So-net無料ブログ作成

大阪滞在最終日 [歴史・レトロ・旅行]

いよいよ大阪滞在も最終日となり
帰途に着く前にプチ観光することにしました。

先ずは、天王寺駅にある日本一の300mの
高さを誇る「あべのハルカスビル」へ。

オープンしたばかりの3年前に行った時は
大混雑で諦めたのですが
今回は早い時間に行ったので殆ど待たされず
最上階(60階)の展望台「ハルカス300」に到着です。
IMG_0427.jpg

高さ288mからの超絶パノラマに大興奮〜!!
IMG_0432.jpg

IMG_0442.jpg

総ガラス張りの「天空回廊」が圧巻でした〜!
IMG_0429.jpg

58階には吹き抜け構造の「天空庭園」も。
屋外感覚で癒しのランチが楽しめました。
IMG_0428.jpg

一部シースルーの床もあり、高所恐怖症気味な
私は思わずゾクゾク。(´⊙ω⊙`)

追加料金500円で、ジャスト300mの
ヘリポートのある屋上まで行けるのですが
もうここだけで十分過ぎまする。
IMG_0437.jpg


ついで地下鉄で一駅先にある
聖徳太子ゆかりの古刹「四天王寺」へ。

聖徳太子の開基による日本初の官寺で
日本書紀に推古天皇元年(593年)創建と記述のある
由緒ある寺院ですが、度重なる災害のため
古い建物はことごとく失われてしまったそうな。

西側の参道から入ると
何故か〜石鳥居(重要文化財)が?!
お寺なのに鳥居があるのは不思議ですよね。
IMG_0494.jpg

鳥居の先には堂々たる極楽門がお出迎え。

この寺は、南から北に向かって
仁王門(中門)、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ
それらを回廊が囲む「四天王寺式伽藍配置」という
日本では最も古い建築様式だそうです。
IMG_0492.jpg

なので本来なら
南側の参道から入るのがスジなのですが
あいにく主要な建物は大規模な修復工事中!
自由に見て回ることができず残念。
IMG_0466.jpg
IMG_0458.jpg

それでも五重塔は、螺旋階段で最上階まで昇れ
心柱内に安置された舎利塔(ブッダの遺骨?)を
拝むことが出来たので、ラッキーでした。
IMG_0480.jpg

五重塔のすぐ向こう側には
先ほど登頂?してきたばかりの日本一の高層ビル
「あべのハルカスビル」の雄姿が〜!
IMG_0483.jpg

かくして、殆ど駆け足で巡った
”2泊3日大阪の旅”は終りました。


大阪滞在2日目 [歴史・レトロ・旅行]

初日は新大阪駅到着後、地下鉄・御堂筋線の
一つ目の駅で降りて、生活感コテコテの通りを
もの珍しそうにキョロキョロしながら歩いて行くと
やがて娘夫婦宅に到着!(^o^)

2番目の孫くん(2ヶ月)との初対面を果たせましたが
小顔で超かわゆい〜! 抱っこしまくりでした。
IMG_0368.jpg

大阪で定宿にしている格安のビジネスホテルは
新大阪駅から徒歩わずか7分という近さ。

さらに新大阪駅に接続する御堂筋線を利用すれば
SUICA一枚で、梅田や心斎橋、御堂筋、天王寺など
大阪の中心繁華街へのアクセスも超便利なんです。
\(^o^)/

2日目は、朝のうち時間があったので
JR大阪駅(梅田)まで出かけて、巨大複合商業施設・
「大阪駅グランフロント」内の流行最先端の店を
ウインドゥショッピングして楽しみました。

再び娘夫婦宅に行って
孫の通う幼稚園へ出迎えの体験?をしたり
一緒にお絵描きをやったり。
孫が絵の具を塗った4作品をリビングの壁に
貼り付けてあげたら、孫くんは大よろこび!
IMG_0421.jpg

午後9時近くに、好奇心旺盛な孫くんから
解放されてホテルに戻りましたが
歩数計は連日の1万歩越えでした。(´⊙ω⊙`)


ちょっくら大阪まで [歴史・レトロ・旅行]

ただいま〜新幹線の車中!

これから大阪の娘夫婦のところへ行って
昨年12月に産まれた2番目の孫くんに会ってきます。

ゆっくり遊んでいきたいけど
日曜日は予定が入ってるので
残念ながら土曜日中には戻らないと。

通天閣ぐらいなら寄れるかな?
本場のたこ焼き&お好み焼きも!\(^o^)/

いま、熱海駅を通過!
お天気回復しそうかな?



「高校生Artの会」がやってきた! [展覧会・ギャラリー]

私が心待ちにしていた「高校生Artの会作品展」が
今年もついにコミュニティギャラリーにやってきました!

