So-net無料ブログ作成
検索選択

傾向と大作?? [アート・カルチャー]

いよいよ2016年も残りあと数時間となりました。

ところで早くも来年のビッグニュースが!
大作絵画中心のビエンナーレ「双風展(そうふうてん)」が
ノン・ブラックの選抜会員12名により9月に
県立天心記念五浦美術館で行われることに決まりました〜!
(@_@)
そんなわけで双風展に向けての”傾向と対策”は
今年7月のノン・ブラック展に出品(下図左側)した
「平成保茶利系婦女子風俗圖」(F100号x4枚連結)
ただいま制作中の新作を繋いで
縦1.6mx横10.4mという超大作を出品しようと
日々悪戦苦闘して企んでいるところ。
σ(^_^;)
半分の”女子バンド”(右側)は完成間近なんですが
残り半分は・・? 

うまくいけば、私好みのポッチャリ娘たちが
キャンバスに大輪の花を咲かせてくれるはず。
(*^_^*)
計画倒れにならなければ良いんですけど
横幅10mの超大作〜実現できるかなあ?

まあ〜最後は時間が解決してくれることでしょう。

IMG_9822.jpg

私にとっては殆ど病気もせず良いこと続き
好きなことが存分にできた素晴らしい一年でした。

IMG_9789.jpg

本年の記事はこれが最終となります。

"他人に優しく、自分に甘く"をモットーに
来年もマメに?能天気な記事をお届けしますので
どうか懲りずにご愛読のほどよろしくお願い致します。


'16 那珂湊の招福的歳末風景 [祭り・イベント]

大阪へ長期出張のチャコ様は
なんとか年内に一時帰宅?できて
私の”独身貴族”の記録は20日間で一旦打ち止めに。

今日は墓参とお歳暮などの購入を兼ねて
那珂湊へ行きましたが、恒例の”暮市(くれいち)”を
ホコ天でやっているため道路はどこも大渋滞〜!!

那珂湊おさかな市場県外からも
熱烈な那珂湊ファン?が大挙して押し掛けてくるので
まるでアメ横並みの混みよう。(@_@)

これでも魅力度ランキング万年最下位県だなんて
一体どこのドイツが決めているんじゃ〜〜!! (怒)

IMG_9800.jpg
IMG_9810.jpg

チャコの実家へのお歳暮には
毎年「新巻鮭」を届けておりますが
今年は特にお世話になったので
奮発してワンランク上の”紅鮭”に!

値引き交渉の結果、1500円もまけてもらいましたが
ダメ元でも粘ってみるものですね。(*^_^*)
IMG_9807.jpg

お魚市場で買物の後は
昭和の香りただよう"那珂湊の暮市"を見物。
以前よりかなり規模が小さくなりましたが
カラフルな縁起物を見て歩くのは非日常気分です。

こちらの縁起物シリーズは
一番小さいものでも3000円位はするそうで
買い求めるにも勇気が必要かも。σ(^_^;) 
などと講釈を語ってるうちに
ありゃ〜チャコさんゲットしちゃったの?!
IMG_9795.jpg
IMG_9790.jpg

大判小判、米俵、七福神、めで鯛、鶴と亀、賽子
松竹梅、破魔矢、家内安全、大入り、商売繁盛などなど
思いつく限りの招福アイテムを満載した
豪華絢爛&極彩黄金色な超縁起もの!!

一番大きいものは数十万円もするそうですが
一体どんなお大尽が購入されるのやら??
IMG_9798.jpg

実家へお歳暮を届けたら
おねえさんが丹精込めて作った
縁起の良い黄金色の「干しいも」を
今年も頂戴しました〜!
IMG_9767.jpg

冷蔵庫に入り切れないほど大量の食料を確保して
SONO家の能天気な越年準備は完了〜!!


勝田駅東口の立食いソバ屋 [料理・食材・グルメ]

先週、「ひたちなか・ま作品展」の臨時当番を
していたらお昼時に。

テナント続きのローソンで弁当を買って
ギャラリー奥のバックヤードでひっそり食べるか
それとも誰かと交代で、ホテル・テラスインの
「和食の店・米寿」でリッチな食事をするなどの
選択肢があるのですが・・。(*⁰▿⁰*)

たまたまお仲間に勧められて
勝田駅東口のエスカレータ裏手にある
立食いソバ屋」を初めて利用しました。
(店があるのは知ってましたが・・)

IMG_9684.jpg

"駅の立食いソバ"〜私には懐かしい響き!!

