So-net無料ブログ作成
展覧会・ギャラリー ブログトップ
前の10件 | -

「ノン・ブラック展」と「海浜鐵道」のお話 [展覧会・ギャラリー]

今年も「ノン・ブラック展」の季節が近ずき
ハガキ、ポスターなどの印刷物が出来上がってきました。

各自の新作制作と共に宣伝活動が欠かせませんが
私は第51回展から9年間も実行責任者を仰せつかり
毎年この時期が来ると憂鬱になります。
これから会員が手分けして、県内各地のキャンペーンを
行ったり出品者を募ったりと、せわしない日々が続きます。

来年は第60回ということで
人間ならまさに還暦という一大節目の年!
早くバリバリ元気な後継者に代わって欲しいなあ。

IMG_E7258.jpg
一方、こちらは水戸芸術館から届いたチラシですが
な・なんと〜天下の水戸芸術館が
「ひたちなか海浜鉄道」をモデルにした劇を
9月にACM劇場で4日間公演するというビッグな情報!

IMG_E7260.jpg

このほど「海辺の鉄道の話」の制作で記者発表があり
脚本・演出家や監督・俳優さん、海浜鉄道の吉田社長
おらが湊鐵道応援団・佐藤彦三郎団長などの
関係者が多数集まり
ことこと走る2両編成のジーゼル列車の中で
のんびりと行われたそうですが
これからも湊線から目が離せませんね。

ついでですが、おらが?コミュニティギャラリーでも
8/22〜9/3の2週間「おらが湊鐡道応援団作品展」を
予定しておりますのでお楽しみに。

nice!(0)  コメント(0) 

サクラサク〜! [展覧会・ギャラリー]

昨日は朝、市営元町駐車場に車を停めたら
目の前の市立図書館の桜の古木が
早くも満開になっておりました〜!!

IMG_E6749.jpg

さらにアスリートのNさんからも
市役所の桜が満開との情報が〜!
IMG_6756.jpg

まるで「ノン・ブラック小品展」のオープニングを
祝福しているような嬉しい”サクラサク”情報でした。
(*^_^*)
(*^_^*)
一方、コミュニティギャラリーは
オープン時刻の10時早々から
お客さんが立て続けに入ってこられ大盛況〜!!
初出品者さんがお友達に嬉しそうに説明したり・・

IMG_6752.jpg

お知らせハガキを握りしめて
日立市から電車でやってこられた男性は
個性豊かな作品群と出逢えて満面笑顔に。

かくして初日の入場者数は73名にもなりました!

IMG_6750.jpg

夜、帰宅すると私好みのビッグな板チョコが待っていました。

IMG_E6755.jpg

これって先月Yさんから頂いたのと似てるけど?
パッケージのデザインが違うだけ??
食べ比べしてみないとね・・・。

IMG_E5875.jpg

2日目の今日は午後からギャラリー当番に入ります。
皆様のお越しをお待ちしております。

nice!(0)  コメント(0) 

「ノン・ブラック小品展」搬入完了! [展覧会・ギャラリー]

昨日は夕方から出品者が20名ほど集まり
初めて利用する会場で(これまではギャラリーサザで開催)
搬入作業を行いました。

大作中心の「ノン・ブラック展」とは異なり
10号以下の小品ばかりなので戸惑いもありましたが
予想より早めに展示が完了しました。
以下、画像にて会場の雰囲気をお伝えします。

IMG_6712.jpgIMG_6713.jpgIMG_6716.jpg
IMG_6720.jpg
IMG_6741.jpg
IMG_6725.jpg

会場入口を飾るのは
大石展子代表の「スイセン」(左/F3、右/45x23cm)。
IMG_6714.jpg

ベテラン・照沼恵子の「ワヤン・ゴレ」(F10)が
不思議なノン?の世界へと誘ってくれます。
IMG_6719.jpg
最終的に出品者数は
会員・一般合わせて34名となりました。
数ある中から私好みの作品をアップしてみました。

妖艶美少女を描いた矢島千加の「DOLL」(サムホール)。
特に首を90度近く傾げている右側の作品では
展示する時一緒に首を傾げてしまい
なかなか水平に吊り下げられませんでした。(笑)
IMG_6717.jpg

私が敬愛するデッサン力抜群の
村田京子おネエ様?の「習作」(F8)
IMG_6718.jpg

新人・大野ゆき子の「バラの花」(左)とガーベラ(右)。
ハガキサイズの小品ですが、存在感は抜群!
素晴らしい発想と描写力に惹かれました。
IMG_6739.jpg

昨年の「ノン・ブラック展」で新人賞の吉田陽子は
カラフルで楽しい「Oh」と「Yes!」(各F3)。
IMG_6732.jpg

写真の部では、大武美佐子に注目。
私好みのタイトルにも惹かれちゃいました。(笑)
IMG_6728.jpg

ここからは
SONO仲間メンバーさんの作品を紹介。

左側は田邊幸子の「素晴らしい世界」(F3)。
久々に愉快な”パン田いさむ”君(彼女の分身?)の登場です。
IMG_6744.jpg

右側は井手滎里子の「備前堀の夕焼け」(F4)。
川面を燃え上がらせるような”脱写実的表現”が圧巻!

