So-net無料ブログ作成
検索選択
展覧会・ギャラリー ブログトップ
前の10件 | -

「第58回ノン・ブラック展」のお知らせ [展覧会・ギャラリー]

今年の「ノン・ブラック展」のポストカードが出来上がりました!

これからキャンペーンなどを通して、下の公募要項と共に
県内の主な美術館やギャラリー、公共施設などに配布。
リピーターさんには直接ご自宅まで郵送されます。

IMG_1389.jpg


この展覧会は、茨城県、県教育委員会など
5機関の後援を頂いた「公募展」で
どなたでも自由に出展できるんです。

県民文化センターの広〜い会場に
自分の作品を展示してみませんか?

こちらの公募要項をご覧の上、必要事項を記載して
6月15日までに、申込書を出展申込先までお届け下さい。

IMG_1354.jpg

お問い合わせなどありましたら
公募要項の出展申込先までご連絡下さい。



妖しい着物空間への誘い [展覧会・ギャラリー]

勝田駅東口、Win-Winビル1Fのコミュニティギャラリーでは
H28年度最後となる展覧会「第8回きものサンバ作品展」が
昨日から始まりました。

知る人ぞ知る〜きもの神社から軽トラック2台分の
物資が運び込まれ、延べ5時間掛かりでの搬入となる
トンデモない展示となりました。

こうして外から見ると、如何にも妖しい感じで
「きもの神社 勝田駅前分社」みたいな気も?

ドアの前には狛犬さんの代わりに
ランドセルを背負った不思議な子どもオブジェが?
IMG_1091.jpg

足を踏み入れると
過剰なまでの作品群にとり囲まれて圧倒されそう!
床の一部には艶やかな帯地が惜しげもなく
敷かれておりまする。(*☻-☻*)
IMG_1093.jpg

マルチアーティストで
自称・きもの神社宮司・まろさんが今回手がける
異色のアート作品は「きもの神社 枯れないバラ七輪」!

墨書した3m四方の帆布を壁面全体に張ってから
電動ドリルでパーツの取り付け作業に没頭する様子は
もはや展示の域を超えて”工事”というべきかも。

壁をぶち抜かれないかとハラハラしながらの立会いと
不慣れな肉体労働?のお手伝いで結構疲れました。
IMG_1079.jpg

完成したのがこちら。
黒いバラらしきものが7個取り付けられていますが??
いったいどんな意味が込められているのでしょうね?
IMG_1100.jpg

バラは益子で焼成した陶器製で、かなり重いもの。
IMG_1103.jpg

お仲間が持ち込んだピエロの油彩画が
妖しい雰囲気にマッチしておりました。
IMG_1099.jpg

代表の着物デザイナー・千恵子さんと
受講生による多彩な作品も所狭しと並んでいます。

日中(10~17時)は、千恵子さんとまろさんが
ほぼ待機しておられるので、楽しくお話ができますよ。
IMG_1098.jpg

会期;4月3日(月)まで。開館時間;午前10時~午後8時。
最終日は午後4時に終了となります。
IMG_1120.jpg

皆様のお越しをお待ちしております。



とっても楽しい〜水戸芸術館! [展覧会・ギャラリー]

今月11日から、「藤森照信展」が始まったので
芸術館へ出かけると〜嬉しいことに館内は全て撮影OK!

自然を生かした建築と、ユニークな”路上観察”の提唱者で
”テルボ”の愛称で親しまれる建築家・藤森照信さんの
展覧会の様子を、皆さんに画像でお届けします。
IMG_0809.jpg

いきなり第1室から
意表をつく「モザイクタイルミュージアム」!

昨年6月に多治見市にオープンしたばかりの
「モザイクタイルミュージアム」を
藤森さんが手がけたというご縁でコラボが実現。

自動車までモザイク尽くしで、メッチャ楽しい!!
IMG_0812.jpg

建築物の写真パネルを中心に
座るのが楽しくなるようなアートな椅子も。
IMG_0814.jpg

出身地・茅野市にある数々の建築作品は
自然や植物を建物に取り込んだ独創的なものばかり。
IMG_0825.jpg
IMG_0822.jpg
IMG_0823.jpg

