So-net無料ブログ作成
検索選択

晩秋のリッチな森林浴 [自然・生物・環境]

今日は二人ともオフなので
これ幸いと、”SONO家の裏庭・海浜公園”へ。

今回は西口ゲートから
人気の少ない「ひたちなか自然の森」の
雑木林を散策することに。

散策路には落ち葉がぶ厚く堆積しているので
歩くたびにフカフカして
まるでリーボックの高級ウオーキングシューズを
履いているみたいに、疲れ知らずに歩けそう!
IMG_9234.jpg

小鳥たちのさえずり声や
風にそよぐ葉音、芳しい樹液の薫りを感じながら
ちょっぴり贅沢な気分に浸れます。(*^_^*)
IMG_9267.jpg
IMG_9241.jpg
IMG_9239.jpg

いつの間にか、広大な樹林の中に
新たな散策コースが何本もできており
案内板なども整備されているので
ワクワクしながら楽しく巡ることができました。
IMG_9236.jpg
IMG_9235 (1).jpg

ヤマザクラの巨木を何本も見かけました。
春の開花時に出合ったら感動しそう!!
IMG_9257.jpg

なんと〜コースの途中には
オオタカの巣営地もあるそうな。
IMG_9247.jpg
IMG_9249.jpg

そうこうしているうちに広い舗装道路に出て
「沢田湧水ネイチャーハウス」に到着です。
IMG_9248.jpg

本日の走行歩数は7000歩。

シーズンオフの晩秋の海浜公園で
広大な樹林を二人占め?して
思う存分森林浴を楽しむことができました。

話は変わって
少し遅めのランチは大洗町の「カキ小屋」で。
IMG_9277.jpg
IMG_9271.jpg
IMG_9272.jpg

ジャンボな「カキフライ定食」を
腹一杯食べられたし、大満足な一日でした。(*^o^*)





今年もイルミネーション!! [ライフスタイル]

昨日の雪空&極寒がまるで様変わり?
素晴らしい晴天ではありませんか!!
(*^_^*)
すっかり嬉しくなっちゃって
今年も高齢?じゃなかった恒例の
"歳末イルミネーション"を
葉の落ちたシャラの木に取り付けました。
IMG_9211.jpg

晩秋ともなれば、シャラの紅葉が
お抱えシェフ?の格好の素材として
料理の彩りにも使えますし
落葉すればイルミネーションのツリーとしても。
シャラは四季を通して
とてもお役立ちの落葉樹なんです。
IMG_9213.jpg
IMG_9209.jpg

2階ベランダと地上からの高所作業になるので
かなり面倒ですが
これも”SONO家の風物詩ということで
元気なうちは毎年続けようと思っています。

辺りが薄暗くなると、センサーが作動して
青と白のLEDランプが美しく点灯しました!
( ◠‿◠ )
IMG_9216.jpg

リビングルームから見るとこんな感じに。
リッチなひと時を過ごせそう。\(^o^)/
IMG_9219.jpg

今年も勢いよく月日が過ぎちゃって
いよいよ、あわただしい歳末に突入ですね。

新米?にも優しい「もみすり精米機」 [料理・食材・グルメ]

チャコの実家からいただいた「もみ付き新米」を
「ジョイフル本田」に出掛けて精米してきました。

たいていの精米機は、”玄米”からしか利用できない
のですが、こちらのは”もみすり”からもOK!
しかも音声ガイド付きの最新型なので
年に1~2度しか利用しない我々のような新米?にも
分かりやすくて大助かり。

扉を開けると早速「いらっしゃいませ〜♪」の音声ガイドが。
IMG_9104.jpg

音声ガイドに従って、1)コインを投入し
IMG_9105.jpg

2)「もみ・玄米投入口」に持参したモミ付き米を入れ
IMG_9106.jpg

30kg袋の中味が全部入ります。
IMG_9103.jpg

3)希望するメニューのボタンを押せば稼働開始!
IMG_9105.jpg

4)「白米タンク」に精米した米が溜まるので
IMG_9111.jpg

排出口に米袋をセットし
足踏みレバーを押して米を取り出し
IMG_9110.jpg

アラームが鳴れば、精米は全て終了!
釣り銭が出てきて、料金はわずか270円でした。
IMG_9112.jpg

ボリュームは元の約半分ほどになりましたが
挽きたてのコーヒー同様
精米したての新米が食べられるなんて
なんという贅沢の極み。




焼肉ストリート? [料理・食材・グルメ]

先日、久々に夕方ウオーキングしていたら
33m通りの馬渡地内に
煌々と灯りのついた店が新装オープンしていました!

その名も「本格焼肉 カルビ大将」〜!!