SONO仲間ではありませんが、左側の期待の新人
八木奈津実の抽象画「Almond」(46x25)もお見事!!
今度の「ノン・ブラック展」で彼女の大作が見たいもの。
IMG_6723.jpg

然々教室からは岩川みゆきが、ペン淡彩画作品
「バラ」「ドール」(各F2)でデビューしてくれました。
IMG_6742.jpg

私の方は、頑張り過ぎず出しゃばらず?
「旧古河庭園」と「町屋の山々」(各F2)を出品しております。
IMG_6743.jpg

絵画、写真、工芸など見応えある小作品が勢ぞろい!!
明日から始まる「第23回ノン・ブラック小品展」へ
ぜひお越し下さい。

10〜20時まで開催。17時までは出品者数名が待機
最終日(4/2)は16時に終了となります。
市営元町駐車場を利用して駐車券を持参すれば
2時間まで無料となります。

nice!(0)  コメント(0) 

西山の里・桃源へ [展覧会・ギャラリー]

常陸太田市の西山荘入口にあるレストハウス「桃源」で
地元のノン・ブラック会員が作品を展示中とのことで
何年ぶりかで行ってきました。
IMG_6412.jpg

館内には地元の食品や民芸品などが並び、食事処も。
IMG_6422.jpg
IMG_6415.jpg

館内の一角には、大石展子代表、村上四郎、川野照子と
新人女性を含む4名の会員による11点の作品が展示。
桃源ならではの”マッタリとした雰囲気”にふさわしい
オシャレな作品揃いでした。
IMG_6416.jpg
IMG_E6417.jpg
IMG_6419.jpg

遊歩道のある庭園では紅白の梅がちょうど見頃。
IMG_6428.jpg
IMG_E6433.jpg

せっかくなので庭園を眺めながらランチしようと
「蕎麦御膳」(1100円)を注文すると
女性スタッフが遠慮がちに持ってきたのはアンケート用紙。
利用者モニターにふさわしい”人畜無害の人物”と
思われたのでしょうかねえ?
「ほぼ満足」の個所に丸印付けちゃったけど。
IMG_E6434.jpg

このまま引き上げるのは勿体ないので「鯨ヶ丘」に立ち寄ると
そこにはトンデモない光景が!!

nice!(1)  コメント(2) 

東京ステーションギャラリーでは [展覧会・ギャラリー]

「週末東京アート三昧」の最終回です。

夕方、高速バスで帰る前の時間を利用して
東京駅丸の内北口ドーム内にある
「東京ステーションギャラリー」へ。

幸運にも、この日(3/3)から開催の
「建築家・隈(くま)研吾展 くまのもの」に入場すると
前日の国立博物館での「仁和寺展」とは
入場者の年齢層がまるで様変わり!
昨年10月に国立新美術館で見た「安藤忠雄展」同様
一流建築家の個展に若い男女が群がるのは何故?

おまけに館内は全て撮影OK〜!!
インスタグラム効果で入場者アップが期待できるせいか
最近は撮影OKの展覧会が増えつつあり
私のようなブロガーにとっては嬉しい限りです。

入るや否や
竹や木を建築素材に取り入れた立体模型が次々と登場!
素材の生々しい香りに出迎えられたこの展覧会は
世界的建築家・隈研吾に焦点を当てた大規模個展です。
IMG_6348.jpg

木や竹以外にも、紙、土、石、樹脂、ガラスなど
様々な素材を用いた建築模型が
これでもかとばかり登場し圧倒されました。
IMG_6349.jpg
IMG_6352.jpg

こちらは現在建設中の新国立競技場の模型。
ここでも木がふんだんに使われています。
IMG_6353.jpg
IMG_6357.jpg
IMG_6360.jpg

LANケーブルの廃材もこんな形で利用されています。
IMG_6361.jpg

「新品川駅」の模型も。
こんな計画が進行していたとは知らなかった?
IMG_6365.jpg

会場を出ると、そこは
復元された東京駅丸の内北口ドームの2階テラス。
ドームを見上げて撮影している人たちを見て
しばし優越感に浸ってしまいました。
IMG_6366.jpg