昨日は夕方から、水戸市内の啓明高校、水城高校
ひたちなか市内の勝田高校、勝田工業高校の
4校の美術部員たちが、搬入のため次々に集結。

顧問の先生方も含め約40名ものみなさんで
さほど広くもないギャラリーは
瞬く間に〜人口過密状態に!

たくさんの個性派作品と大勢の高校生に囲まれる中
汗だくでの展示作業となり、かなり疲れました。

先生のご了解を得られましたので
明日からのオープンを前にご紹介します。

***

入館するとミステリアスな作品がお出迎え?
決して手を触れてはなりませぬ。(´⊙ω⊙`)

IMG_0355.jpg

柱の正面には、正統派油彩画大作が
静かに存在感を放っています。
IMG_0331.jpg

以下、壁面には大小の油彩画作品がずらり〜!
IMG_0332.jpg

作品があまりにも多いので、移動式パネルを3枚も追加し
かなり密度の濃い展覧会となりました。
何しろ4校合同での美術展ですからねえ。\(^o^)/
IMG_0333.jpg

楽しそうなイラストやデザイン画ですが
右手奥になにやらセクシーな人形が?
IMG_0341.jpg

わおぅ〜女生徒が作った球体関節人形でした!
IMG_0344.jpg

雨のしずくをイメージした立体作品も。
女の子らしいおしゃれな空間構成です。
IMG_0340.jpg

たくさん展示しようと頑張ったので
まるで「アート横丁」?みたいなレイアウトに。
IMG_0349.jpg

他にも気になる作品をアップしてみました。
IMG_0350.jpg

IMG_0342.jpg

IMG_0336.jpg

男子生徒が作ったこちらの立体作品(椅子)は
お座り自由ということですが・・大丈夫かな?
IMG_0338.jpg

高校生ならではの
自由でユニークな発想による様々な作品が
圧倒的ボリュームで迫ってきます!
各作品には制作者のコメントが添えられているので
こちらもゼッタイ必読ですよ。

会期;2/22(水)〜2/27(月) 10時〜20時 
(最終日は16時で終了)
*毎日17時まで、各校の美術部員さんが
交代で当番を務めてくれます。

ぜひこの機会に
ギャラリーで実際の作品をご覧になって下さい。
たくさんの元気がもらえるかも。




五浦美術館へ [展覧会・ギャラリー]

昨日は北茨城市の県立天心記念五浦美術館へ。

隔年開催の「第8回双風(そうふう)展」が
9/13(水)〜18(月)の会期で開催できることになり
ノン・ブラック代表・大石展子先生と共に
同美術館主催の「平成29年度ギャラリー展説明会」
に出席しました。
IMG_0317.jpg

2年前の「第7回双風展」以来ずっと来てなかったかも?
妙に懐かしい気がしました。
IMG_0318.jpg

館内に入るとすぐに〜雛飾りが!!
IMG_0320.jpg

2/15~3/3まで北茨城市内で開催中の
「北茨城ひなあかり」の一環として
ここにも展示されているそうな。

カントリードール作家・内藤洋子さんたちが
中心になって立ち上げたイベントですが
年々規模が大きくなり今年で10回目に!
IMG_0321.jpg

先ずは館内のレストランでランチしてから
H29年度の貸展示室利用を承認された8団体が
一堂に会する説明会へ。

IMG_0322.jpg

我々はすでに7回も利用しているので
細かいルールは頭の中に叩き込まれていますが
初めて使用する団体さんにとっては悩ましいかも。

こちらは前回(H27年)の双風展の様子で
会場全体の広さは20x25mも。

総展示長100mを越す広〜い会場に
ノン・ブラックの選抜作家12名の大作が
ずらり〜と展示される予定です。

IMG_4299.jpg
IMG_4318.jpg

県民文化センターで毎年開催の
「第58回ノン・ブラック展」(7/11-16)に加え
大作絵画中心の「第8回双風展」の準備も
並行して動き出しました。

単なる妄想?? [好奇心・謎解き]

こんな立派な大根をいただきましたが〜?
IMG_0316.jpg

なんか〜ヘン??   (^_^;)
IMG_0316 (1).jpg

ちなみに、重さは3.3kgもありました。  (´⊙ω⊙`)


SONO家のナンチャッテ?ひな祭り [ライフスタイル]

チャコが、これまで溜め込んだ「ひな祭りグッズ」を
遅ればせながら飾りたいというのでお手伝い。

IMG_0266.jpg

「吊るしびな」は毎年「真壁のひな祭り」に出かけた際に
懇意にしていた作家さんから一連ずつ購入していたら
いつの間にやら、こんなに増えちゃったそうな。

とりあえず、リビングの壁に吊るしてみました。

IMG_0356.jpg

IMG_0310.jpg

玄関に飾ってある渋いアンティーク類の最前列に
”脱力系?のひな人形”を並べてみたら
ぐ〜っと華やいだ感じに。

IMG_0311.jpg

一方、ダイニングテーブルにも
先日「真壁のひな祭り」で購入した村井酒造(真壁町)と
昨日「鵜喜鵜喜」で購入した森島酒造(川尻町)の
「にごり酒」ボトルをバックに並べてみました。
どちらも季節限定だし雰囲気が出るかなあ?