「メガネ・パリ ミキ」の隣には以前「シャボン」という
コインランドリーがあったはず?
いつの間にやらこの辺りが様変わりしてました。

IMG_9096.jpg

気になるので店の近くを通ってみることに。
ほほう〜駐車場へは店の脇から入るんだ。

IMG_9098.jpg

100分で食べ放題2400円〜だけど
中学生は1280円、65歳以上は1980円だって。
小食なわたしゃ〜果たして元が取れるのやら?
IMG_9099.jpg

近くには「ステーキ宮」や「焼肉なんちゃら?」
さらには1串80円の「串焼き??」などもあり
この辺はさながら〜焼肉店密集地帯?

せっかくですが、散歩ついでに気軽に立ち寄れる
私好みの小さなイタリア料理店
なんかできたらうれしいんだけど。




大地震後の海浜公園 [自然・生物・環境]

大地震の後なので
大事をとって本日の東京徘徊は取りやめ
代わりに海浜公園を徘徊することに。

お天気が良くとても暖かでしたが
コキアが終わった後の海浜公園はまるで別世界。
来場者もチラホラで静寂そのものでした。

イチョウが青空に映えて見事な美しさ。
IMG_9148.jpg

落ち葉まで美しい!!
IMG_9149.jpg

こちらのイソギクも黄金色でした。
IMG_9151.jpg

赤い実が鮮やか〜!!
IMG_9152.jpg

大の人気を誇った「みはらしの丘」は
来シーズンに向けて衣替え中!
IMG_9153.jpg

「香りの谷」では紫色が眩しいです!
IMG_9197.jpg

目立つような花はなくとも
美しい紅葉が代わりを務めておりました。
IMG_9202.jpg

本日の傑作はこちら〜!!
「みはらしの丘」麓のトイレで発見しましたが
うまいことひねり出しましたねえ。
座布団3枚あげちゃおう〜!
(*^_^*)

IMG_9156.jpg

テレビを見たら、ニュースは大地震一色!
大震災から5年ぶりの津波警報!
そんな最中に
海浜公園を徘徊するなんて不謹慎だったかも?
σ(^_^;)

気が付けば何と
12,000歩も歩いちゃったけど・・・。(汗)


地震に起こされちゃた! [健康・トラブル]

ちょうど朝の6時頃〜久々に大きな地震が!!

枕元のスマホから地震警報アラームが
鳴ったかと思ったらグラグラ揺れ始め
結構長い時間”横揺れ”していたので
船酔い状態になってしまうほどでした。

ヤフーニュースで初めて震源地が福島県沖で
震度5弱、津波警報も出ていることを知りました。
その後も弱い余震が数回続いたりして。

幸い被害はありませんでしたが
今日予定していた東京巡りは中止することに。
森美術館と国立東京博物館に行きたかったんだけどね。

法事は無事に終わったし、幸い二人ともオフだし
天気はまずまずだしと〜条件が揃っていたのですが
今日はおとなしく家にいた方がいいよ”という
天の声?なのかも。

何事にも動じない「ひなたくん」が
今日も能天気に首を左右に振り続けています。
IMG_9147.jpg

それにしても「災害は忘れた頃にやってくる
昔の人は適切な格言を残してくれたもの。

みなさんのところは大丈夫でしたか?







とてもかわいいお客ちゃま [ライフスタイル]

昨日は、父の七回忌法要ということで
普段はなかなか集まることのできない
兄弟とその子どもたちが
京浜地区や、遠くはイギリスからも参加して
久々に極上のひと時を過ごしました。

そんな中、最年少は生後8ヶ月の女の子Yちゃん!
小さな体、とびっきりの笑顔に癒されて
誰もがメロメロ状態でした。(*^_^*)

ちっちゃな手からも
可愛さが増幅されて伝わってきます。
IMG_9133.jpg

なので、靴下にはこんな注意書きも?
IMG_9139.jpg

これからますます
Yちゃんの成長ぶりに目が離せません。



「うつろぶね」番外編 [好奇心・謎解き]

好奇心全開で楽しんだ「県北芸術祭」も
昨日で終了してしまいました。
もう一度「虚舟ミニミュージアム」に行きたい
と思っていたのですが、叶わず残念。

ところがその後、ツタヤで立ち読みしていたら
こちらの”不思議満載な雑誌”を発見!

IMG_9140.jpg

な・なんと〜「うつろぶね」の記事が
4ページにわたって詳細に載っていたので
思わずゲットしてしまいました。

IMG_9141.jpg
IMG_9142.jpg

これが最も有名な絵図で
舟の外観や寸法、舟に書かれていた
奇妙な文字、乗っていた異国女性の服装や髪型
など、詳しい解説が添えられておりました。
IMG_9143.jpg


そればかりか
現在、六本木の森美術館で開催中の「宇宙と芸術展」でも
「うつろぶね」のコーナーが設けられ
さらには、ミステリー雑誌「ムー」とのコラボで
各種「うつろぶねグッズ」を商品化して販売中という
まさかの展開にビックリでした!

