜過酷な訓練に耐え抜いたものの
迎えた運命の太平洋戦争では
愛するお国のために悲惨な末路をたどった
数多くの優秀な若者たち。

当時の様子を生々しく伝える遺留品の数々。
こんなことが実際にわずか数十年前に起こったとは!
まるで時が逆戻りしたようでした。(涙)
IMG_0727.jpg

館内は撮影不可でしたが
屋外の格納庫には近年制作された
「ゼロ戦」の実物大の復元模型が!!

こんな小さな戦闘機で、遥かに物量に勝る米軍と
真っ向勝負を挑んだとは!(◎_◎;)
IMG_0728.jpg
IMG_0731.jpg

見学記念に「海軍カレー」を購入してきました。
IMG_0779.jpg

ランチは牛久市の「坂東太郎」で。
これに、うどんorそばが付いては食べ過ぎ〜〜!!
IMG_0735.jpg

目的の「龍ヶ崎市民活動センター」は
廃校を利用したほのぼのとした施設。
広いスペースを存分に活用され、とても羨ましい限り。
センター長さん始めスタッフの皆さんの自然体での
対応にも癒されて、和やかな交流ができました。


帰途、牛久市の落花生専門店「いしじま」へ。
巨大な落花生の野外オブジェが目印です。
IMG_0771.jpg
IMG_0774.jpg

新横綱・稀勢の里の出身地だけに
至る所にお祝いメッセージが!
IMG_0772.jpg

店内はもちろん〜豆・豆・豆尽くし!
気が付けば、4種類も買ってしまいました。
IMG_0777.jpg

帰宅してから豆菓子をつまみだしたら
梅味〜胡麻味〜抹茶味〜トマト味と
次々手が伸びちゃって
♫〜もう、どうにも止まらない〜♬

大阪滞在最終日 [歴史・レトロ・旅行]

いよいよ大阪滞在も最終日となり
帰途に着く前にプチ観光することにしました。

先ずは、天王寺駅にある日本一の300mの
高さを誇る「あべのハルカスビル」へ。

オープンしたばかりの3年前に行った時は
大混雑で諦めたのですが
今回は早い時間に行ったので殆ど待たされず
最上階(60階)の展望台「ハルカス300」に到着です。
IMG_0427.jpg

高さ288mからの超絶パノラマに大興奮〜!!
IMG_0432.jpg

IMG_0442.jpg

総ガラス張りの「天空回廊」が圧巻でした〜!
IMG_0429.jpg

58階には吹き抜け構造の「天空庭園」も。
屋外感覚で癒しのランチが楽しめました。
IMG_0428.jpg

一部シースルーの床もあり、高所恐怖症気味な
私は思わずゾクゾク。(´⊙ω⊙`)

追加料金500円で、ジャスト300mの
ヘリポートのある屋上まで行けるのですが
もうここだけで十分過ぎまする。
IMG_0437.jpg


ついで地下鉄で一駅先にある
聖徳太子ゆかりの古刹「四天王寺」へ。

聖徳太子の開基による日本初の官寺で
日本書紀に推古天皇元年(593年)創建と記述のある
由緒ある寺院ですが、度重なる災害のため
古い建物はことごとく失われてしまったそうな。

西側の参道から入ると
何故か〜石鳥居(重要文化財)が?!
お寺なのに鳥居があるのは不思議ですよね。
IMG_0494.jpg

鳥居の先には堂々たる極楽門がお出迎え。

この寺は、南から北に向かって
仁王門(中門)、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ
それらを回廊が囲む「四天王寺式伽藍配置」という
日本では最も古い建築様式だそうです。
IMG_0492.jpg

なので本来なら
南側の参道から入るのがスジなのですが
あいにく主要な建物は大規模な修復工事中!
自由に見て回ることができず残念。
IMG_0466.jpg
IMG_0458.jpg

それでも五重塔は、螺旋階段で最上階まで昇れ
心柱内に安置された舎利塔(ブッダの遺骨?)を
拝むことが出来たので、ラッキーでした。
IMG_0480.jpg

五重塔のすぐ向こう側には
先ほど登頂?してきたばかりの日本一の高層ビル
「あべのハルカスビル」の雄姿が〜!
IMG_0483.jpg

かくして、殆ど駆け足で巡った
”2泊3日大阪の旅”は終りました。


大阪滞在2日目 [歴史・レトロ・旅行]