私が憧れるツリーハウスもありました。
IMG_0857.jpg

藤森建築と深い関係のある
滋賀県の「たねや」とのコラボでは
美しい和菓子類がずらりと展示!
IMG_0832.jpg
IMG_0830.jpg

テーブルや椅子などの作品には自由に座ることも。
IMG_0839.jpg
IMG_0835.jpg
IMG_0853.jpg

展示会場の一角には期間限定でたねや」の
和菓子販売コーナーがあったので購入すると
IMG_0843.jpg

購入した和菓子はすぐ脇の
高校生ウイーク2017」ルーム内のカフェで
飲食できるという嬉しい企画なのでした。
IMG_0845.jpg

恐る恐る中に入ると
若い女性たちが待機しており
コーヒーは無料で頂けるとのこと。

現役高校生がカフェを運営しているのかと思い
「皆さんは高校生なんですか?」と尋ねたら
「10年前までは高校生でしたけど・・」と
笑われてしまいました。(^_^;)
IMG_0842.jpg

そんなわけで
とってもお得で楽しいユニークな展覧会でした。
IMG_0841.jpg

そうこうしていたら
いきなり重厚なパイプオルガンの演奏が!?

タイミング良く
市民のためのオルガン講座発表会が始まったのでした。

本来なら、1階のエントランスホールに並べられた
椅子に座って、演奏者を見上げながら聴くのに
今日は2階バルコニーから オルガン鍵盤のすぐそばで
受講生5名の演奏を聴くことができました。(*^_^*)

これだから芸術館通いはやめられません。






ちょっくら東京まで [展覧会・ギャラリー]

昨日は少し早めの高速バスで東京へ。
日帰りで、博物館・美術館巡りを楽しんできました。

まず向かったのは上野の東京国立博物館の平成館。
特別展・春日大社/千年の至宝」が
本日12日で終わってしまうので
ギリギリセーフで見ることができました。
IMG_0626.jpg

ユネスコの世界遺産にも登録されている春日大社は
時の権力者・中臣氏(後に藤原氏)の氏神を祀るため
768年に創建された奈良市にある壮麗な神社。
鹿島神宮の祭神・タケミカズチ命が白鹿に乗って
やってきたとの言い伝えがあり
本県とも大変ご縁のある神社なんです。

この度の式年造替に合わせて
平安時代から江戸時代に制作・奉納された
約250点もの豪華な宝物や古文書、刀、鎧兜
仏像、曼荼羅、縁起絵巻などが
これでもかと、上野のお山に大集合!!
まさに「平安時代の正倉院」と称される所以です。

極め付けは、普段拝観できない本殿の一部を
実物大に再現したレプリカ。調度品は実際に本殿で
使われていたものというこだわりぶり。

神社仏閣オタクの私にとっては猫にマタタビ!!
涙が出るほど感動しましたが
撮影OKなのが、こちらの灯篭だけとは情けなや。(涙)
IMG_0620.jpg

なので、愛読者さんのために
撮影OKな仏たちにもご対面してきました。
IMG_0646.jpg

次は地下鉄・日比谷線で、六本木ヒルズへ。
花壇は早くも春の装いに。
IMG_0665.jpg

森美術館で2月から始まったばかりの
インドの現代アーティストN・S・ハルシャ展」は
幸いなことに全て撮影OKという太っ腹ぶり!
IMG_0670.jpg

巨大な作品が数多く展示されていましたが
IMG_0673.jpg

近くで見ると
無数の人物が様々なポーズで細かく描き込まれ
これだけの作品を仕上げるのに
いったいどれほどの時間を要したことやら?
なんとも気が遠くなりそうでした。
IMG_0674.jpg

何十台もの足踏み式ミシンを並べ
無数の糸で繋げた大掛かりなインスタレーションも。
インド人アーティストならではの宇宙的規模の個展でした。
IMG_0679.jpg

IMG_0687.jpg

最後は、東京ミッドタウンの敷地内にある
「21_21デザインサイト」でアスリート展」を
IMG_0688.jpg

色んな分野で活躍するアスリートたちの動きを
アートな作品にした大変ユニークな展覧会。

特にこちらの高速度カメラによる
分解写真のような映像作品は圧巻!
走りの靴音まで鳴り響いて、臨場感バッチリでした。
IMG_0697.jpg

殆どが体験型のアート作品で
好奇心旺盛な若いカップルたちに大人気!

ちなみに、こちらに映っている人物は〜SONO夫婦?
カラダの機能を計測してくれるそうですが
面倒くさいので途中でリタイアー。
IMG_0701.jpg

展覧会を全て見終えて東京駅に戻ると
駅舎の頭上に大きな月が輝いていました。
IMG_0715.jpg

地下鉄を利用して動き回ったので
この日の歩数は16,500歩にも。

来週末はお江戸も桜開花で賑わうことでしょう。
(*^_^*)


「高校生Artの会」がやってきた! [展覧会・ギャラリー]

私が心待ちにしていた「高校生Artの会作品展」が
今年もついにコミュニティギャラリーにやってきました!