現役時代、JRを利用することが多かったので
麺つゆの匂いに誘われてよく利用したもの。
近頃は殆どご無沙汰しておりますが・・。

エスカレーター下の空きスペースに設けられた
小さな店は、駅構内ホーム側の店と厨房が共通で
店員一人で両方の客を掛け持ちできる合理的な構造。

ともかく、駅に入らなくても
懐かしい立食いソバが食べられるのは嬉しい!

IMG_9685.jpg

店内は4人程度が利用できる狭い立ち席があるだけ。
券売機で食券を買い求め店員に渡すのですが
雰囲気がショボいせいか
私がいる間に入って来た客は全員が男性!
雰囲気重視の女性客には入りにくいのかも。σ(^_^;)

IMG_9710.jpg

壁に貼られたメニュー表とは別に季節限定で
私の大好物「けんちん そば・うどん」を
やっているそうなので
迷わず「けんちんそば」(450円)を注文!

IMG_9709.jpg

「けんちんの具を温めるので少し時間を下さいね」とおばちゃん。

この手の店だから、味なんて期待するのは無理と思っていたら
意外や意外、と〜ても美味しいのでびっくり!
量的にも私には十分だし〜お得感満載!!
(*^_^*)
すっかり味をしめ、2日続けて通ってしまいました。

IMG_9711.jpg

こだわらなければ、麺類は"立食いソバ屋"で十分!

そう言えば
私の行きつけの水戸市内の個性派「黄門そば」も
極太手打ちうどんの「いずみや」も
店の雰囲気はイマイチだけど〜美味さは抜群!!
逆に値段の高そうな店に限って〜"味見したのかよ!"と
文句付けたくなること多いです。(≧∀≦)

ニトリのCMじゃないですが、麺類に限らず
"お値段以上"の食の店に出合うと感動しますよね?

IMG_9708.jpg

今夜も交流センターの帰りに、また「けんちんそば」が
食べたくなり立ち寄ってしまいましたが、ほとんどビョーキ?

誰もいなかったのにすぐ後から通勤者らしき男性3人が
次々と入ってきて狭い店内はたちまち満席に!

 営業時間:平日は8:30-22:00

冬にも花の楽しさを! [自然・生物・環境]

またまた海浜公園ネタで恐縮です。
「お前は海浜公園の宣伝マンか?」と言われそう。(汗)

花の少ないこの時期
太平洋を望み広々とした空間を有する「グラスハウス」では
海浜公園らしからぬ〜造花を使った室内アレンジと
窓の外にはアイスチューリップを使った合わせ技で
冬にも花の楽しさを創出しようという新企画
パシフィック アートフラワー プロジェクト」が
開催されています。

入館前のわくわく感を盛り上げようと
入口ドアに貼り付けられたブルーの模様は
まるで「サンタフェ」では?!

かつて、異色の写真家・篠山紀信が、若干18才の
人気女優・宮沢りえの匂い立つようなヘアヌード撮った
衝撃の写真集・サンタフェが爆発的大ヒットに!!

その表紙を飾ったドアの模様がこちらとそっくり!
ドアの模様の隙間から、全裸のりえ様がチラ見えという
センセーショナルな構図だったので
鮮明に記憶していたのかも。(@_@)
IMG_6584.jpg

中に入ると、みなさん静かに
自分だけの精神世界に浸っている様子も。
IMG_6586.jpg

視線の先には何やら一対の白い扉のようなものが??
IMG_6588.jpg

あらら〜先程のサンタフェ風の扉ではありませぬか。
いったいどんな意味があるのかな?
IMG_6591.jpg

窓の外の池には
アイスチューリップ(まだ3分咲きでした)
プランターがいくつも並んでいます。
IMG_6593.jpg
IMG_6599.jpg

期間中ここで、花にちなんだクラフト作り体験などの
イベントが楽しめるそうで、この日もやっておりました。

IMG_6596.jpg

ポスターに、お仲間・寺木久美子さんの名前を発見!
多忙な彼女はこんなところでも活躍されているんだ。
IMG_6603.jpg

来年の2/19(日)までやってます〜!