IMG_0305.jpg

せっかくなので
ひな人形を主役にして小料理を並べ
白酒ならぬ〜にごり酒の呑み比べをすることに。

♩〜今日は楽しいひな祭り〜♫

結果は森島酒造(左側)の方が
値段が安いにもかかわらず濃度が濃くて
断然うまかったです〜! \(^o^)/

IMG_0308.jpg

いい大人がこんな能天気なことしてて
いいのかなあ? (^_^;)

新作「ぽっちゃり系婦女子」の続きもやらないとねえ。


春一番と海岸ドライブ [自然・生物・環境]

今日は春一番が吹きまくり
日中の気温は、な・なんと〜21℃まで上昇〜!!
(´⊙ω⊙`)
季節外れのポカポカ陽気と土埃を避けるため
今年初めて冷房付きでの海岸ドライブに。

日立市川尻町の直売所「鵜喜鵜喜(うきうき)」で
新鮮野菜をどっさりお買い物。
やはり早い時間帯に行くと品揃え豊富ですね。
(*^o^*)
すっかりウキウキ気分?になって
ついでに近くの国民宿舎「鵜の岬」へ立ち寄り
IMG_0269.jpg

公開中の「ウミウ捕獲場」を見学することに。
IMG_0270.jpg

全国でもここにしかないという
”鵜飼い用のウミウ”を捕獲するためだけに
設けられた特別な施設で
禁猟期間(1〜3月、7〜9月)に限って
一般公開されています。

担当の方から説明を受け、見学用トンネル内へ。
IMG_0274.jpg

IMG_0275.jpg

IMG_0276.jpg

トンネルを抜けると、そこは雪国?じゃなかった
丸太とコモで作られた「鳥屋(とや)」の中。
IMG_0280.jpg

鳥屋の真ん中に設けられた開口部から頭を出すと・・
IMG_0286.jpg

目の前は果てしなく広がる大海原!
一方、眼下は目のすくむような断崖絶壁という
とんでもなく危険な場所に捕獲場は設けられています。
IMG_0288.jpg

捕獲の方法は
まず、鳥屋の前のわずかなスペースに
おとり用の鵜を5羽ほど繋ぐことで(写真)
"渡り"途中の鵜を安心させて休憩に誘います。

一方、鳥屋の中に潜んでいる捕獲人は
ここぞとばかりタイミングを見計らって
コモの隙間からカギ棒を使い
鵜の足に引っ掛けて鳥屋に引き込めば成功!

ちなみに捕獲人(技能伝承者)さんは5名ほどおられ
市の職員だそうです。(公開期間は3月31日まで)
IMG_0294.jpg

帰る途中、日立駅に立ち寄りました。
いつ来ても素晴らしい光景です!
IMG_0296.jpg

大人気の絶景カフェ「シーバーズカフェ」で
オーシャンビュー&ランチを楽しむことに。
春一番のせいか、水平線が霞んで見えました。
IMG_0297.jpg

加齢じゃなく、華麗なカレーランチで
ちょっぴり贅沢気分を味わいました。
IMG_0299.jpg

明日は今日より10℃も低い気温になるそうで
春から冬へ逆戻り?!
まったく気がぬけませんよね。

ひたちなかの秘密?? [祭り・イベント]

2/14(火)に「市民活動フォーラム2017」が
「NPO法人 未来ネットワークひたちなか・ま」と
ひたちなか市役所・市民活動課の共催で開催され
私もスタッフの一員としてお手伝いしてきました。

今回のテーマは「人が集まるひたちなか市の魅力」。

会場の「ワークプラザ勝田」には、予想を超える
100名以上のみなさんが集まって、たちまち満席に!
IMG_7012.jpg

第1部の講演会では
「ローカル鉄道・地域づくり大学事務局長」の
海野裕氏が登壇し
いきなり「ひたちなかの秘密について」という
あやしい?命題を掲げられたので
聴衆も思わず前のめりになって
以下のような話に引き込まれていきました。

IMG_7033.jpg

・人はなぜ、ひたちなかに集まるのか?
・ひたちなかには、幸福の原点があるのです。

・ひとりひとりがイキイキと、人智を越えたものを
感じながら、互いに救いながら治める街。
・みんなが救いあい、謙虚に時間に向き合うから
イキイキと生きられる。

・自立とは多くの人に依存することである。
・依存する相手が増えるとき人は自立する。

IMG_7048.jpg

・お金は人との結びつきを強めるために使うべきである。
・お金は人との信頼関係を作るために使うべきものである。

・「市民ひとりひとりも湊線も、互いに依存しあうことで
初めて自立することができる」と考えてみては?