昨日は夕方から、水戸市内の啓明高校、水城高校
ひたちなか市内の勝田高校、勝田工業高校の
4校の美術部員たちが、搬入のため次々に集結。

顧問の先生方も含め約40名ものみなさんで
さほど広くもないギャラリーは
瞬く間に〜人口過密状態に!

たくさんの個性派作品と大勢の高校生に囲まれる中
汗だくでの展示作業となり、かなり疲れました。

先生のご了解を得られましたので
明日からのオープンを前にご紹介します。

***

入館するとミステリアスな作品がお出迎え?
決して手を触れてはなりませぬ。(´⊙ω⊙`)

IMG_0355.jpg

柱の正面には、正統派油彩画大作が
静かに存在感を放っています。
IMG_0331.jpg

以下、壁面には大小の油彩画作品がずらり〜!
IMG_0332.jpg

作品があまりにも多いので、移動式パネルを3枚も追加し
かなり密度の濃い展覧会となりました。
何しろ4校合同での美術展ですからねえ。\(^o^)/
IMG_0333.jpg

楽しそうなイラストやデザイン画ですが
右手奥になにやらセクシーな人形が?
IMG_0341.jpg

わおぅ〜女生徒が作った球体関節人形でした!
IMG_0344.jpg

雨のしずくをイメージした立体作品も。
女の子らしいおしゃれな空間構成です。
IMG_0340.jpg

たくさん展示しようと頑張ったので
まるで「アート横丁」?みたいなレイアウトに。
IMG_0349.jpg

他にも気になる作品をアップしてみました。
IMG_0350.jpg

IMG_0342.jpg

IMG_0336.jpg

男子生徒が作ったこちらの立体作品(椅子)は
お座り自由ということですが・・大丈夫かな?
IMG_0338.jpg

高校生ならではの
自由でユニークな発想による様々な作品が
圧倒的ボリュームで迫ってきます!
各作品には制作者のコメントが添えられているので
こちらもゼッタイ必読ですよ。

会期;2/22(水)〜2/27(月) 10時〜20時 
(最終日は16時で終了)
*毎日17時まで、各校の美術部員さんが
交代で当番を務めてくれます。

ぜひこの機会に
ギャラリーで実際の作品をご覧になって下さい。
たくさんの元気がもらえるかも。




五浦美術館へ [展覧会・ギャラリー]

昨日は北茨城市の県立天心記念五浦美術館へ。

隔年開催の「第8回双風(そうふう)展」が
9/13(水)〜18(月)の会期で開催できることになり
ノン・ブラック代表・大石展子先生と共に
同美術館主催の「平成29年度ギャラリー展説明会」
に出席しました。
IMG_0317.jpg

2年前の「第7回双風展」以来ずっと来てなかったかも?
妙に懐かしい気がしました。
IMG_0318.jpg

館内に入るとすぐに〜雛飾りが!!
IMG_0320.jpg

2/15~3/3まで北茨城市内で開催中の
「北茨城ひなあかり」の一環として
ここにも展示されているそうな。

カントリードール作家・内藤洋子さんたちが
中心になって立ち上げたイベントですが
年々規模が大きくなり今年で10回目に!
IMG_0321.jpg

先ずは館内のレストランでランチしてから
H29年度の貸展示室利用を承認された8団体が
一堂に会する説明会へ。

IMG_0322.jpg

我々はすでに7回も利用しているので
細かいルールは頭の中に叩き込まれていますが
初めて使用する団体さんにとっては悩ましいかも。

こちらは前回(H27年)の双風展の様子で
会場全体の広さは20x25mも。

総展示長100mを越す広〜い会場に
ノン・ブラックの選抜作家12名の大作が
ずらり〜と展示される予定です。

IMG_4299.jpg
IMG_4318.jpg

県民文化センターで毎年開催の
「第58回ノン・ブラック展」(7/11-16)に加え
大作絵画中心の「第8回双風展」の準備も
並行して動き出しました。

14年も続く〜団地住民による作品展 [展覧会・ギャラリー]

午前中、お隣の東中根団地自治会主催による
「第14回趣味の作品展」(週末2日間のみ)を見てきました。

東中根団地集会所内の特設会場は
すでに大勢のお客さんでごった返しており
何人もの知り合いさんから声をかけられました。

IMG_0244.jpg

出品目録を拝見したら
「デジカメクラブ」や「女性学級」「すみれ会」など
6つの団体と個人出品者合わせて
140名(重複出品者含む)以上の芸達者な皆さんが
様々な分野のハイレベルな作品を展示。
IMG_0245.jpg
IMG_0247.jpg