華麗なるクリぼっち? [アート・カルチャー]

近頃は、”ひとりぼっちのクリスマス・イブ”のことを
クリぼっち」と言うそうな。

そんなら目下、独身貴族中の私も〜クリぼっち
でも、そうは問屋が卸しませぬ!

行きつけの?水戸芸術館が、気の毒なクリぼっちのための
超豪華な救済企画?をぶち上げてくれました。
題して「パイプオルガン・プロムナード・コンサート
クリスマス・スペシャル」という無料の演奏会なんです。

定期開催している「プロムナードコンサート」は
月2回、週末の日中に20〜30分程度
東京芸大の学生さんが出張演奏?してくれるのですが
今日はイブという特別な日なので夕方6時からの開演に。

しかも女性のプロ・オルガニストにソプラノ歌手も
加わるという超豪華版なんです。(@_@)
特別な日なので、普通なら何千円もとられるのに
こんなお得な企画〜絶対に見逃せませんよね。

開演までまだ時間があるのでその前に
今月17日から現代美術ギャラリーで始まったばかりの
こちらの↓企画展を見て回ることに。
IMG_6636.jpg

地球上の秘境や古代遺跡、危険なエリアなどを
命がけで撮影したという貴重な写真が
趣向を凝らして展示してありました。
IMG_6605.jpg
IMG_6610.jpg
IMG_6611.jpg

最後の「石川直樹の部屋」には彼が実際に使っている
撮影機材や野営装備、さらには現地人との交流で入手した品々も。
これらを見る限り、彼は写真家というよりも殆ど冒険家?!
IMG_6614.jpg

定刻が近ずくと、会場のエントランスホールは凄いことに。
用意された座席は埋め尽くされ、2階の立ち見席までギッシリ!
しかもパイプオルガンが神々しく輝いているでは!?
これぞ、神ってる?
IMG_6621.jpg

曲目はイブにふさわしく
賛美歌とクリスマスソングを中心に
美人ソプラノ歌手との華麗な共演や
ガーシュウインの「ラプソデイ・イン・ブルー」の
パイプオルガンによる効果抜群の演奏も!

ソプラノ歌手の肉声がオルガンに引けを取らず
広い会場にビンビン響き渡って大感動〜!!

約1時間にわたる素晴らしい演奏を存分に堪能しました。
IMG_9758.jpg

こんなか細い方(後ろ姿)が
会場を震わせるほどの声量の持ち主なんですが
人間見かけだけじゃ分かりませんよね。
IMG_6638.jpg

外に出てみれば、辺りはとっぷり暮れて
IMG_6624.jpg

目の前には美しくライトアップされたタワーが!
ひぇ〜! タワーも神ってるぅ〜!(◎_◎)
IMG_6626.jpg

IMG_6634.jpg

独身貴族にふさわしい〜とても贅沢で財布にも優しい
クリスマス・イブとなりました。


独身貴族 兼 専業主夫的生活 [ライフスタイル]

ここ2週間ばかり
チャコ様はわけあって?大阪へ長期出張中!

なので当然ながら私は独身貴族というか
専業主夫的生活を送っているところ。

実に2011年の東日本大震災で行き別れ?に
なって以来の出来事なんです。

IMG_9713.jpg

元々"すれ違い夫婦"なので殆ど変わりばえしませんし
マイペースで生活できるので気楽なものですが
さすがに生活維持のため結構やることが増えました。

ご近所の「ゴミ回収場所」の掃除当番も廻ってきますし
回覧板だって早めに次のお宅に廻さないと。
日中は殆ど留守にしているので、時節柄
宅配便の不在連絡票が頻繁にポストに入っていたり
チャコ様向けの重要書類も結構届くので
専業主夫はそれなりに忙しい〜! (@_@)

IMG_9742.jpg

洗濯物が溜まっちゃったけど
ドラム式洗濯機の使い方がわからないので
止むを得ず取説を見ながら洗剤を2種類入れたら
乾燥までしっかりやってくれたので
妙に感動したりして・・。

IMG_9694.jpg

今週は初めて「クリーンセンター」なる
燃えるゴミの持ち込み処理施設を利用しました。

年々溜まる一方の大型キャンバスで
我が家の収納スペースはパンク寸前!