まさに、”意思あるところに道あり”とかで
本当に不思議なつながりがあるもの。
これも能天気人生の醍醐味なんでしょうかねえ。

魅力度ランキングワースト記録更新中の本県にも
世界的レベルの知的財産?があったんだ。

会期は1月9日まで。
自称・ミステリーハンター?としては
なんとか見に行かないとね。


県北芸術祭「高萩市の巻」〜sono2 [展覧会・ギャラリー]

県指定有形文化財穂積家住宅にやってきました。

ここは江戸時代中期の豪農の屋敷。
高戸小浜同様、生徒さんを引率してスケッチに
訪れた場所なので懐かしいです。

格調高い長屋門をくぐると・・・

IMG_6134.jpg

藁葺きの屋根を持つ
重厚な主家が控えています。
IMG_6126.jpg

作品は屋内と主家を取り囲む庭に展示してあるので
まずは日本庭園を回遊しながら拝見することに。
IMG_6108.jpg

木立の中の数カ所に
県内在住の陶芸家・伊藤公象氏による
陶磁土の塊を襞のように加工したピースが
多数個並べられているのですが・・・。
IMG_6110.jpg

これっていったい〜陶芸?ガラス工芸、それとも彫刻?
ジャンルを軽々と超えて、なんとも不思議な集合体?
俗な私には、奥歯のようにも見えたりして・・。
IMG_6113.jpg

昔の農機具を収納している納屋にも作品が!
アメリカ人女性作家によるもので
アルミニウムの細い紐で作った網状のものが
何かの形を表現しているようなのですが??
IMG_6128.jpg

近づいてみると、それらが
様々な表情の人の顔のようにも見えたりします。
IMG_6129.jpg

主家内の「衣装蔵」の中は真っ暗!
最初はよく見えませんでしたが
目が慣れてくると
砂山状の先端に白い花が差してあるのが見えました。
華道家・上野雄次氏の作品で
タイトルは「天を仰ぎ地に立つ者として」・・?
わおぅ〜哲学的で難しいです。
IMG_6121.jpg

衣装蔵2階への狭く急な階段を上がると
和室全体が、フランス人女性作家による
「紅毛先生の驚異の部屋」という作品。

穂積家当主にはオランダ人医師の友人がいたという
仮説を立てて、医師が集めたと推測されるものを
この部屋に陳列した」そうな?

あいにく、私には理解できずに終わりました。
IMG_6116.jpg
IMG_6117.jpg

一通り見終わったところで
主家の広い土間を利用した期間限定の
古民家レストラン萩の茶屋」で一休み。
IMG_6124.jpg

ランチタイム(11〜14:45)には
常陸牛を使ったメニューが出るそうですが
ケーキセットを500円で頂くことができました。
(軽食タイム;10~16時)
IMG_9093.jpg

なお「萩の茶屋」は芸術祭終了後も
12/4(日)まで営業するそうです。


残念ながら北茨城市までは行けなかったのですが
「山」「海」コースをそれぞれ良いとこ取りして
コンパクトながらもSONO流に
楽しむことができました。

長々とおつきあい頂きありがとうございました。
コメントなど頂けたら幸いです。



県北芸術祭「高萩市の巻」〜sono1 [展覧会・ギャラリー]

「小貝ケ浜」から、6号国道をさらに北上して
高萩市内の「高戸海岸(前浜)」へ。

広い砂浜に巨大な絵画作品が突き刺さっています。
IMG_6082.jpg
IMG_6092.jpg

アメリカ在住の
イリヤ&エミリア・カバコフ夫妻によるもので
落ちてきた空」とは〜発想が素晴らしい!
いかにも現代アートっぽいスケールの大きい作品でした。
IMG_6089.jpg

近くにもう一つの作品が!
テトラポットならぬ〜「テトラパッド」。
IMG_6084.jpg

イギリス在住タイ人の作品ですが
日本では当たり前のように利用されている
波消しブロック(テトラポット)に興味を持ち
これらを借景にして赤、黄、青のダミーテトラを
配置した作品になったようです。
IMG_6085.jpg

前浜の北側には、県内でも有数の美しさを誇る
”日本の渚・百選”の「高戸小浜」があります。
IMG_6094.jpg

以前、ここで日立教室の生徒さんたちと
野外スケッチをしたことがあり
とても懐かしく感じました。
高戸小浜~3L+.jpg

うわ〜なんじゃ〜これは!!!
「ソウル・シェルター」(魂の殻)と名付けられた
彫刻作品は、貝殻の中から人間の指が突き出した
とんでもないユニークな作品。
IMG_6095.jpg

巨大な指があまりにリアルなので不気味!
タイ人スッシリー・ブイオック氏の作品でした。
IMG_6096.jpg

この後は「穂積家住宅」へ向かいます。