・利益がないとダメですか?
・あなたは湊線から他に何ももらっていないのですか?
喜びや思い出や誇りを。

・震災から立ち直った湊線。
人智を越えるものを感知する直感があれば
なにが幸福かわかるはず。

ひたちなかは
本当に大切なのは何かが
わかっている人たちの街といえませんか?

・そんなひたちなかの小さな幸福のシンボル
それが湊線なんです。

IMG_7070.jpg

なんだか依存したくなってきたでしょ?
これが、人が集まるひたちなかの秘密なのです。

依存しあうことで自立する市民の街。
だから積極的に依存しよう!

IMG_7078.jpg

喜びを作りあうことで経済が回る街。
だから積極的に与えよう!

神様が近くにいる謙虚な街。
だからすこし謙虚に行こう。

ひたちなか〜いい街だな。*\(^o^)/*

IMG_7085.jpg

第2部 ギター演奏では
おらが湊鐵道応援団」の音楽部長・みなと源太さん(右端)
お仲間と3名で、潮の香漂う素敵な演奏を披露。

合間には、地元・阿字ヶ浦で生まれた源太さんが
こよなく愛してきた那珂湊と湊線への熱き想いを
方言交じりでとつとつと語られて
思わずジーンときてしまいました。

IMG_7110.jpg

第3部はパネルディスカッション

湊線のユニークな駅名表示板をデザインされた
若きデザイナー・小佐原孝幸氏や
今や全国のローカル鉄道ファンのカリスマ的存在
「おらが湊鐵道応援団」団長・佐藤彦三郎さんらが
パネラーとして登壇。もちろん、みなと源太さんも加わって
我が街、我が住民について大いに語ってくれました。

IMG_7141.jpg
IMG_7129.jpg

地域住民が思いもつかなかった〜ひたちなかの魅力!
我々が当たり前だと思っていたことでも
視点を変えることで
外部の人からはこんな風にも見えるとは?!

まさに目からうろこの感動的フォーラムでした。

第15回 真壁のひなまつり [祭り・イベント]

今日は「真壁のひな祭り」を見てきました。

高速道を利用すれば、我が家から約1時間で到着です。
現地に着いたら、何故かとても暖かいので
セーターを脱いで軽装で徘徊することに。

初回から毎年欠かさず来ているので
マップなしでも迷うことはありませぬ。

IMG_6891.jpg

「いもがら入りけんちん」の
名物女将・きよちゃんの店へ立ち寄ると
今年も似顔絵そっくりの笑顔で迎えてくれました。
(*^o^*)
昨年も同じショットをアップしてるので
まるで昔からの知り合いみたいな気が?
IMG_6876.jpg

根菜類がたっぷり入った熱々のけんちんそば
田舎風でとても美味しかった〜!
IMG_0264.jpg

古民家に入ると、そこは華やかな異空間〜!
年代も様式もさまざまな雛人形たちが
静かに出迎えてくれます。
IMG_6912.jpg
IMG_6861.jpg
IMG_6863.jpg

昨年同様、自称・花咲か爺さんが
二階から通行人に愛嬌を振りまいています。
IMG_6878.jpg

「うっそぉ!人形かと思ったら動いてるよぉ〜?」
「ホントだぁ、本物のお爺さんじゃないのぉ〜?」
な〜んて、能天気な会話も飛び交ったりして
花咲爺さんは人気の的。*\(^o^)/*
IMG_6879.jpg

間口の広い豪商屋敷・潮田家には
江戸時代から続く由緒ある雛飾りがずらり鎮座!
IMG_6936.jpg
IMG_6939.jpg

村井酒造には、頬をほんのり染めた
”日本酒試飲女子?”が〜わんさか!
「これまだ飲んでないわよね?」なんちゃって。
おいおい、帰りの運転は誰がするんじゃ〜!?

立ち入る隙がないほどの人混みをかき分けて
チャコの大好物?「にごり酒」を
なんとかゲットできました。
IMG_6921.jpg
IMG_6923.jpg

やはり〜真壁の街には和服が似合いますね。
IMG_6906.jpg

大好きな「真壁のひな祭り」は
今年で15年目の節目を迎えました。

大震災では数多くの由緒ある屋敷が被害を受けて
歯抜け状態が続きましたが、徐々に復旧が進み
近年は元の華やかさを取り戻してきた感があります。

まだご覧になってない方は
お天気の良い日にでも
ぜひ気軽に出かけてみてください。
きっとクセになりますよ。(3月3日まで)