この展覧会は5/6(日)まで。

3/2(金)〜3/3(土)の2日間
知的好奇心をフル動員して徘徊しまくった
「週末東京アート三昧」レポートは、これにて終了。
次回はいつになることやら?〜乞うご期待!

nice!(1)  コメント(0) 

サウジアラビアの至宝展 [展覧会・ギャラリー]

すっかり御仏のパワーを満喫して帰ろうとしたら
いつもは休館中の「表慶館」で
珍しくイベントを開催しているので
これ幸いと立ち寄ることにしました。

この建物は明治44年に開館した初めての本格的美術館で
中央と左右に美しいドーム屋根を頂く明治末期を代表する
洋風建築として重要文化財に指定されています。

IMG_6246.jpg

おまけに日本ではほとんど類のない
「アラビアの道〜サウジアラビア王国の至宝」
というアラビア関連の展覧会なので興味津々。
IMG_6226.jpg

入館すると目の前に不思議な人形石柱がお出迎え。
5000年も前に砂漠に立てられていたそうな。
IMG_6225.jpg

筋肉隆々のたくましい男性の巨像は
ヘレニズム時代やローマ時代に賑わった
古代都市国家からの出土品。
なぜか女性像はほとんど現れませぬ。
IMG_6229.jpg
IMG_6230.jpg

古代アラビア文字が刻まれた墓碑がずらり!
IMG_6236.jpg
IMG_6232.jpg

最後の展示室にはサウジアラビア初代国王(20世紀)の
衣装や刀など慈愛の遺品が厳かに飾られておりました。
IMG_6243.jpg

日本の洋風建築に興味のある私には
珍しい展示もさることながら、ドーム状の高い天井を持つ
建物の素晴らしい内部構造にワクワク。
まさに〜”猫にマタタビ”状態でした。
IMG_6234.jpg

階下を見下ろすと〜不思議な光景が!
IMG_6235.jpg

初日(3/2)のアートな徘徊はこれにて打ち止め。
ホテルに着いたら、歩数は12,000歩でした。

nice!(1)  コメント(0) 

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」が圧巻! [展覧会・ギャラリー]

3月2日(金)は、今回の目的である真言密教の寺院
京都・仁和寺の名宝を公開中の同展を見るべく
上野の東京国立博物館へ。
30分待ちということで平成館前には長蛇の列が!

IMG_6371.jpg

やっと会場に入れましたが、もう熱気ムンムン。
平日にもかかわらずこれだけの客が押し掛けるなんて
さっすが〜大東京ですよねえ。(*^o^*)
IMG_6207.jpg

第1会場の方は弘法大師・空海ゆかりの古文書や
絵図など、国宝・重要文化財がメイン。
同じ日本人なのに
流暢過ぎる筆跡で何が書いてあるのか
全く理解できない文書を見て回るのはかなり疲れるもの。

第2会場は一転、秘仏や本尊含む約70体もの仏像がワンサカ!!
こうでなくちゃ〜!一気に元気がでてきました。
中でも一般には非公開の観音堂が展示室内に再現され
しかも、なんと〜ここだけが撮影OKとは!

お堅い国立博にしては画期的な計らいに
皆さん大興奮の面持ちで撮りまくっておりました。
凄まじいばかりの仏の群像に思わず鳥肌立っちゃった〜!

IMG_6208.jpg
IMG_6209.jpg
IMG_6211.jpg
IMG_6212.jpg
IMG_6216.jpg

仏たちが並ぶ須弥壇裏の回廊も
しっかりと再現されており、荘厳な雰囲気でした。
IMG_6222.jpg
IMG_6223.jpg

これ以外は撮影できませんでしたが
パンフに載っている巨大な千手観音が圧巻!

通常、”千手”とは言っても
実際に千本もの手があるわけではありません。
数十本でも”千手”とみなしているのです。
ところがこちらの観音像は
マジで千の手と、千の眼、十一の顔を持つ
現存最古の千手観音菩薩座像(国宝)なのです。
近くで見ると様々な構造上の工夫がなされており
困難にめげない仏師の強い意気込みを感じました。
IMG_6370.jpg

そんなわけで、超お得な展覧会でした。
会期は今月11日まで〜なんとか間に合ってよかった。

nice!(1)  コメント(0) 

今年最初の「週末東京アート三昧」へ [展覧会・ギャラリー]

昨日のとんでもないお天気から一転!
それなりに好天なのですが、空気が冷たくて
“早春譜”でも口ずさみたくなるほど。Σ('◉⌓◉’)

ただいま高速バスで東京へ移動中。
今年最初の”週末東京アート三昧”です
あらら〜都心に近づいてきたら
斜め前方に冠雪の富士山が見えました!