なので、出来の悪い?100号キャンバス5枚を
車のキャリアに積んで放出!
ついでに長いこと物置にしまいっ放しの
大形粗大ゴミまで持って行きましたが
重量計測結果は〜なんと無料に!

こんな便利な施設が我が家から10分ほどの距離に
あったとはねえ。”目からコンタクトレンズ”でした!?

IMG_9748.jpgIMG_9749.jpg

必要に迫られて料理にもトライしておりますが
若い頃キャンプで鍛えた黄金の腕?など〜忘却の彼方へ。
IMG_9680.jpg

村上春樹の小説に刺激されて
前からやりたかった"男のパスタ料理"に挑戦してみたら
味はそこそこだったけど、見栄えがイマイチ〜!
なんとかリベンジしないとね。
IMG_9744.jpg

それでも徐々に料理するのが楽しくなりましたが
気がつけば、まるで”独居老人”の実習してるみたいな?
IMG_9681.jpg
IMG_9689.jpg

今日は午前中、コミュニティギャラリーの当番をやった後
ファッションクルーズに行ったら
平日の金曜日なのになぜか駐車場は満車で
店内はお祭りみたいに大にぎわい?!
えっ、これってどういうこと? (@_@)

な〜んだ!今日は祝日だったんじゃないの?
ほとんど浮世離れした独身貴族だわい。(^-^)

店内では「クリスマス・スペシャルライブ」が!
若い女性がオヤジバンドをバックにハーモニカで演奏する
「黒いオルフェ」のせつないメロディーに
しばし聞き惚れてしまいました。
IMG_9741.jpg

洗濯機が乾燥までやっと終了し
今日も無事に独身貴族の一日が終わりました。
IMG_9743.jpg

明日のクリスマスイブは何をしょうかな?
チャコ様の長期出張はいつまで続くやら?
それより、明日の朝食メニューは??

SONOの独身貴族生活はさらに続きます。



2016年最後のギャラリー展! [展覧会・ギャラリー]

昨日は夕方から、市民交流センターのスタッフが集まり
今年最後のギャラリー展となる
年忘れ ひたちなか・ま作品展」の搬入を行いました。

一応、私が仕掛け人?となって、芸達者なお仲間に
作品提供のお願いをしたところ
様々なジャンルにわたる個性派作品が大集合!!
夜8時近くまで頑張って貰ったおかげで
うまいこと展示を完了できました。

実は、市民交流センタースタッフが中心となった作品展は
今年の正月明けに次いで、これが2度目なのですが
予想以上の素晴らしい出来栄えに、一同〜絶句&感動!
「たまには仲間でこんな展覧会やるのも楽しいよね」
という声も飛び出し、疲れが一気に吹っ飛びました。(涙)

そんなわけで宣伝を兼ねて
明日12/21(水)のオープンを前に画像のみご紹介します。

ひときわ目立つオッシャレ〜な外看板用ポスターは
同僚のKIMURAさんが自宅で考案&印刷し
オープン初日に設置してくれたもの。
困った時、”白馬の騎士”のように颯爽と登場して
たちまち解決してくれる〜とても頼もしい方です。
IMG_9686.jpg

それでは館内をじっくりとご覧ください。
IMG_9665.jpg

IMG_9666.jpg

IMG_9667.jpg

IMG_9668.jpg

IMG_9669.jpg

IMG_9678.jpg

IMG_9677.jpg

IMG_9676.jpg

IMG_9670.jpg

IMG_9671.jpg

IMG_9672.jpg

IMG_9674.jpg

IMG_9673.jpg

IMG_9679.jpg

会期は12/21(水)〜12/28(水)までの7日間です。
(12/27(火)は休館日なのでお間違いなく)

会期中の12/23(金)14~15:30には、鈴木&熊坂さんによる
「アコラ・ギターコンサート」がギャラリー内で開催されます。

慌ただしい年の瀬となりましたが
勝田駅東口Win-Winビル1Fの
市民交流センターコミュニティギャラリーに
ちょっとだけでも息抜きにお立ち寄りください。

なお、市民交流センターとギャラリーは
12/29(木)〜1/3(火)までは年末年始休館となります。

いよいよ2016年のカウントダウンが
急ぎ足で近づいてきましたね。


大洗曲松の路地裏社寺巡り [好奇心・謎解き]