初日は新大阪駅到着後、地下鉄・御堂筋線の
一つ目の駅で降りて、生活感コテコテの通りを
もの珍しそうにキョロキョロしながら歩いて行くと
やがて娘夫婦宅に到着!(^o^)

2番目の孫くん(2ヶ月)との初対面を果たせましたが
小顔で超かわゆい〜! 抱っこしまくりでした。
IMG_0368.jpg

大阪で定宿にしている格安のビジネスホテルは
新大阪駅から徒歩わずか7分という近さ。

さらに新大阪駅に接続する御堂筋線を利用すれば
SUICA一枚で、梅田や心斎橋、御堂筋、天王寺など
大阪の中心繁華街へのアクセスも超便利なんです。
\(^o^)/

2日目は、朝のうち時間があったので
JR大阪駅(梅田)まで出かけて、巨大複合商業施設・
「大阪駅グランフロント」内の流行最先端の店を
ウインドゥショッピングして楽しみました。

再び娘夫婦宅に行って
孫の通う幼稚園へ出迎えの体験?をしたり
一緒にお絵描きをやったり。
孫が絵の具を塗った4作品をリビングの壁に
貼り付けてあげたら、孫くんは大よろこび!
IMG_0421.jpg

午後9時近くに、好奇心旺盛な孫くんから
解放されてホテルに戻りましたが
歩数計は連日の1万歩越えでした。(´⊙ω⊙`)


ちょっくら大阪まで [歴史・レトロ・旅行]

ただいま〜新幹線の車中!

これから大阪の娘夫婦のところへ行って
昨年12月に産まれた2番目の孫くんに会ってきます。

ゆっくり遊んでいきたいけど
日曜日は予定が入ってるので
残念ながら土曜日中には戻らないと。

通天閣ぐらいなら寄れるかな?
本場のたこ焼き&お好み焼きも!\(^o^)/

いま、熱海駅を通過!
お天気回復しそうかな?



山間の集落・高部の魅力 [歴史・レトロ・旅行]

栃木県に近い県北山間部にある
常陸大宮市美和地区(旧美和村)
かつて村の中心であったレトロ感あふれる集落
高部(たかぶ)立ち寄ってみました。

【プロローグ】
数十年前に、朝日か茨城新聞に「茨城の洋風建築?」
シリーズかなんかで「高部」が取り上げられており
どうしてあんな辺鄙な山間部に、洒落た洋風の建物が
残っているのか不思議に思ったもの。

ところが最近
コミュニティギャラリーの常連客であるA氏から
彼の実家が「高部」で、かつて父親が描いた
同地区の家並みの詳細な俯瞰図が
常陽芸文(1990年/9月号)に掲載されたことなどを
持参した資料で熱心に説明してくれました。

出会いとはマカ不思議なもの!!
数十年前のおぼろげな記憶が一気に刺激され
今度こそ高部の宿をこの目で確かめたい思うように。

実際に行ってみれば簡単でした。

IMG_8540.jpg

道の駅みわ・北斗星」に近い
美和総合支所(旧美和村役場)辺りから
繁栄の歴史を留める建物が軒を連ねているでは!
IMG_8504.jpg

A氏から頂いた資料に載っていた写真そっくりの
街並みや特徴ある建物を目の当たりにして
感動のあまり背筋がゾクゾク〜!!
わおう〜ここがあの高部宿なんだ〜!
IMG_8506.jpg

ひときわ目を惹く
淡いパステルカラーのしゃれた洋風の建物。
その先には望楼のあるユニークな和風のお屋敷も。
IMG_8505.jpg

こちらが明治41年建築の国松家旧郵便局」。
こんな洋館に住んでみたい〜!!

元々は酒造業もやっていたようで、右手の門から覗くと
敷地の奥の方には煙突がそびえておりました。
IMG_8509.jpg

さらに特徴ある家並みが連なっているのですが
まるで人の気配がありません。
IMG_8510.jpg

両側の屋敷に挟まれて窮屈そうに
見世蔵が顔を覗かせています。
IMG_8511.jpg

こちらは存在感のある3階建ての楼閣
旧岡山家 喜雨亭(きうてい)」。
明治20年頃、水戸偕楽園の好文亭を模して
作られたそうで、かつて酒造業を営んでいた名残で
最上階は酒の銘柄である「花の友」の広告塔を兼ねる
高部のシンボル的存在に。

IMG_8513.jpg

特徴ある建物群は「下町橋」の手前で途絶え
橋の向う側には小ぶりな家並みが続き
左折すると旧美和中学校が。

あれ〜お屋敷群はこれでおしまい??
IMG_8515.jpg

橋の上からは小高い山々が臨めました。
♪〜思えば遠くへ来たもんだ〜♬
IMG_8516.jpg

往時の繁栄を伝える建物にはもはや人影もなく
地元の「森と地域の調和を考える会」という組織が
地域振興活性化に取り組んでおられるようでした。
IMG_8522.jpg


【エピローグ】
でもどうしてあんな辺鄙な山間に
ユニークな建物を作るだけの財力が?