IMG_0249.jpg

中でも、”動かせる木工作品”には目が点に!
(◎_◎;)
完成度が高く、しかも遊び心満載。
趣味の域を遥かに超えて、もはやプロの仕事!
こんな凄い方が団地内に住んでるおられるなんて。
IMG_0251.jpg

IMG_0253.jpg

キムタクこと〜木村拓子さんの「とうもろこし人形」は
来月の「ギャラリーエスパース」での個展を控えているため
今回は「鍾馗人形」のみのお披露目となりましたが
とうもろこしの皮で作ったとは思えないほどの
威圧感を放っておりました。
IMG_0256.jpg

IMG_0259.jpg

「デジカメクラブ」の作品は、コミュニティギャラリーでも
定期的に展示されており、特別な親近感を覚えます。
IMG_0260.jpg

至る所で話が弾み、皆さんとてもうれしそう。
単に作品を見て帰るだけの作品展ではなく
まるで社交場!
住民の交流にも大いに役立っているんですねえ。
(*^o^*)
私もチャコも多くの方から話しかけられて
とても楽しいひと時を過ごすことができました。
IMG_0257.jpg

団地住民による手作りの作品展を
14年間も欠かさず続けられるなんて凄いこと。

仕掛け人?の木村敏雄さん始め
主催者と出品者の熱い思いを痛いほど感じました。

今度、コミュニティギャラリーで
移動展をやって貰えないかなあ?

個展の思い出 [展覧会・ギャラリー]

今日は奥歯の痛みも和らいできて、ホッと一息。

普段あまり利用していない引き出しを開けたら
懐かしい個展のDM(お知らせポストカード)が
次々と出てきたので、ついつい見入ってしまいました。
なので、皆様にも思い出のおすそ分けを。


人生初の記念すべき第1回個展は
2000年8月に市内の「ギャラリーエスパース」で開催。
タイトルは「古代文明の謎とロマンに魅せられて」。

まだ駆け出しの分際で、念願だった個展を実現!
師匠にもろくに相談せず突っ走ってしまい
今から思うと汗顔の至り。
でも搬入時には師匠やお仲間が大勢で
手伝いにきてくれたので超感激でした〜!(涙)

IMG.jpg


第2回展は2年後の2002年9月に
同じく「ギャラリーエスパース」で開催。
タイトルは「アジア・石造遺跡からのメッセージ」。

この辺までは、古代史大好きな私が旅行した
エジプト、インド、カンボジア、ベトナム、タイ、ミャンマー
などで出合った様々な石造遺跡に刺激されて描いた
怪しい?作品が主体でした。

展覧会の軍資金を稼ぐため
下手な小作品をたくさん描いて売りまくったりして・・。(汗)

IMG_0001 のコピー.jpg



第3回展は3年後の2005年11月に、やはりエスパースで。
この時のタイトルは「BLUE GRAY」。

大好きなセルリアンブルーをミックスした
ブルーグレー調で色彩を統一し
創作のテーマは「古代遺跡」から「現代遺跡」へと大転換!
今思えば、私にとって画期的な変革期でした。

IMG_0002 のコピー.jpg


ギャラリーエスパースでの個展は、何故か3回だけで終了。
またとない貴重な経験となりましたが
軍資金を稼ぐために、友人・知人に負担をかけるのが
嫌になったからかも。

その後は個展から遠ざかり
県民文化センターでのお馴染「ノン・ブラック展」や
天心記念五浦美術館で隔年開催の「双風展」などの
グループ展に、油彩画大作を出品するように。


こちらは2003年に、東海村の「トラットリア・パラン」で
約一ヶ月間、作品を展示した「アジアの旅路展」。
ブルーグレイで描いた石造遺跡シリーズは
この時期ならではの作品です。
IMG_0003.jpg

若い頃から親しんできた水彩スケッチだけの
小さな展覧会も手がけるようになりました。

2004年4月には「ライブラリーカフェ然々」の
阿部オーナーとの運命の出会いから
同店初となる「ペン淡彩画作品展〜日向の薫り」を開催!