「曲松のれん街」の途中から狭い路地に入ると
突き当たりの小高い丘の上に
西福寺の本堂が見えてきます。
IMG_9579.jpg
IMG_9580.jpg

広い境内には堂々たる構えの本堂のほか
多数の関連施設が立ち並び
右手には北関東三十六不動尊霊場
第二十八番札所となっている「開運不動尊」も。
IMG_9581.jpg

お堂の右手斜面の山道に架かる朱塗り鳥居を
くぐっていくと
IMG_9584.jpg

周囲を小さな池に囲まれた可愛い弁天堂が。
IMG_9585.jpg

さらに山道を登り詰めていくと質素な「金比羅神社」が。
付近はかなりの高台で
海が一望できる眺めのよい場所です。
IMG_9586.jpg

金比羅神社から急な石段を降りると
元の狭い生活道路に通じています。
IMG_9587.jpg

大きな建物の裏手を通ると、なぜか酒粕の匂いが??
なんと〜そこは「月の井酒造」の裏手にあたるのでした。

IMG_9589.jpg

途中、犬飼稲荷神社という珍しい名前の神社が
あったので、赤い幟に誘われて立ち寄ってみると。
IMG_9588.jpg

社殿の前に何やら張り紙が??
「突如、御本尊様が不明となったので
心当たりの人?は返して欲しい」
という切迫した内容でした。
IMG_9591.jpg

管理の行き届かない社祠から御本尊が盗まれたり
石像が破壊されたりという事件はよく聞きますが
まさかこんな近くでも起こっていたなんてねえ。
氏子の皆様にはホントお気の毒です。

そんなわけで、神の使いであるおキツネ様の
表情もどこか元気のないご様子でした。(涙)
IMG_9592.jpg

小さなエリアをちょこっと徘徊しただけで
いろんな場面に遭遇しました。
知的徘徊はボケ防止にも役立ちますよ〜きっと!




ガルパン徘徊〜大洗神社へ [好奇心・謎解き]

ガルパンの足跡を辿って
ついに聖地中の聖地である大洗磯前神社へ。

やや薄暗くなってきたのですが
ここにも若い男女や男性グループなどが
けっこう来ておりました。
IMG_9657.jpg

拝殿脇にジャンボ絵馬が2枚立ってるけど?
IMG_9655.jpg

一つは年末恒例の干支の絵馬。
酉年にちなんで、一対のニワトリが
日の出の太陽と荒波を背景にして
大きく鮮やかに描かれております。
IMG_9646.jpg

その左手にはやはり
メンバー総出演の「ガルパン・ジャンボ絵馬」が!
ガルパンの勢いは商店街のみならず
聖地・大洗神社にまで進出しちゃったのですねえ。
IMG_9647.jpg

吊り下げられた膨大な数の絵馬を見て回ると
イラストや漫画系の絵馬が増えてきましたが
左手のブルーのは「ガルパン絵馬」でした。
IMG_9652.jpg

さらによく見ていくと、なんと〜そこには
「大洗の虚舟(うつろぶね)の謎が解明されますように」
どんぶり型の「虚舟」が描かれた絵馬があるでは?!
IMG_9651.jpg

どうやら虚舟が漂着したのは
鹿島灘の波崎海岸だけでなく
ここ大洗海岸という説もあるんですねえ。

パワースポットとして全国的に有名な神磯には
「西暦856年に2柱の神様(大己貴命、少彦命)が
降臨され、大洗神社と酒列神社(ひたちなか市)に分けて
お祀りした」ということで、詳細な内容が古文書に
記載されているほどですから。

先日、愛読者で大洗町在住の「ポテト姫」様から
大洗神社の近くに『茶釜神社』というのが実際にあり
「うつろ舟」と何か関連があるのでは? 」
というコメントを頂いたのを思い出しましたが
虚舟」の形が「」に似ているからかなあ?