それにはこんな理由が!

江戸時代、水戸藩が重要産業として力を入れた
和紙作り(鳥の子紙)の主要産地として大いに栄え
他にもコンニャク、タバコの産地でもあったことが
経済力に加え、地域文化の向上にも貢献したようです。

IMG_8539.jpg

帰宅して資料や地図を見比べてみたら、あらら〜?
他にも洋風時計塔のある間宮家住宅など
見逃した建物や史跡が幾つも!(涙)

次回は本腰を入れてマジメに探索し
知的好奇心を満足させたいもの。




夜の浅草・雷門 [歴史・レトロ・旅行]

ダリ展にすっかり時間を取られてしまい
浅草蔵前のホテル到着が遅くなってしまいました。
予定では早めに着いて
浅草界隈を散策しようと思っていたのに。

「ホテルから徒歩10分ほどで雷門に行けますよ」
とのことで、食事がてら出かけてみることに。

隅田川と平行する「江戸通り」は
別名「おもちゃ工具店街」とのことで
バンダイ」社屋脇の道路沿いには
アンパンマンやドラエモンなどの人形がずらり!
IMG_8138.jpg

さらに進むと
スクランブル交差点の目の前に
朱塗りの雷門が見えてきました。
IMG_8160.jpg

行けそうで行けない雷門ですが
ライトアップされた雷門なんて
なかなか見られるものではないよね
などと〜負け惜しみ?
IMG_8162.jpg

本堂と仲見世商店街は
すでに営業時間が終了したため
残念ながら参拝は叶いませんでした。
IMG_8163.jpg

その代わり、普段は高速バスの中から眺めるだけの
超有名な「神谷バー」を間近に見ることが!

明治13年創業で、多くの文豪たちに愛されてきた
日本初のバーの看板には、誇らしげに
「浅草一丁目一番地」と表示されていました。
そのうち重要文化財に指定されるかな?

食事は済ませちゃったけど
ここでも食事できるんだ?
名物の「デンキブラン」飲んでみたかった。
IMG_8165.jpg

振り向けば、暗闇の中にスカイツリーの姿が。
IMG_8164.jpg

歩いているのは、ほぼ外国人ばかり!
まるで台湾の街中と勘違いするほどでした。



水戸駅北口エレジー♫ [歴史・レトロ・旅行]

県立図書館へ行ったついでにJR水戸駅へ立ち寄り
10数年ぶり?に自由連絡通路沿いにある蕎麦処「水戸庵」へ。

以前は「へぎそば」という名物メニューが
ありましたが、今のメニューには見当たらず?

「かき揚げ天ぷらそば」(@900円)を注文するも
お味はイマイチ。
店は新しくなったけど、昔の方が美味しかったかなあ。

IMG_7863.jpg

近頃はたまに水戸市内に出かけても車利用なので
水戸駅に寄ることは少なくなってしまいました。
なので、北口コンコースに設置された
水戸黄門御一行像や、巨大なカラクリ時計台?を
ほとんど観光客目線でパチリ!

IMG_7864.jpg

IMG_7865.jpg

立派に整備されたコンコースの先には
かつてバブル最盛期の水戸のシンボル的存在だった
水戸西武(LIVIN)がそびえ立ち
吸い込まれるようにオシャレな店内を楽しんだもの。

2009年にあえなく閉店し3年後には解体。
いまなお水戸駅前の一等地はこんな有様!(涙)
大きな水溜まりまで出来てるし
いっそのこと、釣り堀に転用しちゃうとか?

IMG_7867.jpg

南町繁華街にあった最先端ファッションビル
サントピア」も、長きにわたり空きビルのままで
何かに利用されるのかと期待しておりましたが
5月からついに解体工事が進行中!
こちらもよく通っただけに残念でなりません。

そんな水戸市商業圏の衰退とはうらはらに
今や、ひたち海浜公園に隣接して広大な面積を擁する
「ひたちなか市新光町商業地区」が大ブレーク中!!