先ずは息子を呼び出して、銀座でランチしてから
上野の国立博物館で開催中の「仁和寺展」へ。
続きは明日の帰宅後にアップしますね。

わおぅ〜!仁和寺展は入場待ち30分という事で
平成館の前は長蛇の列です。
こんなに人気があるとはねえ。(*^_^*)

nice!(1)  コメント(0) 

青春真っ只中〜高校生Artの会作品展! [展覧会・ギャラリー]

大変お待たせしました〜!!

今年も水戸市とひたちなか市の4つの高校
(啓明、水城、勝田、勝田工)が共同企画した
第4回目の若さ溢れるアートの祭典がやってまいりました。

昨日は、夕方5時から各校美術部員と顧問の先生約25名が来館。
閉館の午後8時近くまでかかって多数の力作を展示しました
ギャラリー担当の私としても、こんなに気合の入った
展覧会のお手伝いができて感無量です。

会場の様子をちょこっとだけお見せしますね。
入り口付近には各校自慢のパワフルな大作がお出迎え。
IMG_6075.jpg
IMG_6090.jpg
IMG_6089.jpg
IMG_6088.jpg

数多くの大小作品が持ち込まれ
全部展示できるかと心配させられるほどでしたが
何とか収まりました。

IMG_6078.jpg

今回、特に私が惹かれたのが中央奥にある肖像画。
IMG_6112.jpg

荒削りなれど、憂いを秘めた少女の表情を見事に描写した小品。
これが高校生の描いた油彩画とは凄すぎます。
とても素晴らしい作品に出逢いました〜!!
IMG_6081.jpg

今回も移動パネルを3枚増設。ユニークな作品が並びます。
IMG_6099.jpg
IMG_6108.jpg

女の子らしいイマ風のイラストが楽しい!
IMG_6095.jpg
IMG_6103.jpg

ピカソのゲルニカをモデルにしたらしい不思議な大作も。
IMG_6093.jpg

平面だけでなく立体作品も2点出品されています。
こちらは学校のシュレッダーから出た紙片を
固めて作った女生徒の作品だそうです。
IMG_6101.jpg

明日21日(水)午前10時からオープン〜夜8時まで開館。
・最終日の26日(月)は午後4時に終了です。
IMG_6123.jpg

会期中は連日午後5時まで
各校の美術部員と顧問の先生が交代で
皆様のお越しをお待ちしております。
高校生たちの素晴らしい作品の数々を
ぜひ会場で直接ご覧ください。

nice!(1)  コメント(4) 

金魚モビールとトールペイントのコラボ展 [展覧会・ギャラリー]

勝田駅前のコミュニティギャラリーで始まりました〜!

売れっ子作家・鶴田幸夫さんと寺木久美子さんが
それぞれに主宰する「金魚モビール」と「トールペイント」。
なんとなんと〜今回はそんなお二人による
豪華なコラボ展が実現したのです!

IMG_5935.jpg

会場に足を踏み入れると、そこはまるで別世界〜!

IMG_5936.jpg

多忙な寺木さんが講師を務める県内のいくつもの教室から
多くの生徒さんが作品をどっさり持参されました。

IMG_5947.jpg
IMG_5950.jpg
IMG_5945.jpg
IMG_5952.jpg

一方、鶴田さんはオープン後も手を休めることなく
天井や床に大小様々&色とりどりの
金魚たちを次々と吊り下げちゃったりして
展示するのが楽しくて仕方ないといった様子。

それにしても
エアコンの風にゆらゆらと泳いで楽しそうな金魚たち!

IMG_5941.jpg
IMG_5944.jpg
IMG_5942.jpg

そんな中、お客さんが訪れると
持ち前のサービス精神を存分に発揮する鶴田さん。
気軽に金魚の作り方を教えてあげたり
愛らしい金魚をプレゼントしたりと
お客さんは大満足! (*^_^*)
これがホントの〜”きんぎょづきあい”?

IMG_5940.jpg

会期は2/19(月)午後4時まで(平日は午前10~午後8時)。

金曜日からはトールペイントの寺木さんも登場予定です。
うまい具合に作家さんと出会えたら
なにか嬉しいことあるかも?

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 展覧会・ギャラリー ブログトップ