早速、境内にある「茶釜稲荷神社に立ち寄ってみることに。
IMG_9625.jpg

社の近くには「大甕磯神社」と刻まれた石碑が?
もしかして日立市の大甕神社と何か関係があるのかなあ?
」と「(かめ)」はよく似た形だしねえ。
虚舟=釜=甕〜という図式に?
IMG_9629.jpg

風化して判読しにくいのですが、こちらの石碑には
左から「大甕磯神社」「茶釜稲荷神社」「櫛形山神社」
の文字が刻まれており、本家?の茶釜稲荷神社に
他の2社が合祀されているようでした。

由来がまるでわからず、もはや調査はこれまで。
IMG_9634.jpg

大洗神社の鳥居から望む太平洋。
漂着した虚舟と大洗神社の御神体
まるで時代が違うけど、類似のSF的事件なのかなあ?
なんだか不思議な気分になりました。
IMG_9658.jpg

ガルパンを追いかけていたつもりが
いつの間にか「虚舟伝説」にすり替わっておりました。
知的徘徊?楽しかったですよ。


大洗ガルパン聖地徘徊 [好奇心・謎解き]

急に大洗町に行きたくなって、久しぶりに
昭和の香りムンムンの「曲がり松のれん街」界隈
徘徊してきました。

広い海岸通りから「大洗文化センター」の方に右折し
その先の消防署と町役場のある道路を直進すると
「曲がり松のれん街」のスタート地点に出て
親切にもこんなに楽しい案内大看板が!

コンパクトな町並みなのに那珂湊と同様
歴史と楽しさがぎっしり詰まった私好みのエリアです。
IMG_9596.jpg

土曜日にもかかわらず人通りが少ないようですが
右手には「月の井酒造」が存在感を誇っています。
IMG_9597.jpg

10年前にここでスケッチしたことがあるので
とても愛着を覚えます。
今は寒仕込みのシーズンかな?
お願いすれば酒造工房が見学できるかも。
IMG_0039.jpg

通りにはいろんな業種の店が軒を連ねておりますが
店頭には必ず等身大のミニスカ・ガルパン娘が
立っているので、これを見て回るのも楽しそう。
IMG_9601.jpg

レトロな商店街が、今風のガルパン娘のおかげで
すっかり息を吹き返してきた感じでよかった!

まさに「ありがとうガルパン!」ですねえ。
IMG_9607.jpg
IMG_9604.jpg
IMG_9605.jpg
IMG_9608.jpg

中でも
ガルパン・オタクにとって最大の聖地がこちらの
割烹旅館「肴屋(さかなや)本店」らしいです。

ガルパンのアニメには実際の大洗町内の風景も
たくさん登場してきます。
町内を駆け巡る戦車がこの店に突っ込むシーンがあり
虚構と現実が混在する不思議な物語。
ガルパン・オタクにとってはたまらない魅力かも。

あらら〜右手の等身大パネルはこちらの若旦那では?!
以前、仕事で何度か若旦那にはお会いしましたが
まさか、こんなに人気者になろうとはねえ。
IMG_9610.jpg
IMG_9611.jpg

美人女将のいる「甘太郎」も健在でした!
IMG_9612.jpg

大洗を代表するスイーツ”みつだんご”の店がこちら。
店内には聖地徘徊中の若い男性グループの姿も。

「味の店 たかはし」の店頭にはガルパンと共に
こちらの看板娘(名前わすれちゃった?)の
等身大パネル(左)がしっかりと立っているでは!!
商売繁盛でよかったね。
IMG_9614.jpg

「村井酒店」の超個性的な店構え。
2階に看板代わりに飾ってあるヨットは
実際にオーナーが所有していたものだとか。
お金持ちなんですねえ。

ここにもオーナーの等身大パネルが。
IMG_9616.jpg

通りには、何組もの若い男性グループが
興味深げに聖地徘徊しておりましたが
不思議と女性グループは見当たりませぬ。
IMG_9617.jpg

「大洗リゾートアウトレット」にやってきました。
2階バルコニーからは
停泊中の大型フェリーがよく見えます。
IMG_9621.jpg

レストラン街もガルパン人気にあやかって
若者たちで賑わっていました。
IMG_9622.jpg
IMG_9623.jpg

こうなったら聖地中の聖地
大洗神社にも行ってみないと。(続く)