おかげで、このあいだまで
廃線の危機にあったローカル鉄道・湊線までが
なんと終着・阿字ヶ浦駅から海浜公園西口ゲートまで
延長するという〜ウソみたいな計画?も進行中とか。

新旧交代を絵に描いたような展開ですが
この先、水戸駅北口の商業地区は一体どうなるの?


仁王様はお留守中?? [歴史・レトロ・旅行]

今日は、常陸太田市の亡き師匠・斎藤先生宅へ
新盆参りに伺いました。

帰り道、せっかくなので古刹・佐竹寺へ立ち寄ると
2年前に訪れた時は大震災の被害で
崩れそうになっていた仁王門の瓦屋根が
見事に修復されていました。

IMG_7732.jpg

でも、主役の仁王様のお住まい(左)は空っぽ??
"ペンキ塗りたて!"の札も置かれており
修復作業はまだ終わっていないようでした。

右は2年前のお姿なのですが
もしかして、仁王様は別な場所で修復中とか?

IMG_7733.jpgIMG_9702.jpg

私的にはあまりピカピカにされない方が
凄味があって絵心を刺激されるんだけどねえ。
20140918103653.jpg

こちらは修復前の
2014年9月16日にスケッチした仁王門です。
IMG_0005.jpg

幸いにも
室町時代再建という国指定重要文化財の
佐竹寺本堂は以前のままの佇まいでした。
IMG_7735.jpg

本堂の柱、扉、天井に至るまで
びっしりと貼り巡らされた無数の千社札に
今日も感動〜〜!!
IMG_7739.jpg

もう少し経ったら仁王様と再会したいです。

♫ ぼ〜ん、ぼ〜んと、ただ三日 ♪
お盆は明日でおしま〜い。


鯨ヶ丘エレジー [歴史・レトロ・旅行]

先週、常陸太田市内での用事ついでに
鯨ヶ丘商店街」に立ち寄ると
うまい具合に月遅れの「鯨ヶ丘ひな祭り」を
開催しておりました。

私が初めてこの地区を訪れたのは約8年前。
それまではこんな素晴らしい街並みが
近くに残されているなんて全く知りませんでした。

IMG_6377.jpg

IMG_6372.jpg

IMG_6376.jpg

それからというもの取り憑かれたように
ここを訪れてはスケッチして回ったもの。

こちらの「佐藤運動具店」もそのひとつ。
見世蔵作りの旧家に現代風の運動具店が
同居しているという意外な組み合わせに
痛く絵心を刺激されたものです。

IMG_6375.jpg
IMG_0047.jpg

和風建築と洋風建築が隣り合わせという
実に絵になる組み合わせも。

手前の古民家には以前、高級フランス料理店が入り
人気を博していたのですが
今では元の空き家に戻ってしまいました。

IMG_6361.jpg

スケッチは、まだ営業中の2008年に描いたもの。
洒落た看板や日よけ暖簾、鉢植えの花などから
当時の華やいだ雰囲気が伝わってきます。

IMG_0043.jpg

すぐそばには、なまこ壁の瀟洒な建物があり
その脇を十王坂(大根坂)が通っています。

残念ながら建物は大震災で大きな被害を受けて
今なお屋根全体がブルーシートで覆われたまま。(涙)

IMG_6359.jpg

坂道の先には太田二高があり
セーラー服姿の女子高生たちが汗を拭きながら
坂道を登ってくるのを目にしたもの。
IMG_0045.jpg

鯨ヶ丘の名物スポット「板谷(ばんや)坂」。
ここからの眺望の素晴らしさは抜群!!

IMG_6385.jpg

近くには私好みの「煉瓦屋
というカフェがありましたが
やはり大震災の被害で撤去され
残念ながら今では駐車場に様変わり!

建物の側面は赤錆びたトタン張りに
大きな宣伝看板が特徴で
今では貴重なスケッチとなりました。

そういえばこのスケッチのコピーを
オーナーにプレゼントしたけど
その後どうしておられることやら?

IMG_0046.jpg

板谷坂を下の方からスケッチしたことがあるので
その場所まで下ってみました。
下から見上げても絵になる光景でしたが・・。

IMG_0044.jpg

あらら〜どこか変?
坂の上から見る景色はあまり変わらないのに
下からだとこんなにも変貌していたのですねえ。

IMG_6386.jpg

いつの間にか取り壊されて更地になったり
現代風の家に建て替えられたり
私の大好きな「鯨ヶ丘」は
大震災前とは様変わりしておりました。

前の10件 | - 歴史・レトロ・旅行 ブログトップ