私のブログ名となっている「日向の薫り」は
オーナーが名付けの親なのです。

私にとっては
「然々」と「ヨークカルチャー日立」の2個所で同時に
ペン淡彩画教室」を立ち上げるきっかけとなった
大変記念すべき展覧会となりましたが
まさか私が絵画教室の講師になるなんて
夢にも思いませんでした。

IMG_0003 のコピー.jpg


ライブラリーカフェ然々」では2010年11月にも
知人の人形作家・内藤洋子さん(北茨城在住)と共に
カントリードール&ペン淡彩画コラボ展in然々」を
開催したところ、作品がバカ売れした嬉しい思い出も。

IMG_0004 のコピー.jpg


近頃は、Win-Winビルのコミュニティギャラリーで
展示の機会も増えてきたせいか
お世話になっている然々さんでの展覧会を
しばらくやっていないことに気がつきました。

機会があればもう一度、初心に立ち返って
小さな個展などをやってみたいです。


新春の彩り〜よろずの会作品展 [展覧会・ギャラリー]

今日から「市民交流センター」は仕事初め!

2017年最初のギャラリー展は
縁起の良い作品が勢ぞろいした「よろずの会作品展」から。

よろずの会」は佐和駅前在住の器用な男性8人が集まって
獅子頭、お面、和凧、木彫、切り絵、枝組籠など
様々な伝統工芸を手がけている大変貴重な存在の団体です。

毎年新年のこの時期になると
トップバッターをお願いしているのですが
今年も見事に期待に応えてくれました。

IMG_9833.jpg

大きな獅子頭は制作するだけでなく
実際にかぶって
自前のお囃子演奏付きで獅子舞を披露され
依頼先から大変喜ばれているそうな。
IMG_9870.jpg

同様に、お面は「おかめひょっとこ」踊りなどにも。
IMG_9869.jpg

大小様々な和凧も派手に展示されています。
IMG_9840.jpg

迫力満点の武者絵がカッコイイ!
IMG_9850.jpg

IMG_9851.jpg

正月気分をさらに盛り上げようと
市内在住の清水順子さんのご協力により
豪華絢爛な「吊るし雛」も飾らせて頂きました。
IMG_9858.jpg

IMG_9861.jpg

この機会に、コミュニティギャラリーで
正月気分を味わってはいかがでしょうか?

会期は1/9(月)まで。



2016年最後のギャラリー展! [展覧会・ギャラリー]

昨日は夕方から、市民交流センターのスタッフが集まり
今年最後のギャラリー展となる
年忘れ ひたちなか・ま作品展」の搬入を行いました。

一応、私が仕掛け人?となって、芸達者なお仲間に
作品提供のお願いをしたところ
様々なジャンルにわたる個性派作品が大集合!!
夜8時近くまで頑張って貰ったおかげで
うまいこと展示を完了できました。

実は、市民交流センタースタッフが中心となった作品展は
今年の正月明けに次いで、これが2度目なのですが
予想以上の素晴らしい出来栄えに、一同〜絶句&感動!
「たまには仲間でこんな展覧会やるのも楽しいよね」
という声も飛び出し、疲れが一気に吹っ飛びました。(涙)

そんなわけで宣伝を兼ねて
明日12/21(水)のオープンを前に画像のみご紹介します。

ひときわ目立つオッシャレ〜な外看板用ポスターは
同僚のKIMURAさんが自宅で考案&印刷し
オープン初日に設置してくれたもの。
困った時、”白馬の騎士”のように颯爽と登場して
たちまち解決してくれる〜とても頼もしい方です。
IMG_9686.jpg

それでは館内をじっくりとご覧ください。
IMG_9665.jpg

IMG_9666.jpg

IMG_9667.jpg

IMG_9668.jpg

IMG_9669.jpg

IMG_9678.jpg

IMG_9677.jpg

IMG_9676.jpg

IMG_9670.jpg

IMG_9671.jpg

IMG_9672.jpg

IMG_9674.jpg

IMG_9673.jpg

IMG_9679.jpg

会期は12/21(水)〜12/28(水)までの7日間です。
(12/27(火)は休館日なのでお間違いなく)

会期中の12/23(金)14~15:30には、鈴木&熊坂さんによる
「アコラ・ギターコンサート」がギャラリー内で開催されます。

慌ただしい年の瀬となりましたが
勝田駅東口Win-Winビル1Fの
市民交流センターコミュニティギャラリーに
ちょっとだけでも息抜きにお立ち寄りください。

なお、市民交流センターとギャラリーは
12/29(木)〜1/3(火)までは年末年始休館となります。

いよいよ2016年のカウントダウンが
急ぎ足で近づいてきましたね。


前の10件 | - 展覧会・ギャラリー ブログトップ